2011年7月22日アーカイブ

 魚沼市小出郷文化会館15周年記念公演干溝歌舞伎の寄附問題で、警察が動かなければ告発状を準備するということにしていた。
しかし、いつまで経っても、警察の動きが見えないため、鷲見弁護士に告発状の依頼をしたところ、ある方からの情報で、小出警察が動く(動いた)らしい。

 正確な情報は、警察に電話しても教えてくれないので、分からないが、明らかな公職選挙法違反なのだから、放っておけるはずはない。
 
 7月27日の総務文教委員会で委員長にこの寄附問題をどうするのかと発言したいのだが、その前に大きな動きがあるような気がするが思い過ごしであって貰いたい。

 この問題は、警察が動く前に議会、委員会で取り上げなければならない。自分たちで何も出来ない議会と市民に思われては、議会の権威も何もあったものではない。

 当局に議会軽視と文句を言う前に襟を正し、議員が議会の権威を守らなければならない。

 もし、違法性がないとご認識しているのであれば、法的根拠を提示してご説明願いたい。

 きちんと説明が出来なくて、違法行為を開き直っていては議会の権威は守れない。当事者以外も同類と思われる。

 議員に不適格な者は即刻退陣して頂こう。

三ない運動!

| コメント(0) | トラックバック(0)

★ 寄附禁止

政治家の寄附は禁止されています。!

三ない運動。政治家は有権者に寄付を贈らない。有権者は政治家に寄付を求めない。政治家から有権者への寄付は受け取らない。

政治家が選挙区内の人に、お金や物を贈ることは、法律で禁止されています。
有権者が寄附を求めることも禁止されています。これに違反すると処罰されます。
*ここでいう「政治家」とは、現に公職である人に加え候補者や候補者になろうとしている人も含みます。

○みんなで徹底しよう「三ない運動」

 公職選挙法では、お金のかからないきれいな選挙の実現をするために、選挙に関係あるなしにかかわらず、政治家(候補者等や政治団体)が選挙区内で寄付行為をすることを原則として禁止しています。

次のような行為は違反になります。

○落成式、開店祝いや葬式の花輪、供花 ○地域の行事やスポーツ大会への寄附や差入
○お祭りへの寄附や差入 ○本人が出席しない場合の結婚祝や香典
○お中元やお歳暮、年賀 ○出産、入学、卒業、就職など、お祝いの金品の贈与
○病気見舞い  ○町内会の集会や旅行など催物への、寸志や飲食物の差入

 また、有権者が政治家や候補者などに、このような寄附を勧誘したり、要求することも違反になります。


 私たち市議会議員は、市民の信託を受けた代表者であり、倫理観と責任をもって議員活動を行うとともに、法令の遵守に努めなければならない。
 しかるに、先般、他都市において市議会議員等が、地区運動会に際して「参加費」という名目で寄附行為を行ったとして、公職選挙法違反の疑いで、地方検察庁に書類送検されるという事件があった。公職にある者等が公職選挙法の寄付行為を禁止する規定に違反したときは、刑罰や公民権(選挙権及び被選挙権)停止の対象となり、その職を失う場合もある。
 私たち市議会議員は、日頃から議員活動において、議員の寄附行為と有権者の寄附要求を禁止する公職選挙法の趣旨について、市民の協力と理解を得ながら、公職選挙法の遵守に努めてきたところである。今後は、さらに自ら襟を正し、なお一層公職選挙法その他関係法令の遵守に努めていくことを決意するものである。

 以上、決議する。

  平成17年9月1日

長 崎 市 議 会

このような決議を出してみますか。他山の石としないために・・・、
自山の石だから意味はないか。

※公職選挙法により禁止されている寄付行為については、こちら(PDF 3,825KB)をご覧下さい。

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03