2009年9月アーカイブ

うーんうまい。これは絶品!

| コメント(0) | トラックバック(0)

挽いてもらった蕎麦粉で作ってみました。
基本は10割、水捏ねです。
挽きたては繋がりがよいので水だけでやってみました。

やはり乾燥が強すぎるので水分量が重量比の45%位では堅すぎます。
水を足し足し捏ねましたが、1回で水分量か決まらないとうまく纏まりません。

何とか伸して切りましたが、茹でると切れそうです。
あまり長い蕎麦は食べ難いなどといいながら茹でましたが案外大丈夫です。

生そばの茹で方はご家庭にある一番大きな鍋に約8分目ほどお湯を沸かして、鍋の大きさにもよりますが、一掴みか多くて二掴みをぐらぐら沸騰した中にやさしくぱらぱらとほぐして入れます。口伝では手がお湯に付くらいの高さから入れます。
一旦下に沈みますので底にくっついてしまわない程度に、やさしく菜箸で動かしてあげてその後は放っておきます。このときにあまりかき回すと切れてしまいます。

つなぎの種類、小麦粉の量、太さなどでゆで時間が違いますが、10割ですと沸騰してから約一分です。本来は蕎麦の三返りというくらいお湯の中で三回転する時間でよいのです。
米や小麦粉は生では消化できませんが蕎麦は生でも消化できます。
戦国時代の非常食には蕎麦が使われました。(火を使うと敵に見つかる)

茹でる途中で吹きこぼれそうになる場合は、差し水はせず火を弱めてください。
乾麺は差し水をした方が早くゆだります。

また、吹きこぼれるのは鍋肌が垂直になっている鍋の場合で、上の方が開いているボウル状の鍋なら吹きこぼれません。これは鍋肌に泡が積み重なるためです。

生そばを茹でる場合は早く高温で茹でた方がおいしくなります。基本は蕎麦が泳ぐようなたっぷりのお湯で高温です。

約一分茹でたら笊ですくって、冷水にさらします。水を替えながら5回ぐらい洗います。茹でれば蕎麦は切れません。洗いが少ないとゆで汁の臭いがしますし、良く締まりません。

すぐ笊に取り、水が切れないうちの食べましょう。

蕎麦は三たて、挽きたて、打ち立て、茹でたてで頂きます。

うーんうまい。これは絶品!

NPO法人 笑顔の里

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝突然電話があり、時間がとれたらお会いしたいということでしたので、小出病院で血液検査のための採血後、早速出掛けてみました。
場所は守門庁舎の国道を隔てた反対側で、笑顔の里の専務理事の金田さん、大島さんとお話しさせて頂きました。

こちらは以前テレビで放映されたと記憶していますが、お年寄りが笑顔になるための活動をなさっています。近所のお年寄りから野菜、山菜、キノコなど買い上げ、そのまま出荷したり、加工販売しています。
また、日替わりの夕飯弁当を配達したり、夜はお酒も出します。お年寄りは10%引きです。

現在の活動としては
※福祉とまちづくり
※地域の茶の間(となりの家)
※自然の山菜の味噌漬け製造販売
※喫茶・軽食
※笑顔の里の目的は高齢者生活共同運営住宅を建設することです。

金田さん、大島さんの熱意のあるお話しを伺っていると、何かできることはないかと考えてしまいます。

伺ったのがお昼前でしたので喫茶・軽食にはお年寄りの方はおられず、中学生が二人、新規のお客さんが二人、囲炉裏の周りにいらっしゃいました。
うどんや、おそばもありますので是非お近くにお越しの際はお立ち寄りください。おいしいですよ。

今度から禁煙にしてもらいました。

残念ながらございません。

| コメント(0) | トラックバック(0)

お気に入りに登録してある。

由紀日記
にわやま由紀の議会ノートに

魚沼市の正直すぎる市長というタイトルでご紹介頂きました。

映像は残念ながらございません。

そのうちWEBカメラでも導入したいのですが、どうなりますか。

昨日のギウンは傍聴禁止でなんだかますます秘密になるみたい。

蕎麦粉と蕎麦汁について

| コメント(0) | トラックバック(0)

十日町(小出)産の蕎麦を玄蕎麦で買い、長岡市栃尾の平井さんに挽いてもらいました。

平井さんは、広神蕎麦打ち選手権の初代、第2回の優勝者で、私が第3位になった第6回魚沼蕎麦打ち選手権で第2位の成績を収めた実力者です。

3.4.5回のことを知らないのは私が参加していないためです。

蕎麦打ちの腕もさることながら、蕎麦粉に造詣が深く、粉屋の挽く粉に飽きたらず、自分で電動自動石臼機を作成し、石臼の目立てまでします。

今回は蕎麦抜き機を作成したということでしたのでお願いしました。

ほとんどの田舎蕎麦は、挽きぐるみという方法で殻付きの玄蕎麦を石臼、またはロールで挽きます。蕎麦殻はとれますが薄皮は粉の中に入ります、そのため蕎麦粉自体が黒くなりあまり食感が良くありません。
しかし、この黒い薄皮の部分に蕎麦の風味がたくさんあるため、良い香りがします。
普通、お蕎麦屋さんではつなぎに小麦粉を4?5割ほど入れます。小麦粉はほとんど香りがしないので、これだけ入れても分かりません。蕎麦粉は小麦粉の約10倍の値段がしますので無理もないかな。

この抜き機は殻をむいて、薄皮も取ります。それで粉になる部分だけになった蕎麦をヌキといい、これを石臼で挽くと、白い(やや緑がかった)蕎麦粉が出来ます。

玄蕎麦が乾燥が強すぎたため、あまりしっとりした粉にはなりませんでしたが、とてもなめらかで繋がりも良くいい蕎麦粉になってくれました。

殻をむくには蕎麦の粒をそろえる必要があり、手製のふるいで選別し、その大きさ毎に抜き機を調整しながら作業する必要があります。
お話しによれば、挽く時間より手間がかかるとのことでした。

平井さんどうも有り難うございました。

このおいしい蕎麦を食べるためにとても市販の蕎麦汁では無理ですので、昨日から蕎麦汁作りです。

利尻産のだし昆布に切れ目を入れて、浦佐の地蔵清水(8L)に浸し、一晩置きます。

朝5時から火を入れ、沸騰前に昆布は取り出します。

相模原の五十嵐鰹節の混合(鰹・宗田・鯖)削り節(厚削り)特上を300g入れ、アクを取りながら沸騰させ、とろ火で3時間煮出します。

それを漉して、最低三ヶ月寝かせた返しと併せ、一度80度まで温めなじませてから、60度まで冷ましペットボトルに詰めました。

これでおいしい蕎麦が食べられそうです。

告発その後

| コメント(0) | トラックバック(0)

告発を受理された後、読売とNHKから取材がありました。
報道されたかどうかは未確認です。

また、地元紙の越南タイムス、小出郷新聞からも取材を頂きましたが、こちらはまだ発行されておりません。

市民の中にはまだ知らない方もいらっしゃいますので、このような事が行われていた実態をお知らせ願いたいと思います。

また、反響としては、良くやったとお褒めの言葉を頂く反面、一部の方から県の調査が終わって、発表の段階に入ったというのに警察が入れば、補助金の支払いが遅くなる。とか委員会で決めた市民に聞く会は意味が無くなった。などと告発が悪いかのような発言があることもあります。

しかし、議会として百条委員会も設置せず、当局の発表を鵜呑みにし、質問するだけで行動を起こさなかったのが、一部うやむや派の思うつぼだったと思います。

お盆過ぎには百条委員会の権限を調査特別委員会に付託する、事務調査の委託に関する決議文書まで作り、会派に図ったが時期がまだ早いなどと支持されませんでした。

当局も結果発表の時期が3月末、5月末となり、選挙があり、委員会が解散新たに設置されたため、8月末、9月末、10月末などと引き延ばし問題を大きく致しました。

未確認ですが、同日他の方の告発状が受理されたとのことです。

警察の捜査がどこまで進むのか見守りたいと思います。

本日は東北電力ビッグスワンスタジアムでトキめき新潟国体の開会式に参加して参りました。
天皇陛下御在位20年記念第64回国民体育大会ということで天皇皇后両陛下のご臨席を賜り、この新潟で45年ぶりに開催されました。

天皇陛下のお言葉はありませんでしたが、中越大震災に慰問に訪れて頂いたときの感動は忘れも致しません。
川口の避難所(小学校の体育館)に来て頂いた時の皆さんの安堵感と言ったら、言葉になりません。
時の総理人気絶頂の小泉首相が来ても、さほど感動しなかったことを覚えております。

今回の国体は平成16年の中越大震災、平成19年の中越沖地震の全国からのご支援に対して、ここまで復興しましたという報告と、いろいろなご支援に対してのお礼を込めてありがとうをお伝えしたくて開催される国体だと認識しております。
知事の挨拶や小林幸子さんの歌にもありましたように、ふるえるほどありがたかったということを全国の皆さんにお伝えしたいという大会です。

ところが我が魚沼市は今回の井戸掘り事件で全国の皆さんの善意を踏みにじるような事になり、お詫びのしようもありません。

新潟県の皆さんがお礼を述べているのに魚沼市民としては穴があったら入りたいような恥ずかしい気持ちで一杯でした。

一日でも早く真相が究明され、再発防止に向けて対策が執られ、全国の皆様に心から有り難うございましたとお礼を言えたらと思っています。

それまで今しばらくお時間を頂戴致します。

本当に申し訳ありません。

朝日新聞25日朝刊

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝日新聞
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000909250005

今日は決算特別委員会の二日目です。おもしろいことは何もないので昨日の話。

決算特別委員会1日目総括質疑にて

最後の質問です。市長に伺います。この平成20年度の決算書を見て全体的に無駄がないかどう考えるか。

市長答弁
 無駄はたくさんございます。

えーーー、みとめたぞ。びっくりして質問を終わってしまいました。

その後休憩に入り、その間市長は副市長に怒られたらしく再開後に発言を以下のように訂正しました。

先ほどの大桃議員の質問について無駄があるか無いかと言うことでありますが、無駄と言うことについて、20年度の事業執行にあたりましては適当な判断の中で事業は行われたと考えています。しかし、財政健全化を考えていく中ではやはり見直し、削減等を考えていかなければならないところは多くある。と先ほどの発言を取り消しました。

さっきの発言は議事録から削除されるのか。

市長も無駄が多いと認めている決算書は認定しないぞ。

新潟日報25日朝刊

| コメント(0) | トラックバック(0)

「復興補助金を虚為申請」
市職員と業者を告発 魚沼市議

 県中越地震復興基金の補助による農業・養鯉用井戸の目的外使用問題で、魚沼市の大桃聰市議は24日、補助対象の要件を満たさずに申請したなどとして、同市の養鯉業者を詐欺未遂容疑で小出署に告発。
 
 虚為の申請書を作成したとして同市職員らも同容疑で同署に告発した。同署はいずれも同日付で受理した。

 同基金の補助金は、地震で水源が枯渇、減少した農家や養鯉業者を対象に、600万円を上限に井戸掘削費用などを100%補助する。

 告発状によると、業者は地震当時、県外在住で同市で養鯉業もしておらず、補助要件を満たしていなかったが、震災により井戸が枯れたとして新たに掘った井戸の補助金を申請したとしている。補助金は未交付だった。
 
 ただ、大桃市議によると、業者は申請したことは認めているが「申請書は(自ら)書いていない」と話しているという。このため、告発状は「業者が一人で申請書を作成したとは考えられない。市職員や業者仲間が持ちかけて虚為の申請書を作成し、不法に市の審査を通過させたことは明白だ」と主張している。

 また、この問題に関して、魚沼市議会は24日、特別委員会を開き、10月28日に市民の意見を聞く会を開くことを決めた。

以上転載

告発状

| コメント(0) | トラックバック(0)

              告 発 状

                        平成 21年 9月 24日
小出警察署長殿
 

                告発人
                 住 所 〒946-0071魚沼市七日市655-3
                 職 業 魚沼市議会議員
                 氏 名 大桃  聰
                 電 話 025-792-8939

                被告発人
                 住 所 〒946-○○魚沼市○○○○
                 職 業 養鯉業者
                 氏 名 ○○○○
                 電 話 ○○○○
                被告発人
                 住 所 
                 職 業 魚沼市役所職員
                 氏 名 氏名不詳の農林課職員
                 電 話 

1.告発の事実など
(1)告発の事実
被告発人○○○○は、平成20年11月頃、氏名不詳の魚沼市役所農林課職員らと共謀し、震災復興基金事業(農業用水水源確保支援事業、養鯉池水源確保支援事業)の補助金を騙し取ろうとして、申請書類を偽造し、市での審査を不法にすり抜け復興基金に補助金を申請し、復興基金事務局を騙し、不正に補助金を交付させようとした。

(2)罪名と罰条
  詐欺未遂、刑法246条の詐欺、同250条の未遂罪に当たる。

9/24復興基金調査特別委員会

| コメント(0) | トラックバック(0)

