2013年4月アーカイブ

ガラス張りの魚沼市 by 大平栄治より

小出郷文化会館 音響設備廃棄についての住民訴訟は
http://utel.jp/792-1000/blog/2013/04/post-91.html

 

こちらの住民訴訟も興味がある方は、読んでみてください。

南相馬市 大山こういちのブログより

最重要:何10分かけてやっと官僚から聞き出した「広島・被曝者援護法」は1㍉sv被曝認定!谷岡くにこ参議
http://mak55.exblog.jp/18663995/

17分~
谷岡議員
「フクシマの国会議員はみんな知っている。」

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Ch_m-ZyQwQA

29分~
武田先生
「電力会社も年1ミリsvに決めていた。」


*******************
原爆症認定基準

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/genbaku09/08.html

「第1 放射線起因性の判断
1 積極的に認定する範囲
(1)被爆地点が爆心地より約3.5km以内である者

(2)原爆投下より約100時間以内に爆心地から約2km以内に入市した者

(3)原爆投下より約100時間経過後から、原爆投下より約2週間以内の期間に、爆心地から約2km以内の地点に1週間程度以上滞在した者

から、放射線起因性が推認される以下の疾病についての申請がある場合については、格段に反対すべき事由がない限り、当該申請疾病と被曝した放射線との関係を積極的に認定するものとする。」

______________________
谷岡先生は時間の関係で 「3,5キロ」の事しか話されなかったが、
(1)も (2)も (3)も何らかの線量基準あったことは推察できるが
もちろんその能力もおありだが この「基準」を作った側の良心的な学者や
関係者からの情報も届いていたのかもしれない。

 (今となっては具体的情報ソースは私も忘れてしまいましたが、
確か発災年に混乱した情報の中にそのような原爆での基準作りの話があった。
もし、このあたりの取り決めのせめぎ合いの情報ソースをお持ちの方は お知らせください。)

いずれにしても 「1㍉sv」(前後)を被曝限度としてそれを超える区域と
時間経過と 被曝時間を示したものであることは確かだ。


*********************
これからの我々の戦いの論拠は
「チェルノブイリ法」より こちらの

「広島長崎、被爆者援護法」の
『原爆症認定基準』に照準を合わせなければならない。

 それにしてもこの動画は2012年2月当初から知っていていましたが
マスコミではもちろん取り上げられず 風化してしまった。

アメリカ科学アカデミーや
広島の放射能影響研究所の「閾値なし論文」ほか 12年上半期は
「黒い物質」のニュース報道など国内外から被災者有利の情報が新たに入り
盛り上がりを見せたが 結局、 政治家も 
官僚も原爆症との関連を取り上げなかったのだ。

*みなさん、この情報を広めてください。
「子供被災者支援法」を作らないのは この「被曝者援護法」との整合性
を計らねばならず 新設する法律に「1㍉sv」を取り入れざるを得ない からでしょう。

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめより

4月27日 私は日本というこの国よりも旧ソ連のほうがはるかにマシだと思います。/ラジオフォーラム「小出裕章ジャーナル」文字起こし
http://hiroakikoide.wordpress.com/2013/04/27/radioforum-2013apr27/

2013年4月27日に放送された「ラジオフォーラム第16回」番組での「小出裕章ジャーナル」の内容を文字起こし致しました。

【主なお話】
「4月26日で事故発生から27年となるチェルノブイリ原発事故について」

【パーソナリティー】
西谷文和(ジャーナリスト)

【電話出演】
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)

▼ラジオフォーラム
http://www.rafjp.org

費用の関係で、原告になれなかったが、サポーターとして参加している、柏崎刈羽原発差止め訴訟ニュースの第3号をアップする。

第4回口頭弁論期日は2013年5月16日(木)午後3時から、新潟地方裁判所。

詳細はこちらをご覧ください。

脱原発新潟県弁護団のブログ
http://datsugennpatsu.cocolog-nifty.com/blog/

 

柏崎刈羽訴訟ニュース3号.jpg

ワクチン審議の委員4人 製薬会社から寄付金

東京新聞2013年4月22日朝刊より

ワクチン審議の委員4人 製薬会社から寄付金

ワクチン2.jpg

小出裕章氏、南魚沼市民会館講演会。

4月20日南魚沼市民会館で小出裕章氏の講演会が行われた。

会場はほぼ満員で、1000人以上が集まったのではないか。

12月の池袋の講演会に申し込んだが、市長選の影響でキャンセルせざるを得なかった。

今回関係者のご尽力で、南魚沼市に小出裕章氏をお呼びして、講演会が開かれるという事で、出掛けてみた。

講演後の質問者は上越、柏崎など県内各地から参加した事が伺えた。

新潟県は、福一から250km位しか離れていないが、辛うじて汚染が少ない。それゆえ、避難されている方も多いようだが、大方の県民は、マスコミの報道を信じて、収束したと思い込んでいるし、他人事のような気でいる。

柏崎刈羽は7基の原子炉を持つ世界最大の原子力発電所で、ここで福一のような事故があれば、今回の比ではない。

画像は、小出先生が、福一と柏崎刈羽を重ね、風向きにあわせて回転させた物だが、あらためて、柏崎刈羽からの近さ、逃げ場がない事に愕然とさせられた。

新潟県民、あるいは国民の生殺与奪の権を東電に握らせておく訳にはいかない。

CIMG1609.JPG

最近しばしば、繫がり難くなります。

サーバーが少し具合が悪く、そちらに問題があるようです。

読者の皆様方には、大変なご迷惑をお掛け致して申し訳ありません。

早急に改善したいと考えております。今しばらくお待ちください。

リスクてんびんに

東京新聞2013年4月18日朝刊より

子宮頸がんワクチン定期接種化

リスクてんびんに

本人も親御さんも後悔しないために真剣に考えてほしい。

クリックすると大きくなります。

子宮頚ガン3.jpg

真実が失われていく関東圏汚染地図!

