2011年1月 1日アーカイブ

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 大晦日、池上彰の学べるニュースという番組で、年金の話をしていた。国民年金(基礎年金)が一階部分で、厚生年金は2階部分、厚生年金の企業年金(大企業)と公務員の共済年金が3階部分に相当し、共済年金には職域加算まである。

 国民年金の半分は税金で賄われていると報じたが、共済年金にはほとんど触れなかった。
共済年金の年金給付(もらう年金のこと)の中味は、厚生年金の中身とほとんど同様なので、厚生年金のあらましが分かれば共済年金のあらましがわかる。 ということは理解できるが、厚生年金での企業負担部分は、共済年金では全て税金だ。税金を半分以上投入して、一般の国民(国民年金、厚生年金加入者)より厚遇されている共済年金の事実を報じない。
 
 公務員の厚遇(給料、手当、職場待遇、福利厚生、補助金、退職金、共済年金等)をきちんと知らせれば、国民の怒りを買うだろう。

 阿久根の人件費の張り出しなど、まだ序の口だ。闇はもっと深い。

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03