2011年4月16日アーカイブ

平成23年(ワ)第5号損害賠償請求事件 原告 各位
                            平成23年4月16日

                         原告団代表 大桃  聰

         準備書面(3)の提出と出廷依頼について(御願い)

 表記の件ですが、去る3月15日の第2回口頭弁論で、被告、裁判官から求められたものを、4月15日に新潟地裁長岡支部に提出してきました。第2回口頭弁論の結果をほとんど報告をしていませんでしたが、当日は、被告側は被告代理人高橋賢一弁護士、被告高橋信行弁護士。原告側は代理人鷲見先生、代表大桃聰が出廷し、第1回口頭弁論に欠席した被告弁護人から言い分を聞いたが、高橋賢一弁護士のあまりの理不尽さに言葉を失い、それに同調する裁判官には唖然としました。(高橋信行は一言も発言していない。)これは憶測ですが、弁護士と裁判官は打ち合せをし、原告に圧力を掛けてきたものと思われます。

 内容も思い出したくないくらいですが、被告人前代表監査委員佐藤英重(3月18日に辞任)は、補助金を貰っており、その補助金の監査の資格が無いにも拘らず、住民監査請求を監査をし、受理しないで却下した。それが自治法199条の2に違反している不法行為だとして訴えているのに、やれ、争点整理をしろとか、訴状の書き方だとか、故意か過失かどちらかに決めろとか、行政訴訟と国賠法は違法要件が違うなどとごちゃごちゃと屁理屈を並べて、訴状を分かるように整理しろと要求してきたため、今回の準備書面(3)を提出しました。

 魚沼市が60万円もの着手金で依頼した被告弁護人高橋賢一との委託契約書には全面勝訴の場合、成功報酬として90万円支払うと記載してあります。佐藤英重の違法行為は明らかなのに全面勝訴とは、ねじ曲げて法律違反ではないと主張する他ありません。そんなことを依頼する魚沼市も魚沼市ですが、それを受ける弁護士も弁護士です。 鷲見先生も怒り心頭に発するで、「や○ざのような弁護士で問題にならない。金のためなら何でもやるのか。市民の税金でこんな弁護士を雇っているということを市民に知らしめなければならない。」とおっしゃっています。

 現在、請求人103人で住民監査請求書が提出されておりますが、この裁判費用に対する監査請求です。こちらは5月2日午後1時半から広神庁舎301会議室で請求人陳述が開かれます。またご案内を差し上げますが、多数出席していただきたいと思います。

 平成23年(ワ)第5号損害賠償請求事件の第3回口頭弁論が4月26日午前11時より新潟地裁長岡支部にて開かれます。

 前回のように入り口論でごちゃごちゃと裁判官と一緒になって、ぐだぐだ言うのはやめにして貰いたいというのが鷲見先生の率直な気持ちです。同じような展開になるようなら、被告代理人は市民の税金で雇われている責任として、市民にきちんと説明するべきです。

 18日に辞任した前代表監査委員佐藤英重が自治法199条の2に違反していないというならその理由、魚沼市代表市長大平悦子が故意であれ、過失であれ資格のない監査委員を除斥せず監査をさせた責任は有るのか無いのか。原告は皆市民なので、被告代理人高橋賢一にきちんと問い質し、納得のいく説明がなければ、弁護委託が出来ない委託料を支払うに値しないということで解任しなければならないと思います。

 添付の準備書面(3)を熟読し、4月26日の第3回口頭弁論に是非原告として出廷して頂きたいと思います。また、原告以外の多数の市民の傍聴も御願いします。

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03