原発はいますぐ廃止せよ より

真実が失われていく関東圏汚染地図!

福島県はもう見なくてもいいだろう、わかりきっている、しかし細部の相馬、南相馬やいわき、会津地方はまだ不明が多い。隠蔽の宮城県は依然として闇の中。米国調査と研究者の測定値でやがてあきらかにされることと思うのだが。

では関東圏はこれでいいのか?

うーん、微妙だろう。

日本共産党の大屋角政の名前で、民報うおぬまが、自宅と事務所に届いた。

私の顔写真が貼ってある後援会事務所に投げ入れるとは、嫌だけれども反応してほしいのだろうか?

公職選挙法では、告示前の選挙運動を事前運動として禁止している。運動会の徒競走宜しく、「よーいドン」という事で、その前の選挙活動、選挙運動は事前運動となる。

今各候補者が、戸別訪問しているのは、所謂政治活動で、自分の主義主張を有権者に分かってもらうためのアピール活動だ。特定の選挙の際に、宜しくとか、投票依頼ととられることは禁じられている。

もちろん、告示後は戸別訪問は出来ないし、文書図画の配布も制限される。

今回配布の民報うおぬまには、6月16日告示・23日投票 魚沼市議選・・・とあり、

いつもお世話になり、ありがとうございます。今年6月には、4年に一度の市議会議員選挙が実施されます。議員定数はこれまでの24人から4人減の20人となり、激戦が予想されます。

中略、以下の政策をかかげ、市民のくらしを応援する市政の実現をめざして全力でがんばります。とある。

明確な出馬表明とは言えないまでも、市議選に出馬するから宜しくともとれる。

うーん、微妙だろう。

余計な心配だが、党本部に相談した方が良くはないですか?

以前の干溝歌舞伎の件も県党本部に住○さんの名前は伏せて、電話して聞いた人がいるのだが、「当然違反です。」と返事が返ってきたが、「お宅の住○さんですよ」と言ったら相手は絶句したという話を聞いた事がある。

また、嫌がらせだ。いい加減にしろ!

| コメント(2)

昨日、田中在住の○藤○文という方が、この書類を持って来られた。

私のブログに、マグネシュウム電池の記事があったため、ご参考にということだったが、表紙を見て驚いた。

嫌がらせ.jpg

中段以降に書いてあるのはまさしく嫌がらせ?

他、参考記述として

※追記、先般の佐藤さんの○○だよりの件、未発表の資料は今後公開しないほうが良いですよ! 本人が鉾をおさめてくれたので、今回は責任追及をやめましたが、本人が選挙妨害として闘争するばあいは、厄介な問題になります。

また、あの時点の○資料は特別の幹部3~5名にしか更正(誤植、校正)のために配布した資料で、出所(○○)はすぐに明らかになる白物(誤植、代物)です。   以上

とある。

読者にはこの事について書いてなかったっため何のことかわからないだろうが、

3月25日の過去記事

アウトーー!。私が審判なら即退場!

をリンクを張って魚沼市の輝かしい足跡より

選挙公示前に、こんなのありか?

をお知らせしたら、自宅に2度にわたり、脅迫めいた電話を掛けてきた。

「未発表の文書をなんでアンタはブログに載せた。ただじゃおかない。徹底的に出所を究明する。覚悟しておけ。」

と言ったような、あまりのくだらなさに今は良く覚えていない。こんな感じの脅迫めいた事を言われたような記憶があるが、上記の通りにおっしゃられたのかは、録音してあるので後で確認してみることにしよう。

stcさんの投稿を見つけたので、リンクを張ってご注意してさしあげたのに、未公開文書をさも私が不法に取得し、自身が公開したような、事実無根な事を言わないでほしい。

仮にあなた方の未公開文書が出回ったとしたら、その3~5名の幹部の問題で、私を脅迫するなどもってのほかだ。

これ以上嫌がらせをすると、テープを公開し、脅迫罪、名誉毀損で訴えるかもしれないから、いい加減にしたほうがいいだろう。

ねえ、○藤さん。これもご忠告ですよ。

サーバーメンテのため、アクセスできずに申し訳ありませんでした。

たんぽぽ舎です。【TMM:No1809】 2013年4月17日(水)地震と原発事故情報
┏┓
┗■1.「原発なし=原発ゼロで電気は大丈夫」が証明された
 |  節電要請今夏見送りという政府発表は重要だ
 |  国民の節電の普及と天然ガス火力などの増強
 └────  柳田真(たんぽぽ舎)

1、9日の電力需給検証小委員会で、経済産業省は沖縄を除く9電力会社の今夏の
 電力需給見通しを報告。10年夏並みの猛暑となり、これ以上原発が再稼働しな
 い場合でも、全社が3%以上の供給余力を持てる見通しとなった。
  猛暑日の昼過ぎなどに想定される電力の最大需要に対し、どの程度供給力の
 余裕があるかを示す「供給予備率」は、全国平均で6.3%。今夏、電力不足だ
 った関電と九電がそれぞれ3.0%、3.1%との見通しを示し、安定供給に最低限
 必要な水準(3%)は何とか確保した。節電意識の定着で、昨夏の節電の7~9
 割が今夏も継続すると見込み、景気回復に伴う需要増加分を吸収した。
 (後略)           (毎日新聞4月10日より抜粋)

2、さらに節電意識定着、電力9社不足せずと発表(4月17日)