冒頭市長謝罪

 この度の農業用水等水源確保支援事業に関しまして、魚沼市民の皆様並びに中越大震災の復旧復興にご支援をただきました関係の皆様に不快感、あるいは多大なご迷惑をお掛けしていることを、あらためて魚沼市長として深くお詫びを申し上げます。

 また、問題の長期化によって、被害の拡大や行政への信頼を失墜させており重ねてお詫び申し上げます。
全体の奉仕者としての使命を持ち、併せて厳格に扱わなければならない市職員の事務事業のあり方や判断に、適正を欠くことがなかったかどうか市役所内部で聞き取り調査や検証を行って参りました。

 調査の結果や補助金交付に対する最終的な報告は、今しばらく時間がかかりますが、この度の事務事業を通じて負わされた課題については、市長として速やかに対応策を掲げた上で、全職員一丸となって再発防止に努め、市民の皆様の信頼回復に全力で取り組むことをお誓いし、私からのお詫びとします。

 その後、8/24の市役所職員による2月からの調査について、結果をいつまでも出さないのであれば、誰が、いつ、どういう調査をしたのか経過報告を求めたところ、纏めていないので10日位時間を頂きたい。というのでおとなしく待っていたら今日になってやっと出てきました。

 10日位の約束でしたが、これが一ヶ月もかかる報告書なんでしょうか、産業課長はお詫びも無で説明したので、文句を言う気もありません。

 その後2.3質疑があり、市民の意見を聞く会の要項の提案がありました。
会派代表会議ですんなり決まらなかったため、日程が延び実施日は10/28(水)13:30からとなりました。

 それまでに調査結果の発表があるのかとの問いに、中川副市長は県との日程調整はするが出来ないかもしれないと発言。
委員長は発表があるかないかに関わらず開催したい。

 魚沼クラブの佐藤貞一議員からは開催には(一部)反対のような意見が出ましたが、決定致しました。

 10/10の市報おしらせ版に詳細が載りますのでご意見のある方はご応募ください。
先着10名でそれを越えると抽選となります。

 また、これと同時に以前、委員長提案があった市役所職員を特別委員会に参考人として呼ぶ事は、会派代表者会議で魚沼クラブから反対があり合意が出来ないため先送りになりました。 

この期に及んでがんばるのー

注:佐藤貞一議員より申し出があり、(一部)という文言を入れさせて頂きました。

祝告発状受理

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日、告発状が受理されました。

早速捜査当局が動き出すか注目です。

明朝の新聞、朝日新聞新潟版、新潟日報に載る予定です。

朝日はHPに全記事が載りますので、検索してみてください。

今日は決算特別委員会初日

| コメント(0) | トラックバック(0)

決算特別委員会の初日です。

総括質疑の通告を8点していますので頑張って質疑致します。

1.市有車について
 H20年度市有車は194台、そのうち5台(1台はエコカー更新で復活)が車検切れのため廃車になっています。実質4台しか削減できないって事?

2.人件費の削減について
 一般行政職60歳勤続39年課長で、人件費は軽く1千万を超えます。
 
3.勤務評定制度について
 宝塚市で勤勉手当訴訟が起きている。勤務評定を行わず市職員に一律勤勉手当と定期昇給を支給したとして市長を訴えたものです。
 神戸地裁は言おう、損害、不当利益を認定しましたが、返還に関しては請求が棄却されたため、即日控訴したとのことです。
 高裁では違法とまではいえないと判断したが、原告は上告するとしている。
 勤務評定制度が機能しなければ勤勉手当ては支給しないとすればどうか。
 
4.生活扶助事業について

5.市税徴収率について

6.契約関係について

7.観光施設事業について

8.全体的に無駄遣いがないか

調査や下調べが間に合いません。質問してもうまく丸め込まれそうです。

簡単には納得しないぞ。(聞こえないふりをしようかしら)

奈良市の公共工事談合訴訟

| コメント(0) | トラックバック(0)

奈良県市民オンブズマンが訴えていた「奈良市くじ引き談合事件」の
住民訴訟で、最高裁は09/8/28づけで市側の上告を退け、
建築工事等に関する制限付き一般競争入札31件の契約額の総額
354,910,500円の約17.67%にあたる合計62,322,250円を
奈良市の損害と認定し、奈良市長に対し各落札業者に各損害額を
請求するよう命じた1・2審判決が確定しました。

奈良市の公共工事談合訴訟:市の敗訴確定 最高裁、上告棄却 /奈良

 奈良市発注の公共工事31件で談合があり、落札価格がつり上げられ市が損害を受けたとして、県市民オンブズマンのメンバーが市長を相手取り、落札業者に賠償請求するよう求めた住民訴訟で、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)は28日付で、市長側の上告を退ける決定を出した。約6260万円を賠償請求するよう命じた1、2審判決が確定した。

 1、2審判決は、06年7?10月に入札が行われた31件について、複数業者が同額の最低価格で入札したケースが多く平均落札率も高い点などを挙げ、「談合行為があったと強く推認できる」と判断。落札額から最低制限価格を差し引き、消費税を加算した額の7割を市の損害額と認定した。

以下からの転載

http://mainichi.jp/area/nara/news/20090901ddlk29040539000c.html

08/10/15 奈良地裁判決
http://ombudsmannara.main.jp/gazou/081015.pdf

魚沼市も怪しい入札がいっぱいあります。

複数業者が同額の最低価格で入札したケースが多く平均落札率も高い点などを挙げ、「談合行為があったと強く推認できる」と判断。

談合の事実を認めていなくても、これで勝てそうだから訴えるか。

私も引用。

| コメント(0) | トラックバック(0)

阿久根の竹原市長さんが、なんともオモロイものを発見してくださったのでご紹介!

---------------------------------------------------------------------

 行政改革大綱の検討をしている最中に興味深い資料を発見した。

 総務事務次官から平成17年3月29日付けで「地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針の策定について」というものが出されていた。
以下は給与に関する部分の抜粋要約

-----
行政に携わる者は、国民の貴い負担により給与を得ているということを改めて肝に銘じる必要がある。

1、住民の納得と支持が得られるよう、給与制度・運用・水準の適正化を強力に推進すること。

2、昇給停止年齢を国と同様に原則55歳に引き下げる

3、退職時の特例昇給についても廃止

4、不適正な給与制度・運用の是正

5、退職手当の支給率の引き下げ

6、諸手当の早急な見直し

7、技能労務職の給与について民間との均衡を留意する

8、住民への説明責任を果たす

9、地域の民間給与の状況をより的確に反映し決定できるよう、職員給与と民間給与の比較方法等を充実させるなど地域における公民格差をより一層正確に算定できるように取り組むこと。

10、公表は、住民が理解しやすいような工夫を講じること。

議会

1、議員の定数や報酬に対する批判に留意し、住民に対する説明責任を果たす事

2、執行機関に対する監視機能を高め、住民の意見を把握・集約反映させるための取り組みを積極的におこなうべきこと

 簡素で効率的・効果的な地方行政体制の整備については、もとより地方公共団体自らが、住民や議会の監視のもとに推進していくべきものであることは言うまでもない。

---抜粋終わり---
-------------------------------------------(以上一部引用)----------
なんだぁ。国は当の昔から、こういうことを言ってくれていたんじゃないですかぁ(^◇^)もう!

ここまで由紀日記より全部引用

横車をまた横に押すのか。

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝、会派代表から電話がありました。

内容は8/24の復興基金調査特別委員会で、委員長提案で決まった参考人招致と市民から意見を聞く会の開催について、最大会派の魚沼クラブから異議が出たとのことです。この期に及んでその時は賛成していないなどと発言し、議事録まで取り寄せて確認したとか。

委員長の御異議ありませんか。に異議を申し立てないから全会一致で賛成したと思ったら、私たちは賛成していない。採決だとは思わなかったなどといっているそうです。

委員会で一度決まったことを覆そうと9/24の特別委員会で何かやるそうです。

こんな事が許されるのであれば、議会や、委員会など必要ありません。

この間の一般質問の時に、大桃議員も補正予算に賛成したのだから、執行に関しては口を出すな。などと発言したギチョウはどう考えているのでしょうか。

こんな横車を押し通さなければならないとすると、申請書をかたくなに見せない市役所の幹部職員と同じで、よほど悪いことをしているのではと勘ぐるのは私だけでしょうか。

蕎麦打ちは腰に来ます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はそば粉が出来ましたので、今までお世話になった方に、蕎麦お持ちしました。
選挙以来忙しくて、蕎麦打ちが出来なかったものですから、腕がなまってなかなかうまくできません。
もうすぐ新蕎麦の季節ですので、蕎麦は今が一番おいしくない時期です。
繋がりも悪いので半分お湯で残りは水で蕎麦を打ちました。
今日は30人前ぐらい打ちましたが、久しぶりなので腰に・・・
私のポリシーとしてはつなぎは入れない。そば粉100%俗に言う10割です。

JAS法では4割そば粉が入っていれば蕎麦と言っても言いそうですが、私に言わせれば、うどんの粉を入れた時点で蕎麦うどんです、うどん粉がどんどん多くなればうどんになります。
蕎麦は10割でなければ蕎麦ではないのです。

蕎麦に関する思い入れは後日に譲るとして、おいしくゆでて頂ければと思います。

昨日は中学校の同級会でした。

5年前に脳梗塞で倒れた友人を同級会に連れて行くことが出来ました。
4年前の同級会にも誘ったのですが、その時は一緒に行けませんでした。本人が自分の症状を受容できず、また、周りの理解も無いと感じていたためだと私は理解しています。

今回は彼のほうから、お前が行くなら行きたいがどうかという話でした。
私は両手を挙げて賛成で、当日は私が送り迎えするから是非一緒に行こうと返事をしました。
当日、約束の時間前に自宅に行くともう彼は支度をして待っており、妹さんがよろしくお願いしますと見送り頂き出発致しました。

会場に行く前に、若くして自殺した同級生のところに行きたいというので、そちらに二人で向かい、お兄さんに挨拶をし、仏壇にお参りをしました。
本人はリハビリの途中で撮影した草花の写真で作ったカレンダーを持参しました。

お兄さんには喜んで頂けたようです。

同級会では皆さんに歓迎して頂き、ビールも飲めてカラオケも、・・・
ご機嫌でしたね。ちょっと飲み過ぎか。(心配)

私は運転手なのでウーロン茶でしたが・・・

みんな大切な友達なんだから、あまり遠慮はしないで、うまくつきあおうよ。
また、行こうね。

先日の一般質問での出来事
最初の質問終了後、ギチョウ様が休憩を宣言され申し付けられました。

休憩中ですので議事録に載りません。
記憶を頼りに再現します。

ギチョウ発言 
暫時休憩を致します。
 4番議員に申し付けます。一般質問のあり方をよく勉強して本会議に臨め。この1番の質問事項に対しては款、項、議会で議決し大桃議員も賛成した。その執行にあたっては、執行権の侵害となる。行政上なかなかうまく機能を果たさないというルールがある。今の質問に対してはこの一般質問でなく決算特別委員会等の委員会で行う質疑の事項ですから次から注意するように。

榎本春実議員発言
 本会議場、この一般質問の中で固有名詞が2,3出たようだが、それはいかがか。

ギチョウ発言
 いくつかの個人名が出ておりますが大桃議員はどの様に考えて出されたのか。

大桃議員発言
 市役所職員は公人だと思っているので名前を出しました。

ギチョウ発言
 大桃議員に対する質疑は行わないが、十二分に今後注意をして頂きたい。これはギチョウとしての特権として、議事進行上ふさわしくない言葉ですので今後このような一般質問本会議場で個人名を出来るだけ出さないように。議事録等削除については大桃議員と相談する。

休憩中に協議した模様

ギチョウ発言
 ギウンの委員長から一言お願いしたい。

浅井ギウン委員長発言
 一般質問終了後にギウンを開きます。終了後301会議室で10分後に急遽開きますので委員の方はご参集ください。

ギチョウ発言
 再開を致します。答弁を求めます。

これで市長答弁に戻るわけですが、ギチョウ発言は納得できるものではありません。
質問の仕方を今更、本会議場で注意など何を考えているのやら、一週間も前に通告書を提出し、議会事務局を通して執行部に上がっており、ちゃんと答弁書も出来ていて、市長は読み上げているではないか。ギチョウも目を通しているはずでその時点で分かるはずである。

こちらは6月定例会での一般質問で再質問、再々質問にはほとんど答えてもらえず、苦肉の策でこのような質問の仕方をとった。

また、市役所職員の名前は公人であり、趣旨を伝えるためにやむを得ず出したもので、名指しで誹謗、中傷などしているわけではなく、問題ないと考えます。

予算に賛成したのだから、執行権に立ち入るなとは何を考えているのか。

桐生市議会一般質問傍聴記

| コメント(0) | トラックバック(0)

桐生市議会一般質問傍聴記

魚沼市は休会ですのではるばる桐生市まで傍聴に行ってきました。

愛車のR100GSをハセガワ南給油所で満タンにし、R17⇒湯沢IC⇒沼田IC⇒R120⇒県道62号線⇒R122⇒桐生市役所走行距離約140km

お昼ちょっと過ぎに到着したので午後1時からの傍聴でした。

だいぶ古い議場でしたが立派なもので、傍聴席は議場とは区別しており玄関から入り口が違います。階段を上り、三階部分が傍聴席です。専用のトイレもあり、休憩室もありました。

