2011年12月 7日アーカイブ

元阿久根市長・竹原信一の「住民至上」メールマガジン
                No.036   2011年12月 7日より転載。

■-----ボンヤリ、ウッカリの最高権力 議会-----  ほとんどの住民は首長が最高権力だと思っている。しかし現実は違う。最高権力は
議会の多数派にある。議会多数派の専制、独裁だ。条例、税額、職員給与、課の設置
など市政の基本を決めるのは議会。議員が提案して、議員だけで決める事ができる。
議会に出席した首長は説明委員にすぎない。多くの場合、代理の職員だけでも十分だ。
首長は多くの場合、議員のプライドを逆なでしないように出席している。どうせ儀式。
議員たちにはそもそも決まりを作るだけの情報が無い。役人が隠している。最高権力
の議会を無知状態のお客さんにして利用する手口だ。これを仕組んできたのは役人。
役人身分は役人のトップである事務次官まで一つの身分である。
この身分全体が互いに手をつなぎ、議会を利用して国民から効率よく搾取をしている。
ボンヤリ、ウッカリした議員と首長を利用してチャッカリとやる。それが公務員身分
全体の意思である。
「国民に対する国家の兵」とも言うべき役人の手口は洗練されている、例えば、決め
るべきことを、時間切れ間際になるまで温存しておき、政治家が調べたり、考えたり
する時間が無いタイミングで持ってくる。このようにウッカリを仕掛ける。あるいは
勝手に許認可を与えたり、邪魔したり、契約書類の変造、偽造をする。こういった事
が日常的にある。
役所は役人の私物なのだ。
 ほとんどの議員たちは役人に情報を依存している。もちろん裁量権に権力を依存し
ている。中には票まで依存しているのも居る。だから、役人による役人のための政治
が行われる。結局、住民にすれば「どうせ、誰を選んでも変わらない」という状況に
なる。
 どうすればこれを打開できるか。まず、議員たちが行政情報を日常的に確保できる
環境を作らなければならない。職員が知りうる情報をいつでも知るための条例を作る
べきだ。
その際、役人に相談してはいけない。最高権力機関である議会が必要な情報を知らず
に政治をやってきたことがそもそも怠慢なのである。「議会はチェック機関」など、
まったく無責任な言い草だ。
 加えて、議会は権力行使のトレーニングをする必要がある。例えば、1/1000
0でも良いので、税の減額をやってみる。(増税でも良いが私には好ましいとは思え
ない)何でも良いから、とにかく議員が提案して議員だけで決めて市長に通知する。
これが当たり前の手続きであり、議員が政治をすることなのである。しかし本来、議
員がすべきことをすべて役人に盗られている。議員がお客さんにされている。いや、
議員たちがその立場を自分たちで選んできたのだ。全国、同じ状態。議員多数派は選
挙で期待させながら、住民を幸せにする義務を果たそうとはまったくしていない。
完全な怠慢である。
結論
●議会は市政情報を日常的に獲得できる条例を作るべし。
●議会が条例を作り、役人に押し付ける経験を重ねるべし。

議員の皆様へ、 住民はそれができていると勘違いしています。この秘密がばれない
内にやらないとまずいのではありませんか。

 ●有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせ先
 
info@foomii.com (フーミー問い合わせアドレス)
■マガジン名:元阿久根市長・竹原信一の「住民至上」メールマガジン
■発行者名:竹原信一
■Web:
http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/
■Twitter:https://twitter.com/#!/takeharasinichi
12月6日 粉ミルク「明治ステップ」から放射線セシウム30.8Bq/kg検出について小出裕章(MBS)

2011年12月6日(火)、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。明治の粉ミルク「明治ステップ」から放射性セシウムが1キログラムあたり30.8ベクレル検出されたことを分析、説明しています。ウクライナの食品管理についても言及しています。

文字越し一部抜粋

小出「事故の前のとれた......牛乳だった......」

水野「そうなんですよ」

小出「のですね......」

水野「ええ」

小出「そうすると、混入過程がどうだったのかということを......になるわけですが。私はその粉ミルクをどうやって作るのか、よく知らないのですが。その......ま...聞いた限り、では乾燥するときに外部の空気を吹きかけて乾燥させるというようなことなの......らしいのですね」

水野「そうですね。今のニュースでもそんなようにお伝えしました」

小出「しかし......粉ミルクを作るときにそんなに外部のいわゆる細菌だらけというか、雑菌だらけの空気で乾燥するというようなことはありうる......ので...すかね?


そんなこと無いでしょ。

給食野菜にセシウム

| コメント(0) | トラックバック(0)
YOMIURI ONLINEより

桐生市教委 安全確かめず使用再開

 桐生市教委が10月上旬に行った学校給食の食材検査で、県産ハクサイから1キロ・グラム当たり18ベクレルの放射性セシウムを検出したにもかかわ らず、情報公開していなかったことが6日、分かった。5日の市議会教育民生委員会でも取り上げられ、市教委は6日、「風評被害も考慮して公表しなかった。 今後は公開する」と釈明した。

 同市教委は月2回、給食で使用頻度の高い食材を3品目ほど選び、横浜市の検査機関で調べている。検査結果は、桐生市のホームページに掲載している。

 検出数値は、国の暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を大幅に下回る微量だが、同市教委は「安全安心な給食を提供するため」として、ハクサイを使わず、キャベツで代用したという。

 一方、同市教委が11月、新たに納入された県産ハクサイについては継続した検査を行わず、安全性を確かめないまま給食に使っていたことが分かった。一貫していない安全対策に改善を求める声が高まりそうだ。

 同市教委の担当者は「県の放射性物質調査では、ハクサイは放射性物質が不検出だったので、その状況を確認して使用した。独自の調査をした方がよかった」と不手際を認めた。

(2011年12月7日  読売新聞)

振り込め詐欺に気をつけて。

| コメント(0) | トラックバック(0)
NHKFMのラジオ深夜便で振り込め詐欺に気を付けるように一口メモを放送していた。
あなたのカードが犯罪に使われているだとか、預金が不正に引き出されている、すぐに引き出したほうが良いなどと銀行や警察を装った者からの電話等に反応してはいけない、気を付けるようにという内容だった。

アナウンサーは原稿を読むだけなのだろうが、NHKお前が言うかと思う。
年金もNHKの受信料の国ぐるみの振り込め詐欺といっても過言ではない。

詳しくはお気に入りにリンクが張ってある
反NHK連合を参照願いたい。

仕事をしながら、ラジオを聴いているとたまに「皆様の受信料によって作られています」と言われるが思わずあんたの高い給料もな。と突っ込みたくなる。

委員会への付託案件。

| コメント(0) | トラックバック(0)
6日本会議に提案即決の他は、委員会に付託された。

総務文教委員会
 魚沼市暴力団排除条例の制定について
 指定管理者の指定について(広神野球場および下条テニスコート)

福祉環境委員会
 魚沼市養護老人ホーム条例の一部改正について

産業建設委員会
 魚沼市下水道事業受益者負担に関する条例等の一部改正について
 魚沼市ガス事業供給施設設置に関する分担金徴収条例の廃止について
 魚沼市道路線の認定について
 魚沼指導路線の変更について
 
12日から13日の各委員会で審議され、最終日19日に本会議にて採決される。

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03