  経済産業省は17日、電力需要検証小委員会(委員長・柏木孝夫東工大特命教
 授)を開いた。今夏は、猛暑を想定し原発をこれ以上再稼働させなくても、節
 電意識が定着したことで、沖縄を除く電力9社の電力は不足しないとする報告
 書案を示した。
  報告書案では、今夏の最大需要を1億6644万キロワットとした。東日本大震
 災後の節電実績を踏まえ、今夏の全国の節電効果は、無理な節電をしなくても
 1340万キロワットに上がると見込んだ。現在稼働している関西電力大飯原発3、
 4号機以外の原発が再稼働せず、景気回復による需要増(122万キロワット)を想
 定しても、9社の供給余力を示す「予備率」は、安定的な電力供給に最低限必
 要な3%以上を確保した。
                 (東京新聞4月17日より抜粋)

3、「原発なし=原発ゼロで電気は大丈夫」が政府によって証明された。実はこ
 れでもまだ政府と電力会社が自分の都合の良いように(国民には都合が悪いよ
 うに)数字を操作しているという疑いは十分残る。もともと政府の統計で、ず
 っと前から火力、水力、自家発電(の合計)で、つまり原発なしで電力は大丈夫
 は証明されていた。既知の事実だったが、一定数の国民は欺かれていて、原発
 がないと電力不足と思わせられていた。(騙される責任)

4、電力会社と経産省のインチキ手法=需要は過大に見積もり、供給は少なく見
 積もる。このギャップは関西電力では原発2基分を越した。「原発なしで電力
 は大丈夫」が証明されるのがよほどいやらしい。
 4月1日の再稼働阻止ネットの川内博史氏(前衆議院議員)の講演でも具体的な
 数字で"関西電力が原発なしでも電力は十分足りる"と話された。この事実をだ
 まされている国民へ広く知らせよう。

5、電力会社と政府がサボタージュしていること(50、60ヘルツ問題)

 もう一つ、発表されていないが公然たる事実がある。東と西の50、60の違いと
 その解消方針の欠落である。3.11原発大惨事の後、東日本は電力不足=計画停
 電(実は強制)で各家庭は苦しんだが、この時、西日本は電力が余りに余って
 いて、東日本へ売りたくてしょうがなかった。(もうかるチャンス)
  それができなかったのは50、60ヘルツの構造的な差=1つの国内が2つのシス
  テムに分断されていることが敗戦の1945年以降手つかずにきたことである。
 静岡の変電所の能力は100万kwちょっと。この大問題をサボりつづけてきた
 電力会社、国家(自民党政府)の責任(それを黙認してきたメディアの責任)が最
 も問われるべきだと思う。
たんぽぽ舎です。【TMM:No1807】
2013年4月15日(月)その2 地震と原発事故情報

┏┓ ┗■2.なんと、渋谷ハチ公前も「放射能除染基準超え」だった!  |  東京&埼玉ホントの放射線量調査  |  子どもの甲状腺異常で東京脱出の一家も  └────   国の発表する放射線量が、実際の半分しか示していない事実を明らかにした 本紙の独自調査は、大反響を呼んだ(3月8・15日、22日号)。だが大量の放射性 物質に身体を蝕まれているのは、これまで調査した福島や北関東の子供たちだけ ではない。今回東京と埼玉の放射線量を測定すると、都市部の汚染も深刻である ことが分かったのだ。(中略)  原発事故から2年余り。東京や埼玉の放射線量は、減少していない。13ヵ所中 5ヵ所の空間や地表で、除染基準の毎時0.23マイクロシーベルトを超える"ホッ トスポット"を発見したのだ。(中略)  池や渋谷のような谷間の土地は、水に流された放射性物質が溜まりやすいのだ ろうか。  だが東京都(福士保健局)に問い合わせると、危機感のない答えが返ってきた。 「除染基準となるのは、地上1mほどの空間線量です。たとえ空間が0.3マイク ロシーベルトほどの数値でも、心配ありません。(中略) 内部被曝を考えた場合でも、靴を履いたまま家で過ごし、靴底の放射性物質を吸 い込む米国の環境とは違う。日本では、吸い込む量はその半分に過ぎないのです」  内部被曝を専門に研究している琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬氏は、こうした 意見に真っ向から反論する。「米国の基準といっても、ICRP(国際放射線防 護委員会)は原発推進国の利益を優先させ、内部被曝を無視しています。基準自 体が甘い。また雨などで運ばれてきた放射性物質がコンクリートやアスファルト に付着すると、表面を剥ぎ取らない限り放射線量はなかなか下がりません。都内 の地表を測定すれば、(渋谷のハチ公前以外にも)除染基準値を超えるところは数 多くあるでしょう」 都心にも多数存在する、ホットスポット。関東以北に降り注いだ放射性物質は、 住民の身体を蝕み続けている。 (フライデー 2013年4月 日号より抜粋)

「元気です。」

「元気です」  作詞 吉田拓郎/作曲 吉田拓郎

誰もこっちを向いてはくれません。
一年目の春 立ち尽くす私
道行く人々は 日々を追いかけ
今日一日でも 確かであれと願う
 わずかにのぞいた 雨上りの空を見て
 笑顔を作って  "どうですか?"と 問いかける
色んな事があり 愛さえ見失う
それでも 誰かとふれあえば
 そうだ 元気ですよと 答えよう

風よ運べよ遠い人へのこの便り
二年目の夏 涙ともらい水
幸福の色は 陽に灼けた肌の色
唇に浮かんだ 言葉は潮の味
 出会いや別れに 慣れてはきたけれど
 一人の重さが 誰にも伝わらず
どこかへ旅立てば ふり返りはしない
それでも この町に心をしずめたい
 そうだ 元気ですよと 答えたい

夕暮れ時には想いがかけめぐり
三度目の秋 何かが揺れている
時間をとめても 過ぎゆく者たちは
はるかな海原に 漂い夢と散る
 かすかに聞こえた 優しさの歌声は
 友や家族の 手招き程なつかしく
木の葉にうずもれて 季節に身を任す
それでも 私は私であるために
 そうだ 元気ですよと 答えたい