階段式の座席で7,80人は座れるでしょうか。報道席は別にあり、ケーブルテレビが入っていました。傍聴席の後ろからと、横から発言議員をとらえるカメラの計2台で収録していました。カメラマンに聞いたところ、編集に通常は2,3日かかりその後配信するそうです。

編集は音声だったり、休憩中はカットするなどだそうです。休憩中も傍聴人は聞いている訳なので、傍聴に来られない人のためにテレビを流すのでしたら、休憩中もノーカットでいいと思いますがいかがでしょうか。

傍聴席からは議場は見下ろすことになり、後ろ頭の薄い議員はなんだかかわいそうです。
私は丸坊主ですので無問題ですが・・・

魚沼市と違って一般質問はA/B/Cと3方式あり議員が選べるそうです。

Aは一括質疑・一括答弁、Bは併用、Cは一問一答方式です。制限時間があり質問・答弁を含めて40分以内です。当局がだらだら答弁しているとあっという間に時間が無くなります。

電光掲示板があり、残り時間を表示していますが、0になると誰がしゃべっていても発言終了です。そのためみんなが早口で、のんびりした田舎者には良く聞き取れません。

良く理解して質問・答弁をしていると感心したら、どんな質問をするか事前に聞き取りがあり、それ以外の質問はしてはいけないようです。再質問、再々質問にも当局はすぐに答えますが、よく見ると答弁書をしっかり読み上げていました。

何だ、朗読大会じゃん。感心して損した。

他の議会を傍聴するのもある意味勉強になりました。

庭山議員、なすカレーごちそうさまでした、またお願いします。

帰りはR122⇒県道333⇒県道102⇒県道16⇒空っ風街道⇒県道70⇒赤城IC⇒小出ICで帰宅。

走行距離は288kmでした。

一般質問について、

| コメント(0) | トラックバック(0)

市長の答弁は執行部が作った答弁書を棒読みするだけなので質問とかみ合いません。再質問、再々質問の答弁も内容を理解していないので答えられないようです。
頑張って質問致しましたが、この執行部の態度に腹が立つやら、気が抜けるやら。

エコカーについては重箱の隅を突っつくようで不本意ではありますが、財政課に掛け合っても何も変わりませんでした。
市長の直訴して一件だけは延期し内容を変更しましたが、とても満足のいく変更ではありません。
これからも車両の管理状態を調査するつもりです。

井戸については8/24の復興基金調査特別委員会でも調査結果は出ず、私が県の意向で調査結果が出せないのなら、本当に市独自で調査したのか、その調査の記録(いつ、どこで、誰が、何を調査したのか)を提出しなさいと迫ったところ、纏めていないので10日くらいで出せると思うというので待っていたら、未だに出てきません。また嘘をついたな!

8/31に市長とギチョウが復興基金事務局に出向き、早く調査結果を発表して欲しいとお願いに行ったそうですが、調査は終わったが、精査中なのでまだ出せない。
9月中には出して欲しいと強く要請してきたとの報告がありました。

どんどん先に行くだけです。
首を長くして待っていても出ては来ませんよ。

再質問(1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

話が前後して申し訳ありません。
9/15の一般質問の結果を全部載せました。
市長の答弁も纏めて載せてあります。

16日の昨日の一般質問の枕詞、一般質問(2)から(10)、一般質問市長答弁、再質問、再々質問の順にお読みください。

再質問(1)

エコカー更新ですが、7/13の補正予算2740万円付けましたが審議で金が来たから、まだ使える車両もこの際に入れ替えてしまう無駄遣いではないかと危惧され質問したとおりの結果であると考えます。

発注方法にも問題があるが、それ以前に車両の使用状況の把握、必要性を含めて、更新対象車両の選定、入替台数の確定、車種変更の理由、仕様や付属品の必要性等調査が不十分ではないか、予算ありきの入替車両の選定であり、不必要な仕様、装備が多すぎる。まだ使える車両は活用する。この際だから市有車両の総点検を行ない、稼働率の悪い不必要な車両は売却を含め整理する。
軽乗用8台、小型乗用8台では金額は軽く1000万を超えるが、一括発注はおかしいと思います。全体的に見てこの発注には疑問を呈さずにはおられない。ある意図を持って、特定の車種(業者)を選ぼうとしているように見える。そういった疑いを持たれないような発注方法にすべきだ。

また、性善説で考え悪意が無いとすれば、担当市役所職員の財政危機に対する意識を疑う。自分のお金で自分の車を買う場合にこんな選定方法はしないはずである。趣味の車ではなく税金で購入する仕事に使う車なので、豪華な装備は付けないようにし、なるべく低い価格帯から選べるように設定すべきと考える。
市長は施政方針演説で無駄をなくすなどといっておりましたが、このエコカー更新20台は無駄がないとお考えか。

再質問(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

復興基金井戸掘り事件について
私の調査では次のような事例があります。
個人情報ですので名前や地区名は伏せてお話し致しますのでわかりにくいかもしれませんがご勘弁ください。

Aさんの申請書についてお話しします。

1.事業対象に全く該当しない。
皆さん御存知の通り、中越大震災は魚沼市合併一週間前の平成16年10月23日午後5時56分に発生致しました。この日は私の結婚記念日ですので良く覚えています。
養鯉の申請者であるAさんはこのとき県外に在住しており、今の申請者の住所にはおりませんでした。ということで中越大震災の被害を受けられていない方ということです。

2.補助対象者に該当しない者。
また、Aさんは地震後にこちらに住所を移され、養鯉池、または越冬施設を借りて養鯉業を始められました。Aさんが○○市錦鯉生産組合に入会し、最初に会費を払ったのは平成17年○月○日です。地震発生当時は組合員ではないということです。

3.採択要件に満たない申請書。
Aさんの申請場所の越冬施設は本人のものではなく、Bさんのハウスを借りているだけであり、また、この施設に既存の井戸はありません。地震前の水源は水道水と用水路からの汲み上げである。

4.事前協議書に虚為または偽造のあるもの。
Aさんは事前協議を行っていない。市役所職員との面会は平成20年10月の1回限りでその後会っていない。

5.水源枯渇証明書に虚為または偽造のあるもの。
申請場所に一番近い地震前から存在する井戸は水源枯渇証明書に記載のあると思われる井戸(現地調査で削井位置に一番近い既存の井戸)はCさん所有の井戸であり、昭和63年に約30m掘削して設置した井戸だが、浅井戸のためか、廻りの消雪パイプの井戸のためか震災前から枯渇しており、地震のために枯渇したものではない。
この書類は区長または町内会長に水源枯渇(減少)の確認を求めるもので区長印を捺印する公文書である。申請場所は地番こそ○○とあるが、△町内に当たり、△町内会長の証明書が必要であるが、証明者は○○区長Dさんであり、この証明書自体に有効性はない。また、○○区長Dさんは申請地に補助金対象に該当する井戸が存在しないことを承知していたので現地確認をしないで署名捺印した。

再質問(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

再質問(3)

6.利害関係同意書に虚為または偽造のあるもの。
利害関係者同意書に記載のある同意者は3人です。
Bさんはそのハウス所有者で、削井位置から直線距離で約850mに、Eさんはその土地の所有者で、削井位置から直線距離で約1,050mに、Dさんは○○集落の区長で、削井位置から直線距離で約900m離れている○○集落中央部に住んでいます。
この書類は説明するまでもなく、当該事業により削井しようとする井戸が近くの井戸に影響を与える恐れがあるのでその井戸の持ち主、または将来隣接地で井戸を掘る予定者から当該井戸の位置、深さ等に異議がないという同意書であるが、実際の削井した場所から約1km離れた3人の同意署名が有効とは考えられない。
平成20年12月15日午後6時30分にEさんに電話で確認したところ、Bさんが持参した同意書の署名は鉛筆書きのままで印鑑を押したが、申請者名は空欄だった。という。

7.実施設計書、見積書もしくは積算書の写しが無いもの。
Aさんは施工業者からの見積りをみたこともなければ、施工業者と話をしたこともない。

9.領収書の写しなど支払を証する書類の無いもの。
Aさんは請求書もみたことがなければ、支払いもしたことがない。

10.以上の9点を総合して不適切な申請、または常識的に考えて市の審査を通過出来ないと思われる申請書。
Aさん本人の供述によると、平成20年10月にFさんがAさんを訪ね、タダで井戸が掘れると持ちかけ、その日の内に前市長に引き合わせ、Aさんが申請するので宜しく頼む。と挨拶をし、その後、農林課に連れて行き職員に申請書類作成を命じたとのことです。Aさんは申請書の作成はしていないし、みたこともない。

このような申請書があることを承知しておりますか。

再質問 市長答弁

| コメント(0) | トラックバック(0)

再質問

市長答弁
エコカー更新ですが、ある程度、それなりにきちんと段階を踏んでの調査をした中で購入を決めたと言うことになっております。そして、それぞれ使う場所によって用途は変わりますので、全体として本当にこれが無駄かどうかということは申し訳ありませんが私の中では、個々に全部調べたわけではないのでこの場ではお答えできない。

井戸につきましては現状を議員が調査された内容だとは思いますが、これも9月中を目途に何らかの形で調査結果を公表させて頂きますし、今そのとりまとめをしている段階です。それが出てからで無ければ、今の議員の調査した内容についても実態が明確になってはこない。

再々質問(1)と市長答弁

| コメント(0) | トラックバック(0)

再々質問(1)

エコカーについて

高い車が入札すると安く買えるんですよと小峰君は言いましたが、今回の落札価格をみても異常に安い、赤字で入札しているところがほとんどでしょう。業者は赤字のままでは落札する意味がないのです。その赤字を当然回収しようとするはずです。

以前NECのパソコンの一円入札が話題になったことがあります。一円で落札してもその後の保守点検、入れ替え時には回収できると踏んでの入札です。
今回のエコカーでは落札業者に車検整備等を依頼するとは限りません。とありますのでその文言を素直にとれば心配はないかもしれませんが、そこに依頼しないとも限りません。

談合の廃止と入札制度の仕組み作りはワンセットであるべきです。
企業は抛っておくと将来の儲けを考えて安値を出したり、悪い事をしてでも儲けたい会社が出てきます。
公正な競争と妥当な入札が求められる。と思われるがいかがでしょうか。

再々質問(2)と市長答弁

| コメント(0) | トラックバック(0)

再々質問(2)

井戸掘り事件について

こういう申請書があるのではないかと見せて頂きたく8/31に副市長のところに伺い、閲覧させてくれと申し入れたところ、個人情報なので見せられない。
私は公表してくれとは言っていない。ここで見たい。貴方が見られて、私が見られない理由は何か。私は仕事ですから。私も仕事ですが。では議員としていらしたわけですね。議員個人には調査権はない議会を通してくれ。

私は貴方より給料は安いですが、同じ特別職の公務員です。お互い守秘義務があるのもおわかりですよね。私に見せたら巷に漏れるなどと発言すれば侮辱罪で訴えますよ。と迫っても、大桃さんには見せられない。
大桃さんが住民課に来て他の人の住民票を見せてくれといわれるのと同じです。といわれ。小島総務課長からは資料請求は議会を通して議長名でしなさい。ルールを守らない議員はダメだとまでいわれました。資料請求ではなく閲覧させてくださいと言うと閲覧の理由を言え。見たいからと答えたら、理由がなければ駄目だと言われました。

あきれて、ここでまた「何で!」と大きな声を出したら、翌日に会派代表を通して、市役所で大声を出したり暴れたりしないよう注意を受けました。
このように執行部は理由にならない理由でかたくなに見せない。見せたくないという事がはっきりしました。

もう見せてくださいとはいいませんのでご安心ください。

次の手段を執ります。

これは感想や意見ですので回答は結構です。エコカーについてはお答えください。

以上です。

市長答弁
エコカーにつきまして皆さんには必ずしも満足のいく結果ではないのかもしれませんが、今後購入の後、修理等は出来るだけ小分けにし、各業者に広く修理の機会があるように検討する

一般質問市長答弁(1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

一日分は上から読めるように書いた方がよいと由紀さんからアドバイスを頂きました。
私は竹原さんや由紀さんの過去のブログをみるときには1日分が上から書いてあると読みにくかったもので、(2)に続くとか表示をしてみましたが読みにくいですかね。
何かいろいろになり見難くて済みません。少し考えてどちらにするか決めます。

