命を捨てる集団主義 鎌田 慧(かまた さとし)

東京新聞2013年3月19日朝刊 本音のコラムより

命を捨てる集団主義 鎌田 慧(かまた さとし)

 春闘をめぐる、ある会合で、電力総連幹部の話を聞く機会があった。原発についてどう考えているか、と質問した。

 原発はあまり賛成ではない、と低く答えたあと、電力料金が上がるし、石油輸入で貿易収支が赤字になるから、とすぐに彼は自説を修正した。いわば、会社や政府の公式見解である。働くものからすれば、危険な原発がいい訳がない。ところが公の場でホンネは言わない。

 いま、東京で上演されている坂手洋二の『カウラの班長会議』は、個人的にはノーだが、集団になるとイエスになる、日本の集団主義がテーマである。敗戦直前、オーストラリアのカウラ収容所で、日本人捕虜が集団脱走を挙行、234人が監視の機関銃で射殺された。

 武装解除された収容所では、捕虜は国際条約によって保護されていて、脱走の必要性はなかった。ただ彼らを支配していたのは、「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓だった。突進は集団自殺行為でしかなかった。しかし、反対意見はなく結果は予想通りだった。

 フクシマの悲惨はまだまだつづき、疲弊は深まり、これから、住民や労働者に身体的、精神的な被害があらわれる。それでも安倍政権は再稼動に突進しようとしている。労働者は十分に酷い目に遭っている。労組はきっぱりと政府と経営者に原発はやめよう、と言えないのか。(ルポライター)

MTBlog50c2BetaInner

このブログのトップ
ツイッター
★バックナンバー
質問お問い合わせ
 
議員ジェイピードットコム
(giinjp.com)にHPを
↓開設しました。↓
大桃さとしの使命

魚沼市の輝かしい足跡”は、city-uonuma.jpの廃止により、 下記アドレスに変更となりました。↓↓

http://utel.jp/uonuma/

 山田電気店

 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 
昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

おすすめリンク
ガラス張りの魚沼市
魚沼市電話.jp
※NEW
小林じゅん子
 安曇野市議会議員
※NEW
「阿久根市議会へ行こう」
あくね みどりの風
公務員の不祥事
反NHK連合
公務員給与研究所
都道府県の借金時計
武田邦彦 (中部大学)
怒涛の石澤議員
住民至上主義
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3