自由でありたい心ままがいい
四年目の冬 寒さを拒むまい
どれだけ歩いたか 考えるよりも
しるべ無き明日に 向かって進みたい
 あなたの人生が いくつもの旅を経て
 帰る日くれば 笑って迎えたい
私も今また 船出の時です
言葉を選んで 渡すより
 そうだ 元気ですよと 答えよう

2013年4月15日月曜日
嘘とごまかしの政府発表―TPP日米事前協議内容を検証する より

2013年4月12日、日米両政府はTPPに関する「事前協議」に関する合意文書をそれぞれ発表した。3月15日の安倍首相のTPP交渉参加表明以降、加速化されてきたといわれるこの事前協議だが、何としてでもTPPに入りたい日本と、その日本の足元をみて「高い入場料を払わせる」と意気込む米国という構図はすでにはっきりとしていた。

 私自身は、事前合意の発表をするという予告を聞いた際、「まさか本当のことを発表するわけがない。なぜなら、もしすべてを発表してしまったら日本がとことん身ぐるみをはがされ、TPP交渉に参加する前に丸裸の状態になることが明るみにでるから」と考えていた。

 そして発表がなされた後、日本政府の発表内容、米国USTRのリリース(英文原文)、そして各種報道を読み比較をしてみたところ、驚くべき事実がわかった。日本政府の合意公開資料は、USTRがリリースしたプレスを都合よくつまみ食いしたものなのだ。しかも、ねつ造ともいえる内容が含まれている。

以下本文参照

通貨と国債 東京新聞から

東京新聞2013年4月11日朝刊より

本音のコラムから

通貨と国債 竹田茂夫

通貨と国債.jpg

私が読んでも良く分からない。

誰か解説してくれないかしら?

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめより


4月13日 発熱によってウランのペレット自身が融けてしまう〜まさに想定通りのことが起きました。/ラジオフォーラム「小出裕章ジャーナル」文字起こし

2013年4月13日に放送された「ラジオフォーラム第14回」番組での「小出裕章ジャーナル」の内容を文字起こし致しました。

【主なお話】
『福島第一原発・1号機のオペレーションフロア爆発について。2年前、3月11日から12日にかけて、「メルトダウン」していく事故の現場で一体何が起こっていたのか?至上最悪レベルの事故を防ぐことはできなかったのか?』

【パーソナリティー】
今西憲之(ジャーナリスト)

【ゲスト】
おしどり(漫才師)

【電話出演】
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)

ラジオフォーラム

▼文字起こしは以下。
この投稿の続きを読む

農業打撃「地域消える」 TPP19道県 損失試算

東京新聞2013年4月12日朝刊

核心より

tpp2.jpg

乳製品「全滅」。千葉、茨城、栃木

東京新聞2013年4月12日朝刊

千葉、茨城、栃木 乳製品「全滅」

TPP19道県が農林水産業試算

20130412.jpg

THINKERより
subtitle.gif

thinkerbook.jpg

THINKERが本を出しました!
徳間書店より発売中です。

「偽情報退散!
マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」
THINKER(著)
( 徳間書店5次元文庫)
840円(税込み)

必読です。

あらら、こんな記事があったのね。

魚沼市の輝かしい足跡

北風の日

あらら、こんな記事があったのね。
2月8日にアップしてあるが、いままで気が付かなかった。

うーん、大筋ではゴールデンイーグルフェザー(名前が長い)さんのおっしゃる通りだが、
私が裁判を提起したことにより、当局も議会も何もしなくなった。

裁判で勝てばいいと思っているのだろうが、いままでの過程の中でいろいろと明るみになり、大筋では、市民や職員の知るところとなったと思う。
魚沼市を泥沼市と名付けた、中村さんは亡くなってしまったが、魚沼市は本当の泥沼市になってしまった。
もう、汚名を雪ぐ事は出来ないだろう。

職員は、一部を除いて、上から下まで腐ってしまい、次々と不祥事が噴出する。市民もやったもん勝ちの無法地帯だ。

投稿者のゴールデンイーグルフェザーさんが、勘違いなさっているのは、602万7千円の調査費を復興基金と魚沼市で折半したということと、復興基金の原資(補助金の原資)は全国の皆さんの善意ではないという事で、すべて国からの交付金なのだ。

県が復興のために県債を発行したことにして、3銀行に指名債権譲渡方式という事で、一日の内に銀行から出た3000億円を県から復興基金、復興基金から銀行へと移ったことにしたペーパー取引で、生み出された、国からの利子補給の交付金なのだ。

まあ、これからが本番かどうか分からないが、裁判の舞台はいよいよ最高裁判所となる。

議会に報告された、市の弁護業務委託料

市の弁護業務委託料.jpg

1番、1審の実費は、高橋信行の長岡からの交通費だろう。

控訴審の実費は、東京までの新幹線代だ。

事務局費として控訴審に旅費79,600円が職員の旅費として出ているが、一審は市の車で行ったから、旅費は要らないということか。高速代やガソリンは通常業務として分けていないのだろう。

実際に支払った分(成功報酬は別)なので、まだ請求が来ていない分が他にあるということらしい

これもすべて一般会計からの支出だ。

祝44万アクセス突破!

ブログの設定自体を更新したりで、カウンターが上手く機能していないようだが、それでも44万アクセスを突破いたしました。

祝44万アクセス突破!

