2013年10月アーカイブ

子宮頸がんワクチン「不明の痛み」治療へ

NHK NEWSWEBより

子宮頸がんワクチン「不明の痛み」治療へ
10月11日 5時3分

子宮頸がんワクチンを接種したあとに体に原因不明の痛みを訴える患者が相次いでいる問題で、厚生労働省の研究班は、接種と痛みとの因果関係の調査と平行して、全国の17の病院で診療や治療を行い、治療方法の確立を目指すことになりました。

子宮頸がんワクチンを巡っては、接種後、体に原因不明の痛みを訴える患者が相次いでいるため、厚生労働省はことし6月、積極的に接種を受けるよう呼びかけるのを中止し、複数の研究班を設けて因果関係について調べています。
患者のなかには、治療を受けても痛みやしびれ、それに脱力などの症状が改善せず、長期間続いているケースも少なくないことから、研究班は、因果関係の調査と平行して、診療や治療を受けられる体制を整えることにしました。
診療を受けられるのは、東京大学や信州大学の付属病院や愛知医科大学病院など全国の17の病院で、痛みの専門医らが診療に当たるということです。
研究班はワクチンの接種後、2週間から4週間痛みなどの症状が続いている患者に受診を呼びかけています。
現時点では治療方法が確立していないことから、研究班では、患者のデータを集めて分析し、治療方法の研究も進めることにしています。
研究班の代表の1人で、信州大学医学部の池田修一教授は、「ワクチン接種との因果関係は不明だが、痛みなどを少しでも和らげるとともに、一日も早く適切な治療法を示したい」と話しています。
診療を始めた病院は

診療を始めたのは次の17の大学の付属病院や大学病院です。
北海道大学、札幌医科大学、福島県立医科大学、東京大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、信州大学、名古屋大学、愛知医科大学、滋賀医科大学、大阪大学、岡山大学病院、山口大学、愛媛大学、高知大学、九州大学、鹿児島大学。

製薬会社に乗せられて一部の政治屋が公費で負担などとワクチン接種を進めた結果だ。

告発状の準備が出来ましたとさ。

ガラス張りの魚沼市 by 大平栄治より

匿名さんへ、告発状の準備ができました。

魚沼市長大平悦子以下、この買収に関わった市役所職員、契約案件に賛成した議員を背任罪で告訴するという内容だ。

まあ、それも仕方がない。

委任状が必要なら、喜んで書きますよ。

ガラス張りの魚沼市より
魚沼市営、池の平斎場 議会資料

忙しさにかまけていたら、魚沼市の斎場の計画がとんでもない事になっている。

以前、議員だった頃、池田耕太郎環境課長から説明を受けた事がある。

このいわく付きの土地を斎場にしたい、地元や近隣から反対が出ない、土地を安く取得できるというものだったが、何の事は無い、懸案の土地を高値で市が買い取るという手土産で、それが退職祝いだという。

全く、市民を馬鹿にした話だ。

当初の計画案では、特に反対という訳ではなかったが、こんな法外な値段では、とても賛成できない。

私が反対してもどうなる物でも無い事は事実だが・・・

まあ、大方の議員は、○○だから何の考えも無く賛成し、契約が可決されただろう。

この土地を巡ってまた裁判が起きるかも知れない。

関わった課長、職員、それを見過ごした監査委員、賛成した議員は責任を取ってもらう。

各々方、覚悟はよいか?

MTBlog50c2BetaInner

表紙・年代別ブログ一覧
このブログのTOP
ツイッター
質問お問い合わせ
 
議員ジェイピードットコム
(giinjp.com)にHPを
↓開設しました。↓
大桃さとしの使命
昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数
おすすめリンク
ガラス張りの魚沼市
魚沼市電話.jp
※NEW
小林じゅん子
 安曇野市議会議員
※NEW
「阿久根市議会へ行こう」
あくね みどりの風
公務員の不祥事
反NHK連合
公務員給与研究所
都道府県の借金時計
武田邦彦 (中部大学)
怒涛の石澤議員
住民至上主義

魚沼市の輝かしい足跡”は、city-uonuma.jpの廃止により、 下記アドレスに変更となりました。↓↓

http://utel.jp/uonuma/

 山田電気店

 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 
RSS 2.0

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3