橋下市長「庁舎内で組合活動認めぬ」 職員処分へ

| コメント(0) | トラックバック(0)
橋下市長「庁舎内で組合活動認めぬ」 職員処分へ
2011/12/26 19:19

 大阪市は26日、11月27日投開票の市長選を巡り、交通局の男性職員が勤務時間中、加入している労働組合の選挙活動をしていたとして、 処分する方針を明らかにした。市議会の委員会で答弁した橋下徹市長は「庁舎内での組合の政治活動は認めない。(本庁舎の)地下にある組合事務所は本庁舎か ら出ていってもらう」と述べ、組合との関係を見直す考えを示した。

 市議会の交通水道委員会で地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下市長)の市議が、内部告発の封書が届いたとして事実関係を問いただした。

 市議は「バス運転手の職員の引き出しに『選挙関係』とのラベルが貼ってある」などと指摘。交通局側は職員が本来の終業時刻より早く退社し、組合活動に携わっていたことを確認したとし「職務時間に組合活動をすることは職務専念義務違反に当たる」と答えた。

 橋下市長は「労働条件などを巡る適正な組合活動は自由にしてもらっていい」と話した上で、「市庁舎内での政治活動は認めない」と答えた。(日本経済新聞)


当たり前の話。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://utel.jp/mt/mt-tb.cgi/8234

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03