これもひとえに読者の皆様方のおかげと感謝しております。

嫌だったら見なければいいなどと、「暴言」も吐きますが、よろしかったら見てください。

コメント欄からご意見を頂戴しても、すべてお応えできるとは限りません。

私の意にそぐわないご意見には、反応しない事もあります。まあ、少し呆けて来ましたので、ただ単に忘れているという事もございます。

お嫌でなければ、ご意見苦情等お寄せいただければ幸いです。

ただ、スタンスとしては、皆さん受けが良いブログを作ろう、記事を書こうなどと考えているわけではありません。


あくまで、「知ることから始めよう」ということで、私が普段の行動から知りえた情報を引用、オリジナルを含め、発信しているだけで、ご意見を頂いたからと言って、それが大幅に変るということはありません。

アクセス数は、記事を書く励みになりますが、それを増やす事が目的ではありません。ブログは手段の一つで、44万アクセスはその過程の内の一場面に過ぎません。

もっと多くの方が、私のブログ、桃太郎の鬼退治配布版を読んで、他にきっかけがあってもかまいませんが、自分で考え、それぞれがそれぞれの役割の中で行動していただきたいということが私の願いです。

地方自治は、誰のためといえば、「主役は住民!」です。住民のためにいかに効率よく、より良いサービスを提供できるかにかかっています。選挙の時に、候補者から「お願いします」と頭を下げられ、上位になったような気でいると、後でしっぺ返しが来ます。

選挙も行政も主役は住民です。

不当判決、当然上告!

新潟日報2013年4月1日朝刊より

補助金は不正でも何でも貰ったものが勝ちで、正直者が馬鹿を見る判決だ。

公共団体は、国や県からの交付金を、財団を作って丸投げすれば、好きなように使えチェックも効かない。

裁判所がお墨付きを与えたこのやり方が、これから全国で流行りだすに違いない。

こんな判決に納得するわけにもいかないため、当然上告だ。

これで井戸掘り事件に関する裁判は、すべて最高裁判所へと舞台を移す事になる。

何回負けても、まだ終わりではない、やめたら終わりなのだ。

20130410判決.jpg

政治活動用事務所の設置及び看板の更新。

新たに後援会連絡所を、中島に設置し、従来の事務所と井口新田の連絡所の看板を更新しました。

CIMG1503.JPG

CIMG1504.JPG

CIMG1505.JPG

 こちらで後援会入会の取次ぎをやっていただいております。入会金、年会費は必要ありません。

後援会入会ご希望の方は、連絡所か、事務所にご連絡ください。

大桃 聰 携帯090-8683-4847 に直接連絡を頂いてもかまいません。

かずみ通信 2010年1月発行 No.3

これを読んでも、公明党と結託していただろうという事が、容易に推測できる。

クリックすると大きくなります。

通信1.jpg

通信2.jpg

スクラップブックの整理をしていたら、こんな過去記事が見つかった。

クリックすると大きくなります。

平成21年12月議会の一般質問2日目の最後の質問者渡辺一美(公明党)の質問に答える形で、突然表明した最後の質問者が、渡辺一美というのも変だった。

私も最後に通告した事があるが、質問順は通告順なので、最後になるには、締め切り間際に通告書を提出しなければならない。大体2週間から10日前の正午である。最後を意図して提出するには、少しばかり労力がいるが、事務局と結託すれば簡単だ。

公明党は当初から、このワクチンの公費助成には積極的だったし、庭○先生が全国初を画策したようだった。

庭○先生の中では、話題性に富、大平市長の功績としては、2番ではダメだったらしい。

この一連の動きは、打ち合わせがあって、計画的に行われたのではないか。

自分の功績作り、売名行為の何物でもない。

渡辺○美以外議員は誰一人知らなかった「星○一議長(当時)」は知っていたかも。

ワクチン.jpg

だ~か~ら、市長に直接聞けば~?

ガラス張りの魚沼市 by 大平栄治より

疑問が確信に...
グダグダ書かれるから要点を得ず、文章解読能力の低い私としては何に答えていいのやら分かりません。
もっと簡潔に、分かりやすく書いていただけると、反応するのにも楽なのですが、よろしくお願いします。

前段の市長をかばっているというのは、匿名の投稿者さんの勝手な想像ですが、251万円と50万円はこの調査費301万円について、この事件のその後の隠蔽工作に対する加担、責任割合を代理人弁護士が算定したもので、私の関与するところではありません。


中断以降の「種明かしはしばらく置いておくとして・・・」については、しばらく置くという事だけで、あなたがお願いしたから、その時期が早まるとか、遅くなるとかではありません。

「およそ筋が通らない」とは、何を言っているのでしょう。

 

「鬼退治第3章・・・ ・・・と思いますから」までは、括弧の通りあなたに指図される覚えもありませんし、してもらいたくもありません。

あなたが私をどう評価しようと勝手ですが、「な~んだ・・・ ・・・日ごとに増加する」などは、「皆が持っている、持っていないのは自分だけだ」などと根拠のない論法で親に物を強請る、小学生のようです。

 

市長選挙で森島陣営に付いた議員は14名です。悦子は2人、また、どちらにも付かない議員は、それこそ風見鶏でしょう。

他議員の行動については、あまりにくだらないのでコメントする気もありません。


あなたが匿名でなく本名で、悦子に聞いたときに、「はいそうです」と言うかどうかはあなたの憶測で決めるべきではありません。

多分そう答えるでしょうが、聞いてみたらいかがですか?

最後にあなたがどう思おうと、私の行動を左右するものではありません。

宜しくといわれましても・・・、ご期待に添えかねます、あしからず。

平成21年12月議会の一般質問最終日、最終質問者渡辺一美の質問に答える形で、公費での全額補助を表明した。
この日12月10日は、厚労省がサーバリックスの国内販売を認可した日で、考えていた自治体を先んじて、全国初として大平悦子魚沼市長の唯一の功績とされている。