市長答弁

(1)小型乗用車8台発注についてです。
1.8台一括発注の理由は何か。
 纏めた方が取得コストの低減と事務量の軽減が図れる。

2.CVT搭載車とした理由は何か。
 燃費の向上が期待できCO2削減にも効果が期待できる。

3.ABS搭載車とした理由は何か。
 特に冬期間のスリップによる交通事故を防止するため。

4.小型貨物では駄目だったのか。
 長距離の出張にも対応するため、運転による疲労の軽減を勘案した。

(2)軽貨物車4台についてです。
1.は(1)-1と同じ理由で分割はできなかったのかということです。
 (1)-1と同じ。

2.ABS搭載車とした理由は何か。
(1)-3と同じ。 

3.PS,PWを付属品として指定した理由は。
 一般的に普及している装備のため、職員個人の自動車と違和感なく運転できること、ひいては交通事故防止に寄与する。

一般質問市長答弁(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

大平市長答弁

(3)延期になった軽乗用車8台についてです。
1.については前の1の質問と同じですので回答が同じでしたら同じとお答えください。
 (1)-1と同じ。

2.4WDに限定した理由は
 山地が非常に多く、業務によっては冬期間それらの地域に出向かなければならない。
軽は車重が軽くFFでは冬期間のスリップや坂道での走行不能状況になることがある。

3.4ATもしくはCVT搭載車に限定した理由は何か。
 3ATよりも高燃費となることが期待できCO2の削減にも効果が期待できる。
 職員の中にはAT限定免許保持者もいることからAT若しくはCVTは必要不可欠である。

4.ABS搭載車とする理由は
(1)-2と同じ。 

5.室内高を1300mm以上とした理由は。
 全ての職員が無理なく運転でき、ある程度の荷物積み降ろしも容易にできる軽乗用車ということで1300mmとした。

6.なぜ延期になったか承知しているか。
 調査不足で該当車種は2社3車種であることが判明した。3車種あることから入札には問題がないが、不公平が生じる事の観点から見直すべく入札を延期した。

7.不正と思われる発注を是正する為に何を変えたのか。
 室内高1300mmははずした。

(4)更新され、廃車になる車両について
1.対象廃車車両の選定は適正か。
答弁なし。

2.廃車車両に対する更新車両の選定は適正か
答弁なし

3.廃車は一次抹消、永久抹消のどちらか。
落札業者(引き取り業者)が決める。 

4.仮に一次抹消とした場合、重量税、補助金の取扱いはどうか。
 重量税は月割りで業者から徴収、補助金は対象とならない。

5.廃車対象車両の残存価値はいくらと算定したのか。
 車両は0円。

6.落札業者がその車両価格を5万円以上とすると思うか。
 5万円以上とはならない。

7.仮に車両価格を5万円以上とした場合の取り扱いは。
 財務規則により5万円以上なら競売に掛ける。

8.廃車(一次、永久抹消)の状況、競売に掛かった場合の落札金額等、廃車車両のその後の状況を調査し公表するか。
 公開していない。情報公開条例の請求、議会からの請求等あれば対応する。

一般質問市長答弁(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

大平市長答弁

2.復興基金井戸掘り事件について
1.事業対象に全く該当しない申請書は何件か。
 調査中に付き答えられない。

2.補助対象者に該当しない者の申請書は何件か。
 調査中に付き答えられない。

3.採択要件に満たない申請書は何件か。
 調査中に付き答えられない。

4.事前協議書に虚為または偽造のあるものは何件か。
 調査中に付き答えられない。

5.水源枯渇証明書に虚為または偽造のあるものは何件か。
 答調査中に付きえられない。

6.利害関係同意書に虚為または偽造のあるものは何件か。
 調査中に付き答えられない。

7.実施設計書、見積書もしくは積算書の写しが無いものは何件か。
 調査中に付き答えられない。

8.出来高設計書もしくは整備後写真が無いものは何件ありますか。
 調査中に付き答えられない。

9.領収書の写しなど支払を証する書類の無いものは何件か。
 調査中に付き答えられない。

10.以上の9点を総合して不適切な申請、または常識的に考えて市の審査を通過出来ないと思われる申請書は何件ありますか。
 調査中に付き答えられない。

11.申請書類の中に刑法155条公文書偽造等、同156条虚為公文書作成等、同158条偽造公文書行使等の文書偽造の罪に当たると思われる申請は何件ありますか。
 調査中に付き答えられない。

12.上記の文書偽造に職員が関わっていましたか。
 調査中に付き答えられない。

13.関わっていたとすれば懲戒処分にしますか。
 調査中に付き答えられない。

14.告発すべしとの声があるが、その場合の対応は考えていますか。
 復興基金の結果を踏まえ、関係機関と協議しながら対応していく。

15.事件は未解決だが、長引かせた当局の責任はどう取るつもりですか。
 責任の重さを痛感している。8/31にギチョウとともに復興基金に早期解決を要請してきた。9月中を目途に何らかの形で調査結果を発表したい。

何にも答えて頂けない。

また、新聞です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

新潟日報17日朝刊にまたまた告発準備の記事が載りました。

日報はHPに全ての記事が載っていませんので転載します。

昨日、取材を受けています。

準備は数ヶ月も前からのことですが・・・。

業者の目的外使用を魚沼市議が告発へ
県中越地震復興基金の補助による農業・養鯉用井戸の目的外使用問題で、魚沼市の大桃聰市議が同市の養鯉業者を補助対象の要件を満たさずに申請したなどとして詐欺未遂容疑で小出署に告発する準備を進めていることが16日までに分かった。
同基金の補助金は、地震で水源が枯渇した農家や養鯉業者を対象として600万円を上限に井戸掘削費用などを100%補助する。
同市議は、この業者が同市で養鯉業を始めたのは中越地震後だったが、震災で水源が枯渇したとして新たに掘った井戸を申請したとしている。
市議によると、補助金は未交付のため、未遂として告発の予定だ。

強く申し入れたら名前が正しく載りました。なんだ、できるじゃん。

一般質問(10)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(9)より続き

7.実施設計書、見積書もしくは積算書の写しが無いものは何件か。
原則複数見積りとあるが、複数無い申請書は何件ありますか。

8.出来高設計書もしくは整備後写真が無いものは何件ありますか。
9.領収書の写しなど支払を証する書類の無いものは何件か。
この要項では業者に申請者が費用を支払い、その領収書の写しまたは支払いを証する書類の添付を義務づけているが、これの無い申請書は何件ありますか。

10.以上の9点を総合して不適切な申請、または常識的に考えて市の審査を通過出来ないと思われる申請書は何件ありますか。

11.申請書類の中に刑法155条公文書偽造等、同156条虚為公文書作成等、同158条偽造公文書行使等の文書偽造の罪に当たると思われる申請は何件ありますか。

12.上記の文書偽造に職員が関わっていましたか。

13.関わっていたとすれば懲戒処分にしますか。

14.告発すべしとの声があるが、その場合の対応は考えていますか。

15.事件は未解決だが、長引かせた当局の責任はどう取るつもりですか。

以上長くなりましたが番号順に答弁漏れのないよう誠実にお答え願います。

一般質問(9)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(8)より続き

3.採択要件に満たない申請書は何件か。
この事業の採択要件は用水施設の新設及び修繕等にあたっては以下の要件を全て満たすものとする。とあり、農業の場合は、
本事業により確保する水源に依存する農地が確実にあること。
事業実施前に、施工場所、施工方法等について施工場所の属する市町村に事前協議を行うこと。
事業を行うために締結する請負契約は、原則として複数業者の見積りあわせにより行うものとする。
国の災害復旧事業の関係で現地に入れなかった等復旧が遅れていることにやむを得ない事情がある事業であること。

養鯉の場合は
本事業により確保する水源に依存する養鯉池もしくは越冬施設が確実にあり、その養鯉池にあってはその受益面積が10a以上であること。
事前協議と見積りあわせは同じです。これに満たない申請書は何件ありますか。

4.事前協議書に虚為または偽造のあるものは何件か。
先ほどの要件の中に事前協議をしなければならないとあるが、していないのにしたように見せかける虚為または偽造のある申請書は何件ありますか。

5.水源枯渇証明書に虚為または偽造のあるものは何件か。
添付書類に水源枯渇証明書があるが、この証明書に虚為または偽造のある申請書は何件ありますか。

6.利害関係同意書に虚為または偽造のあるものは何件か。
利害関係同意書について、利害関係者とは思われないものが同意し、または同意するべきものが同意していないなど、虚為または偽造のある申請書は何件ありますか。

(10)につづく

一般質問(8)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(7)よりつづく

2.復興基金井戸掘り事件について
こちらも財政再建、無駄を省くという観点からですが、この問題で議会も、市役所も振り回されております。調査費用をはじめ、多額の費用が掛かっております。視点を変えればこれも無駄遣いだと思います。

長引けば長引くほど、費用が掛かり迷惑が多方面に及びます。早期解決に向け、お互いに努力したいと思いますので宜しく願いします。

県の調査結果発表についてはどんどん先に伸びまもなく稲刈りが終われば、すぐに雪が降ってきます。一年経っても何にも解決しないのでしょうか。このままにしておいてはうやむや派の思うつぼなので中川副市長をトップに設置された、市の調査委員会ですでに行ったと思われる申請書類の調査結果についてお聞きいたします。誠実にお答えください。

1.事業対象に全く該当しない申請書は何件か。
これは御存知の通り中越大震災の影響により農業用水または養鯉に必要な用水が枯渇、減少し代替え用水の確保の支援を行うことです。
補助事業対象は代替用水施設の新設、井戸の修繕ですがこれに全く該当しない申請件数は何件ありますか。

2.補助対象者に該当しない者の申請書は何件か。
農業の場合は、中越大震災の影響により湧水・地下水が枯渇または減少した所で代替え用水を確保しようとする農業者及び農業者で構成する団体。
養鯉の場合は以下の全てを満たす者で中越大震災による養鯉池被害面積が20%を越える市町村内の被災養鯉池等を現に利用しているまたは今後利用しようとする者。中越大震災により、既存の水源を失い、新たに同一水源で越冬施設及び受益面積10a以上の養鯉池水源の確保が必要な者とあり、これに該当しない申請件数は何件ありますか。

(9)につづく

一般質問(7)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(6)からの続き

4.仮に一次抹消とした場合、重量税、補助金の取扱いはどうか。
引き取り業者がもったいない車両ということになると、一時抹消となると思いますが、その場合の重量税、もらえるはずの補助金の取扱はどうなりますか。
ちなみに重量税も永久抹消しなければ返還されません。

5.廃車対象車両の残存価値はいくらと算定したのか。
入札業者はこの車両も価値があると判断し、相当な値引きをしたと思われますが、当局としてはいくらと判断したのでしょうか。

6.落札業者がその車両価格を5万円以上とすると思うか。
これは財政課に問い合わせて聞いたものですが、引き取り業者に見積もらせ、残存価格が5万円を越えた場合は、市で競売に掛けるといっていました。
業者はもう貰ったも同然ですので5万円以上など付けるはずがないと思われますがいかがでしょうか。

7.仮に車両価格を5万円以上とした場合の取り扱いは。
あり得ないと思いますが、仮に5万円以上とした場合取り上げて競売に掛けるということでよろしいでしょうか。

8.廃車(一次、永久抹消)の状況、競売に掛かった場合の落札金額等、廃車車両のその後の状況を調査し公表するか。
私は本当に無駄が無かったと思いたいので是非、調査して公表して貰いたい。

(8)につづく

一般質問(6)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(5)より続き

(4)更新され、廃車になる車両について
この補正予算が上程されたときに、お金が来た、この際だからもったいない車も更新してしまおうということではないですね。と確認しましたよね。

1.対象廃車車両の選定は適正か。
各部署に希望をとったそうですね。
エコミュージアムで使用しているパジェロミニですが、年式は8年と古いが程度もいいので車検をとったばかりです。だめもとで応募したら当たったということです。今年の7/10に車検をとりました。
他に今年の4月、5月に車検をとった車両が7台もあり、何の計画性もありません。
また、財政課にあるアルトは7/28に廃車になっており、その後は乗らない訳ですから更新は必要ないと思われます。他にも車検満了まで乗れる車が何台もあります。

2.廃車車両に対する更新車両の選定は適正か。
エコプラントにあるホンダの軽貨物アクティは、小型乗用車に更新となっています。何で乗用車が必要か聞いたところ、年に1回米沢に最終処分場を視察に行くので、疲れないで長距離を走れる車が欲しいといわれました。
この車も8年式ですが、程度が良く車検は来年の6月まであります。4月からの5ヶ月間の走行距離は約725kmで年間換算1700kmです。こんなに走らない車は必要ないのではないですか。

3.廃車は一次抹消、永久抹消のどちらか。
子供店長などたくさんのCMが流れますが、13年経過した車をエコカーに買い換えると補助金が出ます。しかし、これはシュレッダーにかけ、証明書が発行され永久抹消しないと申請できません。平成8年以前の車については永久抹消するのでしょうか。

(7)につづく

一般質問(5)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(4)より続き

5.室内高を1300mm以上とした理由は。
今回の発注はこの項目をはずしたようですが、当初なぜこの項目があったのか、今までの仕様を当てはめるとだんだん車種が無くなり、この項目で一車種に限定されるのです。
担当の財政課小峰君は、使い勝手を考えて室内高を指定した。1300mm以上という数字の根拠は「キリ」がいいという返答だった。
「室内高が1295,1290、1275の車は該当にならないのか、そんな馬鹿な!」と、大声を出したことで、翌日ギチョウから電話で注意を受けることになりました。
その後の調べでこの条件を入れるとダイハツムーブしか該当にならず、おかしいと詰め寄ったところ、減税なしの三菱トッポがもう一台対象になります。と自慢げにいわれました。
この室内高1300mm以上とした理由をお答えください。

