内容は「何にも無いよう」

ガラス張りの魚沼市に被控訴人代理人弁護士の準備書面(2)が掲載された。
裁判長から求められた証拠書類?

 これは4月3日に市長の専決処分で付けた補正予算第1号に含まれていた、弁護業務委託料42万円で作成されたものだろう。

 この裁判は以下の議事録を読んだり、他の過去記事をご覧いただければご理解いただけると思うが、文化会館建設当時、設備として揃えた、音響機器が耐用年数が過ぎたということで、更新するという工事を行った。その際、壊れていない、まだ使えるスピーカー等の音響機器を廃棄処分したというもので、市当局や議会の対応に不満を持つ市民が、住民監査請求から住民訴訟へとなっている。新潟地裁の第1審では、井戸掘り事件と同様中身に踏み込まず、期日の問題で、解釈の違いから門前払いのような判決で原告が敗訴した。

 控訴となり、東京高裁に舞台を移したが、中身に踏み込めば、市の対応は、違法行為であることは明白であり、以前の議会での答弁でも処理は不適切であった、今後は物品で管理するとし、廃棄せずに残した機器は現在物品管理しているはずだ。
 裁判所は、被控訴人代理人の主張から、その手続きをした関係書類を5月末までに提出するよう求めたが、ないから出せるはずもなく、このような準備書面となったと思われる。

 まあ、内容は「何にも無いよう」である。
 裁判所が求めているものとは程遠く、廃棄を決めたのは、職員で、書面を経て正式に決定したものではない。設計段階で廃棄が盛り込まれ、一般競争入札での請負契約による本体工事によって廃棄された。正規の手続きで決済が行われていなかった、不適切だったとと自ら説明している。
 廃棄の意思決定は、設計委託の段階なら、佐藤市民課長(当時)だし、請負契約時なら副市長中川太一だという。

 こんなことで、壊れてもいないまだ使える音響機器を廃棄したという。
 ちゃんとやった、職員に落ち度はないという説明には到底ならないだろう。

バックナンバーより
文化会館音響設備廃棄の住民訴訟について。

MTBlog50c2BetaInner

表紙・年代別ブログ一覧
このブログのTOP
ツイッター
質問お問い合わせ
 
議員ジェイピードットコム
(giinjp.com)にHPを
↓開設しました。↓
大桃さとしの使命
昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数
おすすめリンク
ガラス張りの魚沼市
魚沼市電話.jp
※NEW
小林じゅん子
 安曇野市議会議員
※NEW
「阿久根市議会へ行こう」
あくね みどりの風
公務員の不祥事
反NHK連合
公務員給与研究所
都道府県の借金時計
武田邦彦 (中部大学)
怒涛の石澤議員
住民至上主義

魚沼市の輝かしい足跡”は、city-uonuma.jpの廃止により、 下記アドレスに変更となりました。↓↓

http://utel.jp/uonuma/

 山田電気店

 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 
RSS 2.0

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3