再三意味がない。ムダなだけでは無く、危険極まりないと警告を発してきたにもかかわらず、全国に広がってしまった。

ところが、

il-manoのアロマでサンバより

子宮頸がんワクチンは効果がないことを厚労省が認めた 追記あり

何かと問題になったいる子宮頸がんワクチンですが、厚労省が効果がない事を認めました。

こちらの動画をご覧下さい。
YouTube2013.3.28厚生労働委員会質疑

追記
子宮頸がんワクチン お医者様がうそを言っているのではありません。

だから言わんこっちゃない。市長が赤っ恥どころか、魚沼市が笑い物だ。

塩沢商工を受けて落ちた時点で笑われてはいるが・・・

どうしようもない。

南魚沼市民会館、小出裕章後援会記念購入

4月20日に南無魚沼市民会館で行われる。
小出裕章氏の後援会を記念して、新たに最近の著書2冊を購入した。
これで小出先生の本は合計8冊となった。

この国は原発事故から何を学んだのか 2012年9月10日
41R3M-eaROL._SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_.jpg

原発事故と農の復活 2013年3月11日
61oZkRG9Q9L._AA160_.jpg
当日までに熟読して、後援会に望まなければならない。
THINKER minibook シンカー ミニブックより

THINKER mini book vol4
「戦争のしくみ」
~僕らの知らない世界~
capvol4.jpg


THINKER mini book vol3
「お金のしくみ」
~僕らの知らない社会~
capvol3.jpg



THINKER mini book vol2
「子宮頸がんワクチン」
~僕らの知らない薬害~
capvol2.jpg



THINKER mini book vol1
「ケムトレイル」
~僕らの知らない環境問題~
capvol1.jpg
リンクページからダウンロードできます。ぜひ見てください。
ガラス張りの魚沼市 by 大平栄治より

ビックリ!

山狸「ポン太」さんの推理も一理ありそうだが、どうでしょう。
あの馬○○長が頼みの綱である副市長を陥れてどうしようというのか、その動機が分からない。

まあ、鶏とあまり変らない脳みその量だろうから、常人には理解しがたい行動に出ても不思議ではない。

もともと、星○政権化で起きた事件であり、発覚したのは○平市政になってからとはいえ、言われるとおり、直接関わっているわけではなかったはずだ。しかしながら、中○○市長の隠蔽工作に丸投げをし、泥沼市にさらに泥を塗る結果になってしまった。

隠蔽工作に加担し、事後処理を誤ったという事では同罪で、責任追及は免れない。

まあ、あまり深く考えないほうが良いと思いますよ。

馬○○長は、何も考えていないでしょうから。
ガラス張りの魚沼市 by 大平栄治より

匿名さんの投書UPを見て

だ~か~ら~、

 私は、弁護士からコピーを頂いたもので、文書の出所は存じ上げないとお答えしておいたはずだ。

 公開されたいきさつは、裁判所に証拠として提出されれば、公開されたということで、手続きを取れば、入手できると聞いた。

 ネットに掲載された方がどういった経緯でそれを入手、載せたかは、私の知るところではない。

 匿名の投稿者さんももともとの出所は市長だと思われるのなら、直接聞いたらいいだろう。

 だいたい方向を間違えておられるが、補助金を貰った人、金額、施工業者が個人情報で出してはならないなどということはありえない。そんな事が通れば、公金は闇で使い放題だ。

 非公開などということにした事にもともと問題があり、本来は公開すべき文書なのだ。

 それが出てきたら隠しておかないのは管理体制が悪いからだとか、違法行為(泥棒)で入手したのではないかなど、人を泥棒呼ばわりするなど名誉毀損で訴えられても仕方があるまい。

 再三申し上げているが、あなたがどう思おうと勝手だが、原告代表だからと、それを知らない私に明らかにすべきだなどとあなたに指図される謂れはない。

 そんなに心配なら、それこそ匿名でなく、名前を明かして市長に直接聞いたらいいだろう。
小出裕章 (京大助教) 非公式まとめより

4月6日 電力会社としては原子力発電所が動こうと動くまいと何でもいい、とにかく造ってしまえば金儲けができる!/ラジオフォーラム「小出裕章ジャーナル」文字起こし

2013年4月6日に放送された「ラジオフォーラム第13回」番組での「小出裕章ジャーナル」の内容を文字起こし致しました。

【主なお話】
「原発の基礎知識編と:そもそも原子力発電とはどういうものなのか、なぜ危険なのか。」

【パーソナリティー】
湯浅誠(社会活動家)

【電話出演】
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)

▼ラジオフォーラム
http://www.rafjp.org

給与明細に職員ため息

東京新聞2013年4月4日夕刊より
給与明細に職員ため息
大阪市の不祥事対策  懲戒の警告文を記載
懲戒免職.jpg
(クリックすると大きくなります。)

魚沼市の職員も他人事ではないぞ。

こんな事を給与明細に書かなければならない事自体が、問題があると思うのだがどうだろう。

不祥事続きの大阪市だからの苦肉の策だが、不祥事は発覚しなければ何の問題もないし、懲戒になる事もない。

ゆめゆめ発覚するような事のないようにご注意なされよ!

「起きてしまえば・・・」

東京新聞2013年4月2日朝刊 言いたい放談より
「起きてしまえば・・・」 中村敦夫(俳優・作家)
言いたい放談.jpg
全くその通りで、取り返しがつかない。
そんな事は皆分かって居るのだろうが止められない。
金に狂えば、どうしようもない。
金より命。原発より命だろう。ねえ、紋次郎さん。
早朝、六日町の遠藤さんより8枚ポスターを頂いて来た。
魚沼市には他にもチケットの販売をお願いしてる方がいるという事で、一昨日頂いた20枚の他に販売依頼は無かった。

昨日は、ポスターの掲示をお願いし、取次所となっていただく事にした。
お店からの連絡で、私のところにあるチケットはお届けする事になる。
無くなれば、FM雪国、南魚沼市民会館で購入いただくほかは無いし、当日券も200枚限定で用意するそうだ。