6.なぜ延期になったか承知しているか。
誰がみてもおかしい1300mm以上などと仕様を決め、購入車種を限定したのは、特定業者が落札できるように便宜を図ろうとしたのではないですか。

7.不正と思われる発注を是正する為に何を変えたのか。
私はこのように市民に疑われるような入札をすべきではないと考えます。
担当の小峰君が作ったものでしょうが、指名委員会を通過して出てきたものです。その指名委員会が正常に機能しているのか疑問です。

(6)につづく

一般質問(4)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(3)より続き

(3)延期になった軽乗用車8台についてです。
1.については前の1の質問と同じですので回答が同じでしたら同じとお答えください。

2.4WDに限定した理由ですが、私も雪国育ちですので、4WDがあればいいのは分かります。できれば自家用車も4WDにしたい。
しかし、4WDは高価ですし、燃費も悪い。よほど山間部でなければ4WDがないと走れない日は年に1日あるかないかです。
まして、市役所が勤務時間内に業務で使う車が、全て4WDでなければならないとは思えません。
適材適所で必要なところには4WD、他はFFという選択はできなかったのか。
エコカーの四つ星には、FFであればほとんどの車種が該当しますが、4WDとなると該当車種が半減致します。4WDを指定しFFを排除する合理的な根拠はあるのか。

3.4ATもしくはCVT搭載車に限定した理由は何か。
(1)?2の質問と同じです。値段の安い車には3ATという車種もあります。私が説明するまでもありませんが、ATというのはMTを自動で行う、という発想ですから当然ギアがあります。
普通、変速時にショックがあるのは、このギアが切り替わる為です。このショックを減らす為に、ATの多段化(ギアを増やす)を行い、乗り心地を良くしているのです。今や高級車には6ATというものもあります。ただ段数を多くすると高価になり重くなります。
というようなことから3ATが排除され、4ATまたはCVTを指定する理由が分からない。

4.ABS搭載車とする理由はですが、これも(2)?2と同じでメーカーでは必要を認めておらず、標準装備の設定がほとんど無く、オプションで装備する為割高になるものです。

(5)につづく

一般質問(3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(2)よりの続き

次は(2)軽貨物車通称ハコバン4台についてです。
1.(1)?1と同じ理由で分割はできなかったのかということです。

2.ABS搭載車とした理由は何か。
ABSについては軽の場合、車重が軽い為、ABSを付けても性能にあまり差がなく、高価な為、上位機種にメーカーオプションが一般的である。そのため価格が上昇する。

3.PS,PWを付属品として指定した理由は。
軽貨物にPS,PWが必要だとは思わないし、PWの付いた軽貨物をみたことがない。何で必要なのか小峰君に確認したところ「便利だから」と返答され体の力が抜けました。これも上位機種にメーカーオプションで装着するしか無い。2と3については費用対効果の面から豪華装備と考えるがどうか。

(4)につづく

一般質問(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

一般質問の枕詞より続き

では、通告に従いまして、大きくは2点についてご質問を致します。財政再建、または市長公約の無駄を省くという観点から最初はエコカー更新20台について伺います。

まず、(1)小型乗用車8台発注についてです。
1.8台一括発注の理由は何か。
緊急経済対策を受けての予算付けでしたが、指名業者も15社と市内全域をほとんどカバーしております。手間はかかりますが、分割発注をし、広く市内全域に経済効果が現れるような発注をしなかったのはなぜですか。

2.CVT搭載車とした理由は何か。
今はAT限定免許もあり、AT仕様は仕方のないことかもしれませんが、特別CVTでなければという理由が分かりません。
無段変速で、乗り心地がいいのは分かります。ただ、従来のATとくらべればまだ高価です。そのため乗用車にしか設定がなく通常バンと呼ばれる小型貨物は対象外です。
CVTとは無段変速機のことでベルト、チェーン、トロイダル方式があり、変速中の衝撃は無いが、ATに比べ歴史が浅く、ノウハウの蓄積が少ないことから、絶対的な耐久性・信頼性が確立されていないため、過酷な使用も想定される商用車に関してはATが採用される事例がほとんどであり、エンジンブレーキがATに比べ掛かりにくいという欠点がある。

3.ABS搭載車とした理由は何か。
昨今の交通事情から、安全面を確保したかったとは思いますが、上位機種しか設定がありません。ある意味豪華装備ではないかと思います。

4.小型貨物では駄目だったのか。
先ほどの2.のCVT搭載車ということで排除されますが、荷物を積むことを想定され、ステーションワゴンタイプを指定しているのですから、費用対効果の面から考えれば、小型貨物車で十分だと思いますがいかがでしょうか。

(3)につづく

昨日の一般質問の枕詞

| コメント(0) | トラックバック(0)

傍聴頂いている皆様も大変お疲れ様です。私が最後の質問者ということですので、今しばらくご辛抱願います。

前回の質問では再々質問の発言終了後、ギチョウから注意があり、数字を問われても執行部は答えられない、犯罪があるかのように決めつけた発言は慎むようにということでした。

後で議事録を確認していただけば分かりますが、私は数字を答えてくれなどと発言してはおりません。発言の中に細かな数字が出てくるのは、私の発言の信憑性を高めるために、独自に調べた数字です。

また、犯罪があるなどと決めつけた発言はしておらず、注意は不当であり、注意すべきは再質問、再々質問に誠実に答弁しない当局と考えます。

(ここでギチョウの顔色が変わったと思ったのは気のせいか。)

しかし、注意を受けましたのでそれを踏まえて、今回は質問の仕方を変えますので宜しくお願いします。

前回は大まかなところから次第に核心に、と思い組み立てましたが、今回は最初に細かい質問を致します。

通告から時間がありましたので、十分調べてご準備頂いたと思います。誠実にお答え頂ければ後は大まかな質問と致します。

また、最初は質問件数が多いですので、番号を付けて言いますから答弁漏れの無いように番号を付けてお答えください。
一般質問(2)に続く

何の取材も受けていないのに突然新聞に載りました。

昨日の一般質問を受けての記事だそうです。
名前が違うと猛然抗議致しましたが、決りなのでとかわされ、記事については準備をしていることは間違っていないので抗議しませんでした。

次の手段は告発か?

http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000909160003

一般質問二日目終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

一般質問二日目終了致しました。
今回はトリということで発言をさせて頂きました。

最初の枕詞で前回の一般質問でのギチョウの注意が不当だと言ったらギチョウの顔色が変わったと感じたのは気のせいか。
一般質問中の発言に個人名があったため真意を問われたが、市役所職員は公人であると考えております。と答えておきました。

再々質問終了後にギウンの告知があり、本会議終了後に開催すると突然宣告がありました。
私の再々質問を受けての開催と思い、これはまた注意か懲罰か、傍聴に行かねばと思い、静にしていたところ、委員長は特に私の発言を問題にしている様子もなく一般的な話で進めようとしていましたが、ギチョウが特に私を名指しで非難したいようで本人がいるので退席願えないかなどと発言。こちらは許可を得て傍聴しているのになぜ。
ギチョウの発言は、大桃さんの一般質問は決算審議の個別でやるべきで執行部の裁量権にまで踏み込んでの質問はいかがなものかという内容でした。

こちらは通告書を一週間前に提出し、議会事務局、ギチョウを通じて執行部に上がっているのに何を今更です。
他の委員の方も大半は同じ意見で一部個人名は良くないなどと発言していました。
結局、私にたいした注意もなく期待していた懲罰などもちろんありませんでした。
急遽開いたギウンは何だったのか今もって不明です。

最近は注意が物足りなくてもっとと思ってしまうのは危険でしょうか。

言いっぱなしは結構気分がいいですね。

次の手段を執ります。さあどうしよう。

一般質問二日目今日の最後に

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は一般質問二日目です。

通告期限の3日の正午まで議会事務局で粘り、トリを獲得致しました。

最後にいい放しで終わるのは気持ちがいいかも。

昨日の傍聴人は最高時で約10人でしたが、今日は何人かな。

一般質問1日目終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

長い一般質問1日目が終了致しました。
終了後、愛車のR100GSで山古志、川口の山中を50km走って来ました。
もやもやがすっきり。

他人の質問の答弁はあまり気になりませんが、市長が読み上げる答弁書の数字などたまにメモ書きしていました。

すると向こう側の執行部は全員答弁書の綴りを持っており、市長の読み上げに合わせるように一斉にめくります。
こちらの質問通告書は一週間前に出させておいて、そちらの答弁書は見せないってか。なんだそれ。おかしいだろ。

市長がつっかえつっかえ(読み間違いもある)読み上げているから答弁の意味が理解できません。
その日にでもこちらに頂ければメモを取らなくても良いのに。

たいした答弁じゃないからまあイッカ。

一般質問 1日目

| コメント(0) | トラックバック(0)

14.15と魚沼市議会は一般質問です。

9月14日
1.星  孝司 稲作への光(照明)公害について、総選挙の結果について
2.高野甲子雄 基幹病院について、非核平和都市のアピールは
3.佐藤  肇 地域医療再編計画について、観光振興について
4.大屋 角政 政権交代について、基幹病院構想について、
5.渡辺 一美 保育事業について、職員採用について、害虫対策について
6.住安 孝夫 学校統合計画について、生活交通について
7.森山 英敏 総選挙の結果について、来年度の予算編成について、
8.下村 浩延 専門科高校の設置、市長公約、所信表明の成果、と取り組み

9月15日
9.星野 武男 奥レク公園について、水道料金の統一、選挙時間の繰り上げ
10.関矢 孝夫 資源循環型社会の実現、
11.星  吉寛 固定資産税評価替えについて、有機センターについて
12.遠藤 徳一 温暖化防止と森林整備、地元産木材利活用モデル事業
13.本田  篤 発達障害児の支援策、中古車両の活用、小出病院について、
14.佐藤 貞一 経済危機対策臨時交付金について、入札について
15.佐藤 雅一 雇用対策と公務員の再就職について、
16.大桃  聰 エコカー更新20台について、復興基金井戸掘り事件について

10:00からです。
市議会議場は広神庁舎3階にあります。傍聴の手続きは、受付用紙に氏名等を記入するだけです。お気軽においでください。(議会だより)

こんな昼間に行ける人は限られています。

朝の勤行

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎月第二日曜は菩提寺 七日市の不動院で朝の勤行に行ってきました。

10月までは6:30より護摩焚き、勤行、法話があります。

かんじーざいぼーさーぎょーじんはんにゃーはらみったーじ

と朝から般若心経を唱えると身も心もすがすがしい気持ちになります。

皆さんもいかがですか、

エコカー更新について

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は雨ですので、一般質問や決算審議の通告書を作って過ごしました。

表題のエコカー更新ですが、7/13に緊急経済対策の補正予算で計上した2740万円を使って、20台エコカーに更新するというものですが、その時の質問でお金が来るからこの際もったいない車も更新するなんて事はないですよね!と念を押したにもかかわらず、更新する車両はもったいないものばかり、なんで!

今年の4月以降に車検を取った車が8台、なんとその内の1台は7/10に取ったばかりです。そのほか車検満了まで使えるものが何台もあり、本当にもったいない。

そんなにいい車に乗りたいのか!

