12月27日復興基金情報公開

| コメント(0) | トラックバック(0)
 10月29日の魚沼市の情報公開で、申請書類が個人情報だといって黒塗りにして部分公開された。復興基金からの指示かと聞いたら指示ではないが相談したという。
 口裏を合わせているため、同じものが出てくるとは予想したがそれを確かめるべく10月30日付けで請求してあった情報公開の部分公開が県庁14階の1404会議室で1時30分より行なわれた。

まずは文書等部分公開決定通知書

別紙1

別紙2

別紙3

別紙4


 出てきた177件分の申請書は、魚沼市と同様黒塗りだ。金額や井戸の口径、深さなど以前に出した資料と照合すると個人が識別できるとし、ほとんど非公開だ。こんな資料を作る経費は尋常ではない。それも全て税金だ。

 対応した石津事務局次長は、理由として個人が識別できると調査結果と照合でき、申請者や業者に不利益が及ぶ恐れがあるという。想定される不利益はどのようなことなのかと聞いたら、犯罪者扱いされるかも知れない。と言う。隠す方が疑念を持たれるから公表すべきだ。と諭しても見解の相違です。との一点張りだ。

 隠し始めれば何処までも隠さなければならない。いつまでも隠せると思っているのだろうか。ご苦労なこった。

 年明け早々、次の裁判を提訴する。被告になる方はビックリしないでね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://utel.jp/mt/mt-tb.cgi/5256

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー  一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03