大白川は積雪150cmを越えたらしい。

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本海側は大雪の恐れ 気象庁、警戒呼び掛け


 発達した低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で、26日にかけて北日本を中心に暴風雪や高波の大荒れの天気になるとして気象庁は25日、警戒を呼び掛けた。強い冬型の気圧配置は27日ごろまで続き、日本海側を中心に大雪が続く見込み。

 気象庁によると、発達した低気圧がオホーツク海で停滞。25日朝に上空の強い寒気が北陸まで南下し、全国的に冬型が強まった。

 26日にかけて北海道の日本海側を中心に猛吹雪が予想され、北海道と北陸は大しけが続く見込み。北日本から西日本の日本海側は27日にかけて降雪量が増え、雪崩の恐れもある。落雷や突風にも注意が必要という。

2011/12/25 16:48   【共同通信】

昨年の1月末の豪雪を思わせるほどの降り方が今朝から続いている。貯まらないうちにと既に2回の雪下ろしをしたが、積雪は1メートルを超えそうだ。入広瀬の大白川は1.5メートルを越えたらしい。

明日には3回目の雪下ろしとなる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://utel.jp/mt/mt-tb.cgi/8229

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03