米国市民団体がバラした『1%』を喜ばせるためのTPPの正体!こんなもんどこの国もまっぴらごめん!

ウィンザー通信より

米国市民団体がバラした『1%』を喜ばせるためのTPPの正体!こんなもんどこの国もまっぴらごめん!

デモクラシー・ナウ!(米国ニューヨークにある非営利の独立放送局)で、去年の6月14日に報道されたビデオを紹介します。
文字にして読んでもらいたいと、お腹の底から思いました。
ビデオの字幕をそのまま書き起こしました。


TPPは、貿易協定の衣を着た、企業による世界支配の道具

TPPは、強制力のある、世界統治体制に発展する恐れがあります。
世界的なオキュパイ運動に対する、企業側の反撃です。
旧来の悪弊が、一層ひどくなる。
さらに、交渉の行方によっては、既存の国内法が改変され、進歩的な良法が無くなるばかりか、新法の制定さえもできなくなる。
交渉国は、米国・豪州・ブルネイ・シンガポール・ニュージーランド・チリ・ペルー・ベトナムで、マレーシアも加わります。
NAFTAと同じく、企業の海外移転をうながす特権があり、新たな特権も付与されます。

医薬品や種子の独占権が強化され、医薬品価格つり上げのため、後発医薬品を阻止する案まである。
オバマ政権が、医療制度改革法案に入れた医薬品についても、他国が使用する権利を奪おうと、密談が行われています。
各国の金融規制も緩和させられ、高リスク金融商品も禁止できない。
米国政府が、金融制度改革で、規制強化を進めている時にです。
 
TPPは、地方財政にまで干渉します。
全国で、搾取労働の撤廃や、生活賃金を求める運動が広がる中で、TPPは、地域産業の優先を禁じます。
地産地消や国産品愛好は許されないのです。
環境や人権に配慮する商品も、提訴されかねません。

TPPは、企業に凄まじい権力を与えます。
密室だから過激になった。
どの国の人々も、こんなものはご免です。
過激な条項を推進するのは、米国政府です。
だから、陽の目にさらして、分析することが重要です。
何が起きているのか、人々に知ってほしい。

MTBlog50c2BetaInner

このブログのトップ
ツイッター
★バックナンバー
質問お問い合わせ
 
議員ジェイピードットコム
(giinjp.com)にHPを
↓開設しました。↓
大桃さとしの使命

魚沼市の輝かしい足跡”は、city-uonuma.jpの廃止により、 下記アドレスに変更となりました。↓↓

http://utel.jp/uonuma/

 山田電気店

 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 
昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

おすすめリンク
ガラス張りの魚沼市
魚沼市電話.jp
※NEW
小林じゅん子
 安曇野市議会議員
※NEW
「阿久根市議会へ行こう」
あくね みどりの風
公務員の不祥事
反NHK連合
公務員給与研究所
都道府県の借金時計
武田邦彦 (中部大学)
怒涛の石澤議員
住民至上主義
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3