2011年7月 9日アーカイブ

新潟日報、音響設備の記事

| コメント(0) | トラックバック(0)
文化会館問題が新潟日報にも載りました。

新潟日報は5月末で購読を打ちきったため、ここに載るまで分からなかった。


まあ、たいした記事ではない。もうちょっと突っ込んだ内容の記事にして欲しかったが、日報には無理というものか。

干溝歌舞伎の寄付行為もスルーだし、復興基金絡みの裁判も興味がないみたいだが、放っておいて後で慌ててもし知らないよ。

朝日新聞に載りました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
文化会館問題が朝日新聞に載りました。
音響設備、まだ使えたのに廃棄」

記事を読んでもらいたいが、その上の記事に泉田新潟県知事の記事がある。

国のまずい対応を批判する事は当然だが、新潟県として知事は何をやってきたのか?
魚沼市のシチョウがケンが、ケンがと言っているにもかかわらず、何の対応も見えない。
県内6箇所の放射線測定器も柏崎刈羽から運んできただけのものだし、魚沼市に設置してくれと言う要望には応えていない。

 世界最大の柏崎刈羽で事故が起これば、放射性物質は福一のように海側に流れるのではなく、ほとんどが風下の内陸部に飛散する。
 長岡市、小千谷市、十日町市、魚沼市、南魚沼市は直撃だ。福一でも明らかなように川筋に沿って拡散する、信濃川筋、魚野川筋に人は住めなくなる。越後三山の山々に遮られ、雪のように降り積もるだろう。
 軽い物質は山を越えて、空っ風のように関東一円にまき散らす、被害は福一の比ではない。すぐに停止しなければならない。

 井戸掘り事件の復興基金の理事長である県知事泉田裕彦を信用も信頼もしてはいないが、大方の県民は知事に信頼を寄せている。
知事としてその付託に応えなければならない。国を批判するだけなら誰でも出来る。

 岐阜県庁での裏金問題に関わり、当時の県幹部(新産業局長、部長級ポストだった)としてはただ1人、未だ返還していない泉田を県知事として祭り上げている新潟県民は言い面の皮というものだ。

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03