何を考えているのか分からない。

今日は

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日は休会ですのでちょっとした用事で警察へ、その後、魚沼市の生んだ歌人宮 柊二記念館へ
魚沼市市制5周年記念 中越大震災復興記念 宮 柊二歌碑除幕式に出席致しました。
5年前、宮柊二記念館は中越大震災で大きな被害を受け、多くの方々から励ましの言葉や義援金をいただいた。おかげ様で復興できたことに感謝し、魚沼市制5周年の記念の年に宮柊二先生の歌碑を建立。(こんりゅうと読みます。)

その後は市役所に異議申立書を提出に行き、帰りにエコカーの入札調書を購入してきました。閲覧は無料ですが、コピーは一枚10円です。

午後からは小学校の祖父母参観日で、子供たちにけん玉、コマ回しなど教えてきました。(遊んで貰った)

(2)からのつづき

(公開しないことができる情報)
第7条 実施機関は、次に掲げる情報を公開しないことができる。
(1) 法人その他の団体(国及び地方公共団体を除く。以下「法人等」という。)に関する情報又は事業を営む個人の当該事業に関する情報であって、公開することにより当該法人等又は当該事業を営む個人の事業活動に明らかに不利益を与えると認められるもの。ただし、次に掲げる情報を除く。
ア 法人等又は事業を営む個人の行為によって生ずる危害から人の生命、身体又は健康を保護するため、公開することが必要と認められる情報
イ 法人等又は事業を営む個人の違法又は不当な行為によって生ずる重大な支障から市民の生活を保護するため、公開することが必要と認められる情報
ウ その他公開することが公益上必要と認められる情報
(2) 市の機関内部若しくは機関相互間又は市の機関と国、他の地方公共団体(以下「国等」という。)の機関との間における意思形成過程における情報であって、公開することにより、公正かつ適正な意思形成に支障を生ずるおそれがあると認められるもの

私の主張のほうが正しいと思いますがどうでしょう。

異議を申し立ててなんと返事が来るか待ってマース。

(1)からのつづき

魚農地第1055号に対する異議申し立て理由
(3)本件処分の理由として、以下の記載がある。
魚沼市情報公開条例第6条第2号、同条例第7条第1号及び同条例第2号に該当

(4) しかし、以下のことから本件処分には理由がない。
魚沼市情報公開条例第6条第2号ウの除外規定及び、同条例第7条第1号の除外規定イ、ウに該当する。
同条例第7条第2号は申請者が申請書類に記載した情報であり該当しない。


8/19日請求の魚農地第1056号、魚農地第1057号は
Aさん、Bさん申請の震災復興基金事業(養鯉池水源確保支援事業)に関わる全ての申請書。
補助金交付申請書兼実施報告書兼請求書及び添付書類。
農林水産対策事業(養鯉池水源対策支援)事前協議書。
水源枯渇(水量減少)証明書、利害関係者同意証明書。
の公開を求めたもので

公開しないと通知が届きました。

公開できない理由
 魚沼市情報公開条例第6条第2号に該当

異議申し立てのの理由
(4) しかし、以下のことから本件処分には理由がない。
魚沼市情報公開条例第6条第2号ウの除外規定に該当する。

読んでもよく分からない条例

魚沼市情報公開条例より抜粋
(公開してはならない情報)
第6条 実施機関は、次に掲げる情報を公開してはならない。
(1) 法令又は条例の規定により公開することができないとされている情報
(2) 個人に関する情報(事業を営む個人の当該事業に関する情報を除く。)であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るもの。ただし、次に掲げる情報を除く。
ア 法令又は条例の規定により何人も閲覧することができる情報
イ 公表することを目的として作成し、又は取得した情報
ウ 法令又は条例の規定により行われた許可、認可、届出その他これらに相当する行為に際して作成し、又は取得した情報であって、公開することが公益上必要と認められるもの

(3)につづく

8/13に提出しておいた情報公開条例に基づく請求書は8/26に延長の通知があり、8/19に提出した請求書と一緒に9/1に決定通知書が届きました。
本日その理由に対して異議を申し立てます。

8/13に提出した請求の内容は
震災復興基金事業(農業用水水源確保支援事業、養鯉池水源確保支援事業)に関わる全ての申請者名、施工箇所、施工業者名。

通知書 魚農地第1055号

決定
 公開できない情報を除いて公開する。

公開する情報の内容
 震災復興基金事業(農業用水水源確保支援事業、養鯉池水源確保支援事業)に関わる全ての施工箇所の一部

公開できない情報の内容
 震災復興基金事業(農業用水水源確保支援事業、養鯉池水源確保支援事業)に関わる全ての申請者名、施工業者名

公開できない理由
 魚沼市情報公開条例第6条第2号、同条例第7条第1号及び第2号に該当

一部公開として手元に来た資料は
施工箇所集計一覧表一枚です。
注、施工箇所は大字名で表示
地区名    大字名   箇所数
堀之内地区  魚野地     12
       大石      2
       下島      14
       田川      11
       徳田      5
       根小屋     7
       原       22
       堀之内     6
       明神      10
       吉水      19
       竜光      20
       和長島     2
小出地区   十日町     1
       干溝      2
広神地区   池平新田    1
       今泉      1
       江口      1
       大芋川     6
       栗山      1
       小庭名     2
       小平尾     6
       新保      2
       中家      1
       水沢      14
       茂沢      3
       吉原      1
守門地区   三渕沢     2
入広瀬地区  大栃山     1
       横根      2
 合計           177

こんなん頂きましたけど、前から分かっている資料を一覧表にしてくれただけですか?

(2)につづく

      

可決されました。22対1

| コメント(0) | トラックバック(0)

残念ですが22対1の大差で可決されました。

井戸掘り事件の二の舞にならなければよいのですが心配です。

次は一般質問と決算質疑の通告書を作らなくちゃ。

反対の立場から討論致します。
この花き組合のハウスについては地震の翌年の豪雪によって被害を受けた物が大半です。冷蔵庫に至ってはJAの持ち物で確かに花き組合が使ってはいますが、管理運営は農協です。担当者鈴木さんにお聞きしたところ、30年経っているのでいつ壊れるか分からないので早く何とかして欲しい。とのことです。
農協は補助金対象者となり得ないので、花き組合に無償譲渡し、花き組合で補助金を受けるそうです。
ハウスは耐雪型で41棟作る計画ですが、利用組合数は8で総戸数は31戸の農家です。お一人で何棟も立てられる方がいらっしゃいます。名義は組合の物ですが、個人の持ち物と言っても過言ではありません。
また、落雪を消す為に井戸を一棟あたり2,3カ所も掘らなくてはならず総数で100カ所以上です。当局が公表しないので正確な人数は分かりませんが、この構成農家の中に井戸掘り事件の申請者がたくさんいるはずです。

もともと、19年に市が県に働きかけこの事業がスタートし、20?24年で行うと合意を得ていたにもかかわらず、井戸の問題で所得税がかかることが分かり、話が違うから何とかして欲しいというのが事の始まりと考えます。

そのため復興基金も4/27に要綱を改訂し、市町村が補助を受けられるようにしたと聞きます。振興局の企画振興課の宮島さんに確認したところ承知しているようで、制度的には問題がないかもしれません。

しかし、花き組合で復興基金に申請しても補助金が出るのに、なぜ、わざわざ魚沼市が補助金要綱まで新しく作り、税金逃れの為の便宜を図らなくてはならないのか理解が出来ません。

この復興基金は地震の被害があった地域が対象です。特に地震に直接被害が無くても地域が該当すれば申請できます。
小出、湯之谷地域は対象外ですので大雪で何かが壊れても申請できません。そのほかの地域は申請すれば補助金が出るのですから、所得税ぐらいは自分で払って当然だと思います。
税負担の公平性からいって一部特定市民に対する違法な優遇処置ではないか、市民平等の原則から逸脱していると思われる。

よってこの補正予算案には反対いたします。

(1)からのつづき
昨日議会終了後の全員協議会があり、この補正予算について執行部から説明がありました。全員協議会があるとは聞いていましたが、市長はじめ執行部が全員揃っての協議会とは・・・

所得税の話ですが、財団法人である復興基金事務局からの補助金には当然かかります。ところが国、県、市町村からの補助金にはかかりません。
なので、魚沼市から補助金を出せば税金がかからないということでこの補正予算なのです。

敵もさるもの、花き組合だけでは無理と踏んだのか、この際だから他の案件も片づけたかったのか、地域営農活動支援事業4億9百万円、地域特産化支援事業6百万円という物をつけてだしてきました。
はっきり分かりませんが、井戸の問題で復興基金からの補助金はの井戸以外も支払いが止まっている為、かなり苦情が寄せられているようです。

特産化についてはある特定企業に補助をするというような内容ですがはっきり言いません。計画書も出ていないとか。問題があると踏んだのかこれをはずして上程する可能性があります。

私にいわせれば泥縄な補正予算案ですので、説明もつじつまが合わないし、質問が続発し、的確に答弁も出来ません。
このていたらくで本日上程、即決でお願いしたいとの一点張り。

所得税の軽減に市が特定の市民の補助事業に関与し、市の補助金要項まで新たにつくり、慌てて補正予算を通さなければならないのはどう考えてもおかしい。

井戸のせいで補助金が停止され困っている方が多数おられるとは聞きます。何とかしてあげたい。でもその原因である井戸の問題をここまで長引かせた市当局の責任なのです。その解決も出来ないのに・・・私一人で反対しても通ってしまいます。
またこの問題が大きくならなければ良いのですが。

9月定例議会が始まりました。議場に行くのが憂鬱です。

 作業服で出たらまた注意を受けました。通算6回目
 みんなと同じでないと風紀を乱すのでギチョウに申し出ないといけないんだとか、それも議会終了後の会派の勉強会で会派代表に言われました。代表はその前にギチョウにいわれたらしい。作業服が風紀を乱すとはどういう事か聞いてみたいが、朝から何回も会っているのに直接いわないギチョウに聞きたくもない。
 へいへい、今日は一張羅のスーツにネクタイ、バッチを付けて行きますがに、それでよろしいか。

 先日、ギウンの傍聴で補正予算が出ることを初めて知った。
内容は以前から話があった堀之内の花き組合の補助金らしい。

 今回の補正予算は堀之内の花き組合にやいのやいのといわれ急ごしらえで出て来たものです。
もともと、この事業は星野市長の時当時の大渕課長がJAと花き組合の意向を受け県に働きかけたもので、県は補助金を出すことに同意していました。ところが井戸の問題で申請がストップし、その間に一時所得税の問題が浮上しました。

 補助金で掘った井戸にも所得税がかかることは当然ですが、どなたもご存じなく特別委員会の質問で総務課長が税務署に電話して確認しました。

 花き組合はこの所得税を圧縮記帳できなければ話が違うとごねだし、県に間接補助(市町村が補助対象者となる)の要項を4/27に追加しました。しかし、井戸の問題ですぐに対応できず、ずるずると引き延ばしていたが我慢しきれず今回の補正で出してきました。

総事業費11億7千万円、
パイプ、鉄骨造耐雪型ハウス41棟9億円、冷凍・冷蔵施設1棟1億7千万円、直売所建設1棟1億円となっています。
 吉水の園芸流通センターにある老朽化した既存の冷蔵庫はJAの物で、JAは補助金対象者にならないので、このおんぼろ冷蔵庫を花き組合に譲って補助金を貰おうということです。
 耐雪ハウスは○○地区利用組合という名前で作りますが、この利用組合は全部で8組合、構成戸数は31戸です。農業者3戸以上で構成するという条件なので3戸のところもあります。また、耐雪ですので落ちた雪を消すのにまた井戸を掘ります。大きさにもよりますが一棟に2.3カ所は必要でしょう。総数で100カ所以上です。
(2)につづく

たまに息抜き。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 日曜日に天気がいいし、午後からぽっかり時間が空いたので、たまにツーリングに行ってきました。
 野沢温泉でフキヤまんじゅうを買い、志賀草津道路を通って草津へ西の川原の露天風呂に入ろうと思ったのですが、時刻はすでに4時を回り家に付くまでに暗くなると思いあきらめ、小渕優子の地元、中之条でリンゴを買ってまっすぐ帰ってきました。
 約350km走りました。このルートはもう少し寄り道をして一日コースなのですが半日駆け足ですと結構腰に来ます。温泉に入りたかった。

 阿久根の竹原市長が課長を一般公募しております。試験は作文と面接です。

 こんな事を言うと支持者に怒られますが、試験を受けてみたい。

 たぶん給料は安いですが、魚沼市議会議員よりやりがいがあるような気がします。

(4)からのつづき
平成21年4月27日 第6回復興基金水源確保調査特別委員会
 要望書を作成した。

平成21年4月28日 復興基金水源確保調査特別委員会
 復興基金事業(農業用水、養鯉池水源確保支援)に関する要望書を市長宛に提出した。

平成21年5月10日 民報うおぬま(共)52%が市長選挙前後の2ヶ月に集中 その時期何があったのか、背景には何があるのか解明が必要
 事業開始はH17/7、対象は農業者の団体、300万円、補助率2/3。17年、18年の2年間申請は一件も無し。H19/5事業内容改訂。対象は個人でも良い、600万円補助率10/10市報おしらせ版19/6/25号に掲載。その後の一年間はごくわずかの利用者しかいなかったが、昨年5月頃から次第に利用者が増え始め11月23件、12月56件と急に増えます。
 何らかの働きかけがあったのか?