魚沼市でポスターを掲示、取次所をお願いしたところは下記の通りです。
チラシも置いてあります。
お気軽にお問い合わせください。

1.タケヤ時計店            本町1丁目22      792-0122
2.文具のイマイ             本町2丁目18    792-1234
3.よこちょうカイロプラティック    横町1丁目7     792-0972
4.越南タイムズ            稲荷町2       792-0306
5.佐藤真土地家屋調査士事務所 井口新田483     792-9654
6.アングラーズ・ベンチ        井口新田573-11   792-2971
7.丸末書店               堀之内306      794-2042
8.大桃さとし後援会事務所     七日市655-3     090-8683-4847

羽根も可動部もない風力発電「Ewicon」

羽根も可動部もない風力発電「Ewicon」

風力発電と言えば、大きな羽根がついたものを想像する。だが、オランダのデルフト工科大学が開発している風力発電システム「Ewicon」は、羽根がなく動く部品もない。荷電粒子を風で電界の反対方向へ移動させることで発電するものだ。

91a1f8ee7af008425b41f0a81d011081.png
風力タービンの大半は、風のもつ運動エネルギーを羽根を回す機械的エネルギーに変え、その羽根の回転で電気エネルギーを生み出すことで発電する。これに対してオランダのデルフト工科大学で開発されている「Ewicon」は、風力エネルギーから直接電気エネルギーを生み出すことができる。Ewiconとは静電風力エネルギー変換器(Electrostatic WInd Energy CONverter)を略したものだ。

この方式では、荷電粒子を風で電界の反対方向へ移動させることで発電が可能になる。装置は絶縁管が約40列並ぶ、巨大なテニスラケットのような鉄のフレームで構成されている。それぞれの管には複数の電極とノズルがあり、ここから、プラスに帯電した水を空気中に放つ。このプロセスは「エレクトロ・スプレー」と名付けられている。

プラスに帯電した粒子は普通なら陰極に向けて移動する。しかし、風によって陰極から離れる方向へと粒子を押させるならば、ちょうど重力に抗して岩を山の上まで押すのと似たかたちで、電気的な位置エネルギーが増加する。こうして増加したエネルギーを集めるわけだ。このシステムで生み出されるエネルギーの量は、荷電粒子を噴霧するコーンの数と風の流量に左右される。

システム全体には、バッテリー、インバーター、高電圧直流送電、ポンプ、および帯電システムが含まれる。すべてのコンポーネントは、セラミック絶縁体で支えられた金属板の上に置かれている。この絶縁された金属板がコンデンサーの役割を果たし、帯電した水滴を放出することで電気を蓄える。

研究チームはこれまでのところEwiconの小さな機能プロトタイプを数基しか作成していないが、大規模モデルをつくるための資金探しを行っている。小型モデルのひとつは、デルフト工科大学の理工学部建物の前に設置されている。

チケット預かってきました。

六日町まで行って、講演会のチケット20枚預かってきました。
すでに12枚売れましたので、現在のところ残りは8枚です。
お電話いただければお届けにあがります。

携帯090-8683-4847大桃 聰
CIMG9950.JPG

桃太郎の鬼退治「第3章」 始まる。

昨年12月2日の市長選から復活し、桃太郎の鬼退治「第3章」がいよいよ始まります。
第2章は落選したため、Vol.1で終了しました。

公選法では、選挙の当選の御礼、落選の御礼も禁止されており、多くの皆様方には、ご挨拶にも伺えず、心苦しく思っております。

いろいろお世話になってありがとうございました。(この程度は大丈夫と思われるが、ご指摘があればご連絡を)

今回第3ステージを目指し、活動を開始いたしました。まずは復活の挨拶回りから。
五月くらいには桃太郎の鬼退治「第3章」を発行、配布したいと考えております。

よろしくお願いします。

当面の活動は、挨拶回りと裁判出廷です。
第1次住民訴訟が4月10日の東京高裁で判決が言渡されます。
第2次、第3次住民訴訟のような判決が出るか?差し戻しとなるか注目されます。
損害賠償訴訟2件と第2次、第3次住民訴訟は敗訴のため何れも上告手続き中です。

舞台は最高裁に移ります。

一部の方から何時までもそんな事をやっているんじゃないとお叱りも受けますが、ある意味喧嘩ですので、相手がある話であり、相手の出方によって戦法を変えざるを得ず、原告だけが何時までもそんな事をやっているという事ではありません。

被告側に証明責任があるのですが、それもしないで嘘のつきとおしのため、だんだん辻褄があわなくなってきました。
裁判所も本来は当てにならないため、あまり期待はしていませんが、最高裁まで争えば、終わりですので今しばらくお付き合いください。

新しく出来た名刺
名刺2.jpg

チケットを購入して来た。

雨の中、FMゆきぐにまで行って、チケットを購入して来た。
これだけのために六日町まで行くのは、一寸大変だったが、早川の取引会社に顔を出してきたから、ついでという事になる。
チケット.jpg
今日、打ち合わせが出来れば、魚沼市でもチケットを販売、購入できるようになるかもしれない。
そうなったら、アナウンスしますのでよろしくお願いします。

HPから取った画像が、あまり鮮明ではなかったため、頂いたチラシをスキャンした。ご参考に。
チラシ.jpg
昨年12月22日の豊島公会堂(池袋)での後援会は、予約までしたが都合が悪くなってキャンセルした。

あの多忙な小出先生が、南魚沼にまで来てくださるので、ぜひとも多くの方に参加してお話を聞いてほしい。
超多忙な小出先生をお招き頂いた関係者のご尽力に感謝いたします。

