北風の日

魚沼市合併して以来、いろいろ諸問題はあったが、特別委員会まで設けるほどの騒ぎになった問題は、この井戸問題以外に記憶はない。過去を振り返ってみても、旧小出町時代に、全国版マスコミまで巻き込んで、騒ぎとなった、干溝小学校統合問題というのが記憶にあるが、それよりも、魚沼市井戸問題のほうが大きいように思う。復興金特別委員会は今もあるものの、この問題が裁判に持ち込まれると、当局も議会もその答弁は決まって「今、司法で争われていることなので、コメントは控えさせていただきます。」その一転張りですべて議会を乗り切ってきた感がある。司法は司法、議会は議会として、やってこなければならなかった部分が、これから明るみに出てくるような気配がある。何となくこのまま魚沼市が勝訴して、それを理由にうまく幕が引ければ、とか、この問題を棚上げして山の山菜のように、旬が過ぎればもうおしまいというような雰囲気すら感じる、ここ数年の議会であったような気がする。しかしこの問題は裁判の勝ち負けなどというよりも、その根本、その本質は全く別なところにあるようだ。その本質とは、「きれいな水には魚は住まないよ!」という性質のものだ。うまく復興金手続き、そのシステムの網の目をくぐってなした業である。中越地震の際に日本全国の皆様より頂いた心温まる支援を個人の欲を最優先にし、農業、養鯉をカモフラージュに私腹を肥やそうと、キョウロウマラカイテ、大慌てで井戸を掘ったというのが、この書類の随所からうかがい知ることができる。かつて、調査のためということで、500万円の調査費を魚沼市議会は付けたことがあった。市民の中には、「タダでも自分の家のユニックを使って井戸の配管を抜き取って調べてあげるよ。」という、この問題に関係していない井戸掘り業者が私の知っている限りでは2件ある。この井戸問題はどうやらこれからが本番のようだ。
このブログのTOP
おすすめリンク
桃太郎の鬼退治
魚沼市電話.jp

魚沼市の輝かしい足跡は、city-uonuma.jpの廃止により、今表示されているページに変更となりました。アドレスは↓↓

http://utel.jp/uonuma/

 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 

このブログ記事について

このページは、ゴールデンイーグルフェザーが2013年2月 8日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「春一番」です。

次のブログ記事は「選挙公示前に、こんなのありか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3