平成21年5月12日 第7回復興基金水源確保調査特別委員会
 4/28要望書提出の報告がある。

ここまでが選挙前までの経緯です。

特別委員会の議事録が手元にありますが、委員はそれなりの質問をしていますが、執行部の答弁はのらりくらりと責任転嫁に終始し、本気で調査をしているのかとても疑わしいですが、委員の皆さんはとても人がいいのでもう少し待ってといわれれば、ハイ待ってます。というような委員会でした。

この後、任期満了に伴う議員改選で26人いた現職のうち11人が不出馬となり、定数減で定員が24人のうち新人9人、元1人、となりました。

前にも書きましたが、この事件に関与した議員が発覚をおそれ出馬しなかったのではというのがおおかたの見方です。

(3)からのつづき

平成21年3月6日 第3回復興基金水源確保調査特別委員会
 現地調査や調査項目について、農林課の対応について、建設業法違反の有無、今後の日程について、質疑があり、業者名公表の要望も出された。
 復興基金水源確保事業現地調査報告書
 農業用156件中、適正57件、要精査88件、不適正11件。養鯉用21件中、適正14件、 要精査4件、不適正3件。

平成21年3月24日 一次調査に係る追跡調査(?4/2)

平成21年3月26日 第4回復興基金水源確保調査特別委員会
 問題解決まで代金が支払われないため、業者から資金繰りが出来ないとの深刻な問題も提起され、セーフティネット資金活用の説明がある。

平成21年4月14日 同特別委員会と財団法人新潟県中越大震災復興基金事務局との懇談会
 山間地等の一次調査に係る現地補足(?4/16)

平成21年4月16日 第5回復興基金水源確保調査特別委員会
 施工業者ヒアリング等による二次調査(工事費内訳等)

平成21年4月17日 新潟日報 悪質例には法的対応も
 16日特別委員会で、市長は「調査によって悪質であると認められた工事業者に対しては法的な対応を取ることも検討していきたい」
 市などによる一次調査で177件中14件が目的外使用。
 現在、施工業者への聞き取り調査中で今月中に工事価格が適切かどうかなどについて判定する方針。

平成21年4月19日 民報うおぬま(共)震災復興基金のよる井戸掘り問題、議会で調査特別委員会設置
 申請窓口となった市役所の対応が適切であったかどうか?施工業者名の公表もせず、問題の解明にはほど遠い。

平成21年4月23日 越南タイムズ うやむやでは済まされない問題
 4/16、4回目の委員会開催、県の事務局と非公開で行った懇談会の議題を協議。執行部に「二次調査」の進捗状況の確認、説明を求めた。市長「本日より31社の施工業者に対して、面接による聞き取り調査開始し、18日までには終わる。現地調査は4月中に終えたい。最終報告はその後。「調査費の半分500万円を予算に計上したい。」 業者から無料で井戸を掘ると持ちかけられた、地震当時には住んでいなかった人が申請している等紹介され不正な事実や詐欺的申請には刑事告発すべき。
 大平市長「うやむやには済まされない。調査結果を踏まえ、法的処置を含め適正な対応をしたい。」
(5)につづく

(2)からのつづき
平成21年2月12日 新潟日報 復興基金補助金全152件調査へ
 市と復興基金事務局は12日、市内で補助金支給が決まっている152件全てを詳しく調査することを決めた。
 市長「市で調査チームをつくった。まずは全件の実態を調査し、その上で業者との関係をはっきりさせていきたい。」
 全件について1.農業者以外からの申請の有無2.目的外利用の有無3.工事単価の妥当性等を調査し、問題があった場合には補助金の返還請求など検討。

平成21年2月13日 新潟日報 特別委員会設置
 市議会は13日。全員協議会を開き全員参加の特別委員会を設置する事を17日臨時会で議決する。議会の一部にはより調査権限の強い百条委員会の設置を求める声もあり、調査の行方のよっては設置もあり得る。
 市側が25日をめどに一次調査の結果をまとめる考えを示した。

平成21年2月13日 全員協議会 公開で行われる
 星 謙一議員(現ギチョウ)百条委員会設置をと発言。

平成21年2月17日 臨時議会 復興基金水源確保調査特別委員会の設置
 第1回復興基金水源確保調査特別委員会
 星 謙一議員(現ギチョウ)100条委員会も視野に入っているのかとただすも高橋和福議員にかわされる。

平成21年2月22日 民報うおぬま(共)市議会、復興基金水源確保調査特別委員会を設置 地震から4年経ってこれほどの農業・養鯉用水被害が?
 2/17の臨時議会で「復興基金水源確保調査特別委員会」を設置。委員長神保隆、副山之内伸一郎。農業用152件。内訳(入3,守1、広34、小2、湯0,堀112) 養鯉用22件(小4,堀14、広4)農業用152の形態(横42,縦深87,縦浅5,集水14,ため池3)

平成21年2月25日 第2回復興基金水源確保調査特別委員会
 2/17から23までの7日間にわたって行われた。現地調査の一次判定結果や今後の予定について当局から説明があった。
 調査チーム体制について、メーター単価の違いについて、今後の補助金の支払い日程等に対する質疑を行った。

平成21年2月26日 新潟日報 7.9%が目的外使用
 目的外と確認されたもの7.9%、灰色52%と特別委員会で市側が明らかにした。
 目的外調査177件中、認定14件、要精査90件、3月末まで精査する。事業費が適正だったかも今後調べる。
(4)につづく

(1)からのつづき
平成21年2月2日 産業建設委員会 中越大震災復興基金事業の農業・養鯉用水水源確保支援事業について、目的外使用等とする声などが上がっていることから、事業の制度、申請件数、魚沼市井戸条例との関係等についての質疑を行った。

平成21年2月8日 新潟日報 中越地震で使えなくなった農業用井戸の再建を全額補助する県の復興基金事業で魚沼市で行われた工事に関し、「目的外の消雪に使われている」など不適切な実態を指摘する声が同時に多数寄せられていることが七日までに分かった。
農林課長大渕好文「審査は適正だったと思うが市民から指摘があるのは事実。早急に実態を確認したい。」

平成21年2月10日 新潟日報 県中越地震復興基金の補助で掘削された農業用井戸に対し、魚沼市で目的外の消雪に使うなど不適切な実態を指摘する声が市民から市などに多数寄せられた。背景にはこの制度が工事費の全額補助であることや、審査を担当した市の姿勢に甘さがあったとの見方がでている。
農林課長大渕好文「審査に甘さがなかったかどうか確認したい。」

平成21年2月10日 全員協議会 市当局から事情を聴取した。(非公開)
1.震災復興基金事業(農業用水水源確保支援事業、養鯉池水源確保支援事業)の経緯について
2.当該事業の申請状況等について
3.今後の対応について

平成21年2月11日 新潟日報 見積もり1社だけ 前日の全員協議会についての報道
魚沼市の復興基金工事ずさん事務処理市が工事業者1社単独の見積もりだけで審査を合格させるなどずさんな事務処理をしていたことが十日、分かった。同日開かれた市議会の全員協議会で市側が説明した。
協議会は事業の申請者名など個人情報を扱う可能性があるとして非公開。
市側「複数見積もりを取っておらず、事務処理としては弁解の余地はない。」17件の井戸を調べたところ、目的外が、3件。目的外使用の恐れがあるが、1件。
大平市長「職員の仕事に対する市政をしっかり改善したい。」
(3)につづく

時間が前後致しますがお許しください。
井戸掘り事件の経緯を説明致します。
実は私も今年の2月頃この事件を知ったのです。

選挙演説と7/21の一般質問を先にアップしましたので少し前に戻ります。

予備知識として、中越大震災は平成16年10月23日17時56分に、新潟県中越地方を震源として発生したM6.8、震源の深さ13kmの直下型の地震で、最大震度(川口町震度7)その後の余震は震度5弱以上を18回観測した。高齢者や子供を中心に68名が死亡(うち家屋の倒壊や土砂崩れによる直接死が16名)、4,805名が負傷、避難した住民は最大で約10万3千人(10月26日)を数えた。中越地方を中心とした中山間地の被害は甚大で山崩れや土砂崩れなどで鉄道・道路がいたるところで分断された。現在長岡市と合併した山古志村が全村非難し、ヘリで輸送される空飛ぶ和牛をご覧になった方も多いのでは。
震源地に隣接している魚沼市も大きな被害を出しました。全国の方からご支援や、励ましをたくさん頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。有り難うございました。

さて、皆さんの善意でお寄せ頂いた寄付金も入っている復興基金による井戸掘り事件について経緯を説明します。

平成17年7月29日 地域農業再建関係の細事業として事業開始 対象は農業者で組織する団体、補助率2/3上限300万円、農家2戸以上、H17?H18年度

平成19年5月9日 県の基金事務局が要件を緩和 対象を農業者(個人)に拡大、補助率10/10、上限600万円、水源に依存する農地があることと要件を緩和

平成19年6月26日 市報うおぬまお知らせ版H19.6.25号P.5に改正メニューが載る その後の申請は19年度は5件、20年度は1月1件、5月2件、6月3件、7月2件、9月5件、10月3件、と推移したが11月には7件と急に増えはじめ、12月33件、1月60件、2月11件となっている。

平成19年12月10日  市報うおぬまお知らせ版H19.12.10号P.6に改正メニューが載る事業期間1年延長(H17?H20年度)

一般市民から
農家といえない人や、地震の被害がなかった人が井戸を掘っている。自己負担がないので井戸掘り業者のいいなりの価格で掘っている。

などの批判が出るようになり、県の復興基金事務局では今年の1月14日、「消雪用の使用は目的外使用となる」という見解を発表しました。しかしその後も補助金申請者は後を絶たず、142人の補助農家のうち、半数以上がこの日以後の申請となっています。(2)につづく

9月定例会の資料請求

| コメント(0) | トラックバック(0)

たまに本日の話。

                            平成21年9月8日

魚沼市議会議長 星   謙 一 様

                     魚沼市議会議員 大桃  聰 

                資料提出のお願い

 議案審議のため、市当局に下記の書類の提出を求めたいので、議長において取り計らいくださるようお願いします。

                記

・平成21年度市保有車両一覧表(平成21年4月1日現在の保有台数、車名、車種、年式、車検満了期限、配置場所、整備委託先等)
・臨時職員、日々雇入職員、非常勤職員配置一覧表(正職員以外の人数と配置が知りたい為)
・生活扶助事業の扶助費の内訳(何人の方にどのくらい扶助しているのか)
・簡易水道事業特別会計繰出金の内訳表
・商工観光課職員の休日出勤日数(時間外勤務手当の内訳)
・観光団体支援事業補助金の交付団体名と補助金額の内訳
・誘客宣伝事業の内容と事業費の内訳
・スクールバス運行管理業務委託料の内訳(委託先、台数、金額等委託内容の詳細)
・小出郷図書館管理運営事業における図書館の年間入館者数と開館一日あたりの入館者
・滞納繰越市民税、滞納繰越固定資産税の内容(件数、金額等の詳細)
・建設工事関係、業務委託関係、物品関係における随意契約の内容
・正職員の退職手当、共済費を含む、人件費の年齢別支給金額及び人数の一覧表。
・期末手当、勤勉手当の年齢別支給金額及び人数の一覧表。
                                以上

うちの(他も一緒か)ギチョウはとても偉いので議会事務局を通してお願いしてきました。

これは嫌がらせなどではなくまじめに資料が欲しいのです。
私と致しましては決算審議に欠かせない資料ですので
よろしくお取り計らいくださいませませ。

市長答弁
3-3市発注工事の入札方法について

3-3-1綱紀粛正による官製談合の防止
ただいま頂いた提案等も視野に入れて入札のあり方について検討したい。

3-3-2予定価格の事後公表
答弁無し

3-3-3低価格入札調査の導入は
答弁無し

3-3-4匿名性を高めた入札について
答弁無し

3-3-5認定制度の緩和について
答弁無し

再々質問はそれで質問が終わりですので誠実に答えなければギチョウが執行部にきちんと答えるよう注意をすることが本筋ですが、再々質問の発言終了後に私に注意しました。

何じゃそれ。

こうして欲求不満のまま、初議会の一般質問は終わったのでした。
次はどうしようかな。

再々質問
3-3市発注工事の入札方法について

平成14年度までは新潟市発注の公共工事の落札率が96?97%だったが、新潟市で官製談合入札が発覚後、入札制度改革を推し進めた結果、H16?H20は85?83%に下がったという報告もあります。
談合があるかないかはなかなか難しいと思いますが、談合出来ない、またはやりにくいように制度を変えていくという方向は推し進めるべきと考えます。
品質保持の観点から落札率が低ければ良いという訳ではありませんが、現時点の魚沼市の入札制度は、過去の不自然な落札率と状況から考えて制度改革すべきです。

入札談合等関与行為防止法改正後、発注機関職員が、談合を唆(そそのか)すなどの入札等の公正を害する行為を行った場合、5年以下の懲役または250万円以下の罰金に処するという刑罰規定があります、
脅かすわけではありませんが、まずは官製談合の疑いを無くすることが必要です。
職員の綱紀粛正、法令遵守の周知徹底、情報漏洩者の厳正処分等内部からまずは変えないといけないと考えますがどうですか。

次は入札方法ですが、「入札の透明性を確保するため予定価格を事前公表」としていますが、公表しないと業者が予定価格を事前に知ろうと、職員等に働きかけ、漏れることが談合の温床になるとの観点から導入された制度と認識しております。
これは職員を全然信用していないということです。官製談合をしない、させないという事を徹底出来れば、予定価格は事後公表とすることにしたらどうですか。
また、最低制限価格を設けないで、低入札価格調査の制度を導入したらどうですか。
現在は制限価格より安ければ即失格となりますが、予定価格の67?85%の範囲で基準価格を設定し、これを下回れば落札を保留し、事業者から積算根拠などを聴取し、契約通りの工事が可能かどうかを確認するものです。

品質が担保されての低価格なら当然仕事をして頂きましょう。
次は現場説明会を廃止し、市のHPで施工場所、設計内容を公表し、金額に応じて電子入札、郵送入札等匿名性を高めた入札とし、談合をやりにくくするということですが、どうですか。

また、H20年度に試験的に3件行われた総合評価方式の導入、指名登録業者認定の緩和や、地域要件の緩和等行い、誰もが参加しやすい制度にしていくため認定緩和を進めるべきと思うがどうでしょうか。

再質問
2-3市発注工事の入札方法について

平成20年度の平均落札率は93.4%、最高は97.9%でケーブルテレビセンター設備工事でした。入札件数97のうち95%以上は61件と約6割、90%以上なら85件で約9割です。