子宮頸がんワクチンは無意味

アマゾンで購入
51bHYxcIkhL._SL500_AA300_.jpg

心得 21
 乳がん検査の結果は、すべて忘れなさい」
・・・・・・
 子宮頸がんワクチンは無意味
さらに最近は「子宮頸がんワクチン」と称し、パピローマ・ウィルスの予防ワクチンの接種が。小中学生の女子にも強くすすめられています。これもがんの予防には無意味です。
 子宮頸がんの原因は、性行為で感染するヒト・パピローマ・ウィルス。このウィルスは子宮頸部の上皮を増殖させ、イボを生み、粘膜も増殖させて、がんとまぎらわしい病変をつくります。これはDNAの異常ではなく感染が原因の、単なる「上皮細胞の慢性変化」「慢性感染症」です。
 僕は何人もの子宮頸がんを治療せずに診てきましたが、ゼロ期と思われた数人の病変は、やがて消えました。
 国が診療を仕切るスウェーデンの統計などを見ると、子宮がん検診で発見されるゼロ期のがんは、99%以上が「もどき」です
 ゼロ期の子宮頸がんには、ほぼ100%、ウィルス感染が見られますが、「ワクチン接種が本物の子宮頸がんを防いだ」という実証は、ひとつも出ていません。
 しかも副作用の不安があります。子宮頸がんワクチンは、肩近くの筋肉に注射するので痛みが強く、失神・意識消失、発熱、頭痛などの訴えが続出しています。
 インフルエンザ、はしか、日本脳炎などを含むすべての予防ワクチンには、脳症や急死を含む、重い副作用のリスクが伴います。
 子宮頸がんワクチンの合計3回分の費用は6万円前後で、基本は自己負担です。一部の自治体で公費による助成が行われたり、小学生の女子に無料で接種させていますが、これこそ税金のムダ遣いです。ここまで引用


と鰾膠も無い。
 もっとも、そうだから仕方が無いが、これからずっと続けなければならない、「子宮頸がんワクチンの全額公費助成」の全国初の取り組みとして、大平市長のただひとつの成果とされたが、この壮大な税金の無駄遣いの始まりは、魚沼市の大平市長という「名誉ある功績」も付け加えられるだろう。

 無駄遣いだけなら・・・、金で済む話だが。
 実はもっと深刻な心配をしている。

 こんな馬○市長が魚沼市に居た事を、後世に語り継がなければならない。

南魚沼市民会館にて、小出裕章さん講演会!!

南魚沼市 放射能問題を考える

南魚沼市民会館にて、小出裕章さん講演会!!

img_0769_convert_20130324001731.jpg

福島原発事故と柏崎刈羽原子力発電所
             ~騙されてきたおとなが今なすべきこと~

 4月20日 土曜日  13:30  開場
               14:00  開演
 南魚沼市民会館 大ホール  南魚沼市六日町865 TEL025-773-5500

 チケット        ¥500(資料代として)中学生以下無料

 託児ルーム有り    ※要予約 090-4092-9934(本田)
 問合せ          090-6794-6373(青木) 090-4092-9934(本田)
 チケット販売  南魚沼市市民会館 / FMゆきぐに / 十日町市情報館 / 十日町市中央公民館 / 津南新聞社 / 新潟市万代シネウインド 他

 協賛 南魚沼郡湯沢町/南魚沼市/南魚沼市教育委員会
 主催 小出裕章氏の講演を聞く会
先日、農林課長から平成24年度農業用水源確保支援事業(所謂、井戸掘り事件)の目的外使用の追跡調査報告を貰った。

すでに多くの読者は、ご理解頂いていると思うが、177件の申請の内、実に95件が農業用以外(消雪等)に目的外使用できる状態だったと副市長がチーフの調査チーム会議で結論付けた。補助金を交付しない要件非該当は8件で、全体の58%が、事実上「黒」判定だったにもかかわらず、黒を白、あるいうは、限りなく白に近いグレーにするために、1/2交付でよければ消雪等の目的外使用も認めると要綱を遡って改訂した。

そのときに、農業用にしか使わないと確約書を提出した63件は補助金を全額交付され、目的外(消雪用)には使えなくなった。
それを不正に使っていないかどうか、の追跡調査が、24年度も報告の通り、3日間に渡って行われたという。

結果はすべて不使用だったという事だが、果たして雪季のたった一日、ちょこっと見回っただけで、本当に実態が分かるものかはなはだ疑問ではあるが、こんな調査を22年から3回も行っている。

この調査費も井戸掘り事件が無ければ発生しないはずだし、予算書にも調査費とは計上されていないため、一般会計からの通常業務として支出されている。

裁判では、魚沼市は基金がやった事で、魚沼市には一切の責任は無いを繰り返すのみだが、この調査ひとつをとっても破綻している。

今年も大雪だったが、本当に消雪に使用しなかったのだろうか?

この調査対象の63件の方々は、個人情報を理由に、公表されていない。
全額補助でただで農業用の井戸を掘ってもらった人を個人情報だとして隠す必要は無いと思うのだが、不都合なのだろう。
報告通りには、簡単にはいそうですかと言えないが、何時まで調査するのかもはっきりしていない。

この費用も市の損害として住民監査請求をしようかしら。
24年度目的外調査.jpg

東京新聞2013年3月31日朝刊 こちら特報部より

子宮頚ガン5.jpg

東京新聞2013年3月28日夕刊
20130328.jpg

東京新聞2013年3月29日朝刊
20130329.jpg

MTBlog50c2BetaInner

このブログのトップ
ツイッター
★バックナンバー
質問お問い合わせ
 
議員ジェイピードットコム
(giinjp.com)にHPを
↓開設しました。↓
大桃さとしの使命

魚沼市の輝かしい足跡”は、city-uonuma.jpの廃止により、 下記アドレスに変更となりました。↓↓

http://utel.jp/uonuma/

 山田電気店

 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 
昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

おすすめリンク
ガラス張りの魚沼市
魚沼市電話.jp
※NEW
小林じゅん子
 安曇野市議会議員
※NEW
「阿久根市議会へ行こう」
あくね みどりの風
公務員の不祥事
反NHK連合
公務員給与研究所
都道府県の借金時計
武田邦彦 (中部大学)
怒涛の石澤議員
住民至上主義
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3