元気な人は検診を受けないことがいちばんの健康法です。

「がんもどき」で早死にする人(近藤誠著)より
第4章 がん検診を受けた人ほど早死にしているのはデータで明らか

検診を受けないほうが健康でいられる
 僕はもう20年以上も、「がん検診は百害あって一利なし」と言い続けています。もちろん自分で検診を受けたことも無い。
 健康な人からがんを見つけ出そうと、国はがん検診をしきりにすすめます。医療も産業ですから病人を出来るだけ増やし、病院に通わせることで発展する。雇用も増やせます。
 がん検診は1年にのべ1000万人以上が受けている、国民的行事です。これで「患者というお客さん」を増やせるし、医療関係者の生活を支える糧になっています。
 しかし、自覚症状も無いのに検診で発見されるのは、ほとんどが「がんもどき」。「本物のがん」は、検診と検診の間に急激に増大して、症状が出て見つかることも多い。また、肺がんの場合は、ごく早期に発見しても2割ぐらいは「本物」ですが、特に他の臓器に転移しているので、治療しても治りません。
 実際問題として、がんと診断されてしまうと、無治療で放置するのは心理的にかなり難しい。「がん放置」を決意したものの、がんのことが頭を離れず、不安でたまらないという訴えを、セカンドオピニオン外来でよく聞きます。そういうときは「精神不安もひとつの症状」ととらえて、出来る限り体を痛めない治療法をアドバイスします。
 でも本来は、治療しないのがいちばん体にいいのです。元気でご飯もおいしいと感じている人は、医療機関や検診に近づかないことが何よりの健康法です。ここまで引用

おりしも、来年の住民健診の申込書が届いた。それには

申し込みが無い場合でも、がん検診を受けない理由を記入して提出願います。とある。

受けないことが悪いみたいだが、

受けない理由は(7番その他)で受けないことがいちばんの健康法だからと記入しようか。

MTBlog50c2BetaInner

表紙・年代別ブログ一覧
このブログのTOP
ツイッター
質問お問い合わせ
 
議員ジェイピードットコム
(giinjp.com)にHPを
↓開設しました。↓
大桃さとしの使命
昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数
おすすめリンク
ガラス張りの魚沼市
魚沼市電話.jp
※NEW
小林じゅん子
 安曇野市議会議員
※NEW
「阿久根市議会へ行こう」
あくね みどりの風
公務員の不祥事
反NHK連合
公務員給与研究所
都道府県の借金時計
武田邦彦 (中部大学)
怒涛の石澤議員
住民至上主義

魚沼市の輝かしい足跡”は、city-uonuma.jpの廃止により、 下記アドレスに変更となりました。↓↓

http://utel.jp/uonuma/

 山田電気店

 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 
RSS 2.0

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3