Amazon 電子書籍 靴

マーケティングでも「モバイル戦争」
‎6 時間前‎
アマゾンは現在、タブレット端末や電子書籍端末といったモバイル端末事業を積極的に進めているが、市場調査会社カンターによると、今年1─6月期のテレビ広告費は3400万ドル(約26億7000万円)に上り、その額はさらに増える見通しだ。 マーケティングに多額の資金が投じ(続きを読む)



Amazonの本格的な日本の電子書籍市場への参入 Amazonが国内出版社に対して以下のよ...
Amazonの本格的な日本の電子書籍市場への参入 Amazonが国内出版社に対して以下のような契約条件で日本の電子出版市場に参入しようとしています。 新刊だけでなく、これまでに出した全ての書籍を電子化する権利の譲渡。 それに対して出版社側は拒否権を持てない 売り上げの半分以上はamazonへ 書籍の著作権のamazonnへの帰属 紙の書籍より高くしてはならぬ などなど。 かなり高圧的な条件に聞こえますが、どう思いますか? 個人的には、電子書籍化の波は確実にくることが分かっていた中で、日本の出版社も電子書籍の取り組みを行ってはいました。 が、出版社ごとに参入する電子出版用のプラットフォームが異なっていたため、ワンストップで消費者が購入することができなかった。 例: あのマンガはここの電子出版で、あの小説はここにはないからあそこで、この参考書はどの出版社も電子書籍化してないので実際の本屋で予約して、。。。などなど、消費者にとっては非常に不便なものでした。 こうした状況下でAmazonが日本の出版業界に黒船という形で来襲し、日本の電子出版市場をアメリカ並みに便利なものにしてくれれば消費者にとっては大いに歓迎できるところです ただ残念なのは、こういったAmazonが攻めてくる前に日本でも同じような巨大で一元管理された米Amazonのようなサービスを日本の出版社が協力し発足できなかったことです。 結局Amazonが売り上げの半分以上を持っていくということは多かれ少なかれその大部分、言いかえれば日本人作者が作り上げた富をアメリカにやすやすと吸い上げられてしまうことに他ならない。 ほんとうに残念なことです。(続きを読む)


Amazon、電子書籍端末「Kindle」10月にも日本発売へ ―日経新聞 ...
日経新聞電子版は22日、米アマゾンの日本法人「アマゾンジャパン」が、電子書籍端末「Kindle」を10月にも日本地域で発売すると報じています。この情報は複数の大手出版社幹部が21日に明らかにしたもの。 報道によると、当初、出版社に ...(続きを読む)

  • entry123ツイート
  • Google+

PageTop