今年度は7月2日執行分までで、平均落札率は94.5%、最高98%で市営井口住宅外構大規模改修工事でした。入札件数56のうち95%以上は34件と約6割、90%以上なら51件で9割を超えています。
この落札率では絶対談合がないと胸を張っていえる状況ではないでしょう。
また、3/12に執行された文化会館の舞台照明設備改修工事では21社参加の一般競争入札でしたが、公表していない最低制限価格ぴったりで入札した業者が10社に及び、抽選となり長岡の業者が落札しました。
公表していない最低制限価格ぴったりの金額で10社が入札するなど偶然とは考えられません。

証拠があるわけではありませんので談合があると断定出来ませんが、このような事例から考えれば官製談合が無いと言い切るほうがおかしいと私は思います。
発注者の責任として徹底的に談合が存在するのかどうか調べるか。
また、談合出来ないように制度を変えるか。
いかがお考えでしょうか。

市長答弁
2-3市発注工事の入札方法について

2-3-1談合があるか徹底的に調べるか
落札率90%以上は多いが、あるかないかといわれれば無い。(あるかないかとは聞いていない。)

2-3-2談合出来ないよう制度を変えるか
検討する必要があるとは思っている。

再々質問
3-2市役所職員の給与のついて
新潟県が賃金労働時間等実態調査の結果を発表しております。これは新潟市内の大企業も入っているのであまり参考にならないかもしれませんが、それによれば所定内賃金は25万2千円で市役所職員の32万円の八割にも届きません。またボーナスについては大手でも30?40%カットは当たり前で支給されないところもあると聞きます。そんな中、市の職員は5月の臨時議会で承認された3.95ヶ月分の約半分をすでに受け取っておられると思います。

それが市の財政状況、地域の皆さんと比較して安いのか、高いのか、貰いすぎなのかお考え頂きたい。

私はいたずらに職員の給与の高さを指摘し、市民と職員の対立を望んでいるわけではありません。
常識的に考えれば平均給与は高すぎるし、職員数も多すぎると思います。
人件費は普通会計ですので削減すれば、どこにでも使えるお金です。
議員、職員、市民の皆様も一緒になって人件費について考えては頂けないでしょうか?

比較する為に市独自で賃金調査をするには経費もかかりますので、この賃金調査を地域で活用出来ないかと、県の産業労働観光部労政雇用課に問い合わせたところ、魚沼市地域の集計はしていないとのことでしたが、21年度はこれから調査なので地域で活用出来るよう集計方法を検討したいと回答を頂きました。市長からもこの調査結果を魚沼市として有効に活用出来るようサンプル数、集計方法等要請して頂きたいがどうですか。

管理職等昇任試験制度の導入を検討してはどうですか。
内部の勤務評定が有効に機能しなければ外部委託による人事考課も検討する必要があると思うがどうですか。

市長答弁
3-2市役所職員の給与のついて

3-2-1高い人件費について考えるか
いくらが適正なのか、今後検討する。

3-2-2賃金調査の集計等について県に要請するか
調査については組合とも話し合いも必要、庁内での検討を考える。

3-2-3昇任試験の導入は
答弁無し

3-2-4外部委託による人事考課は
答弁無し

魚沼市議会の一般質問は一問一答形式ではありません。1回に質問数の制限はありませんし、時間制限もありません。
しかし、何問も続けて質問し、何問も続けて答えると再質問、再々質問などではちゃんと質問に答えてもらったのか分からなくなります。
読者の方も混乱しますので、テーマ毎で分けて掲載します。

再質問
2-2市役所職員の給与のついて
私の調べでは一般会計、特別会計、企業会計合わせて、職員数は663人、退職手当と共済費を含んだ総人件費は51億6400万円で職員一人当たりの人件費は778万9千円です。これは特別職を除いています。
ラスパイレス指数が・・・といわれますが、元々大手を除けば民間は首都圏の給料の約半分が相場です。国家公務員と比べてどうというより市の財政状況、地元の皆さんの平均給与等と比較検討されるべきと考えるがどうですか。

比較検討するために市内の賃金調査をする気はないですか。

平成18年2月定例会での一般質問で榎本春実議員が勤務評定制度を導入すべきとただしたところ、18年度以降はより実効あるものとするよう検討する。と前市長は答えています。その後実効性のあるものをいつ導入したか分かりませんが、平成21年3月11日の一般質問では星野邦子前議員の質問に平成19年度から医師を除く全職員を対象に勤務評定の試行を行ったが、制度の課題も多くあり、目標管理型の新たな人事評価制度を導入することとし、平成21年度から再試行する方針と現市長は答えています。三年経ってやっと導入という事ですが、どのような評定方式を導入したのですか。

市長答弁
2-2市役所職員の給与のついて
2-2-1地元の平均給与と比較検討されるべきでは
答弁無し

2-2-2賃金調査をする気はあるか
答弁無し

2-2-3導入したのはどんな評定方式か
21年度から導入したがスムーズにいっていない、どう充実させていくかはこれからの課題。

あらあら。

なかなか質問に的確にお答え頂けないようです。あまり追求してもしょうがないので続けます。

3-1復興基金井戸掘り事件について
県の調査結果を待ってなどと、市で出来る調査も不十分で、尚かつ分かっていることを何一つ公表しないで、ずるずると引き延ばしていると、市民の皆さんからそのうちにうやむやになるのを待っている、と取られかねないでしょう。市の対応がこのような生ぬるいことですと、もし、もしですよ、今後、告訴や告発された場合、魚沼市としてはどういった対応を取るつもりなのですか?はっきりお答え願います。

私が今更申し上げるまでもありませんが、刑事訴訟法では、公務員は、「その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは告発しなければならない」と規定されており、告発が義務付けられています。
職員に告発を勧めているわけではありませんが、公務員には告発の義務があります。

内部から不正を正すという事が市民の求めている市役所のあるべき姿だと思いますがいかがでしょうか。

この井戸掘り事件が告訴または、告発ということになり司直の手にゆだねられ、全てが明るみに出た場合、魚沼市として市民からの信頼はもちろん対外的な信用を失墜し、全国から非難されるかもしれません。また、県からもこの類の補助金等は魚沼市には出せないということになるかもしれません。

そうならないため、今の内に、申請者、施工業者名、施工場所等の公表をし、速やかに関係者全員の事情聴取を行ない、全てを明らかにして、処分するものは処分し、謝罪するところは謝罪し、迅速に再発防止策を策定する等適正に対応することが必要だと思いますがいかがでしょうか。

発言終了後、暫時休憩となりギチョウ星 謙一より注意がありました。

仮定の話を用いた職員に不正が明らかにあったというような質問内容かと思われますので今後その点は十二分に注意して頂きたいと思います。答弁出来るものが市長がありましたら答弁をお願い致します。

市長答弁
3-1復興基金井戸掘り事件について
3-1-1告訴、告発があった場合の対応
当初告発も視野に入れてと発言させて頂いている今後捜査結果を見て検討する。

3-1-2内部から不正を正すのが市役所のあるべき姿ではないか
答弁無し

3-1-3迅速に再発防止策を策定するか
答弁無し

以上、井戸掘り事件についての一般質問とギチョウ注意と市長答弁です。

あきれました。

市長答弁
2-1復興基金井戸掘り事件について
2-1-1審査をきちんとすれば防げたか
調査については明らかになっていない。県との調査で時間が掛かっているが明らかにした段階でそれなりの対応をしたい。
調査が必要。

2-1-2事情聴取をしたか
答弁無し

2-1-3検査について
答弁無し

2-1-4杜撰な審査、検査の責任の所在について
答弁無し

2-1-5責任者の処分はどうするか
答弁無し

2-1-6個人情報の保護の除外規定に該当するか
答弁無し

2-1-7公表しない理由の不利益とは
答弁無し

2-1-8公表することが公益ではないか
答弁無し

おいおい。

次は情報公開です。2月の全員協議会で住安議員が求めたように申請者、施工業者名、施工場所等の情報を中川副市長が個人情報だからなどといって公表しなかったことが、全容解明にはほど遠い調査で費用が掛かり、ズルズルと長引いて住民に不安、不信感やある申請者は区長に再三付け届けをし、虚偽の枯渇証明書を書かせたとか、ある業者はお金まで支払って申請依頼をしたとか、一本掘ると200万儲かるから申請しないかという誘いがあったなどの憶測が飛び交う原因になったと思います。

補助金という公金の申請者名や施工場所等が個人情報だからなどといって公開出来ないという市側の理由は、市の情報公開条例第6条、公開してはならない情報として第2項個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るもの。が該当するためということでしょうが、除外規定のウ、法令又は条例の規定によって行われた許可、認可、届出その他これらに相当する行為に際して作成し、又は取得した情報であって、公開することが公益上必要と認められるものを除く。というのがあります。これには該当しないのでしょうか。

又、施工業者名は第7条の公開しないことが出来る情報として第1項当該事業者の情報であって、公開することにより事業活動に明らかに不利益を与えると認められるもの。だそうですが、この場合の不利益と想定していることはどんなことですか。

公表されることに依る風評被害により不利益を被るものとは不正を働いた人ですか?
白日の下にさらされ、不正を暴かれることが不利益と考えることはおかしいと思います。

私が考えるこの場合の不利益は適正に申請している施工業者が、公表されないことで、不正を働いているのではないかと見られることや、調査が長引き、補助金の支給が停止され、工事代金の回収が出来ない事だと思います。
第7条にも除外規定があり、ウその他公開することが公益上必要と認められる情報とあります。

私は公表することで住民の市や議会に対する不信感を払拭し、信頼を回復する事が出来るのであれば公益であると考えますが、いかがでしょう。

次に初期対応のまずさですが、井戸の申請については水源枯渇証明書が必要ですので、区長または町内会長の公印を押した署名があるはずです。利害関係者同意証明書に署名した人たちもいるはずです。

農林課長、担当者、申請者、区長及び同意した人を市が事情聴取すれば、なぜこういうことが起こったのか分かるはずです。見積についても業者に聴取すべきです。

これは市のずさんな審査の解明ということで市の責任において、中川副市長のいわれるように個人情報を公表しないでも出来るはずです。
職員がただ怠慢だったのか、それとも外部から何らかの働きかけがあったのか明らかになるはずです。それをまず解明しなければ解決しないでしょう。
こういう調査をしたのですか。

また、完了検査についてお伺いいたしますが、どういう検査をしたのですか。深さの確認検査は実施したのですか。工事写真は確認しましたか。検査も杜撰だったのではないですか。

私が最初に聞いたときに調べればすぐに分かると思ったのはきちんと検査をしていればこんないい加減なことは起こらないはずなのです。
適正に検査をしていないためにその後、調査費をかけて調べなければならなくなったのではありませんか。適正な検査をしたとお考えですか。

この杜撰な審査や杜撰な検査の責任はどこにあると思いますか。
責任者の処分はどうするつもりですか。市長答弁願います。

今の答弁を聞いているとまるで他人事のような印象です。

私も一般住民の方も井戸掘り事件は徹底糾明しないと大変なことになる。という認識です。残念ながら市当局とは大変な温度差を感じてしまいます。
これは復興基金事務局、申請者や施工業者の問題でもありますが、市役所職員のコンプライアンスに関する大問題です。

採択要件違反、目的外使用、井戸の深さや施工金額がどうかなどの調査も必要でしょうが、そんなことを調査するまでもなく、この問題の根本的な原因は、当時の農林課長はじめ担当職員のずさんな審査にあることは明白です。

採択要件には事業実施前に、施工場所、施工方法等について施工場所の属する市町村に事前協議を行うこと。事業を行うために締結する請負契約は、原則として複数業者の見積もり合わせにより行なうものとする。とあり、補助金交付要綱の第4条第2項に事業の内容について事業施行地の属する市町村に事前協議を行い、事前協議が整ったうえで水源枯渇(減少)の証明及び利害関係者の同意を得るものとする。とあります。

この事前協議が適正に行なわれていることが前提で県が認定するもので、事前協議が特に重要だと思います。

市側でこの審査をきちんとしていれば防げた事件だと思いますがいかがでしょうか。

6月定例会一般質問

| コメント(0) | トラックバック(0)

6月定例会一般質問(選挙の為7月に行われた。)7/13?7/28

議会だよりより転載

1. 復興基金井戸掘り事件について
問 復興基金事務局の調査を待ってなどと聞こえてくるが、現在の調査の進捗状況、今後の見通しは。

答 該当井戸177件全ての現地調査、確認作業が終了している。井戸の深度調査は30本の井戸について確認作業が終了した。現在は工事費調査として約80件について復興基金と魚沼市で調査している。

2. 市役所職員の給与のついて
問 高すぎる人件費を下げるつもりはあるのか。期末手当と合算で支給された勤勉手当の額を決める勤務成績の評定制度はいつ導入するのか。

答 人事院勧告や県内の情勢等を注視しながら総人件費の抑制に努めたいと考える。本年度より人材育成に主眼をおいた人事考課制度について、試行の取り組みを始めたところであるが、公平・公正な評価システム構築がなかなか難しい状況にある。

3. 市発注工事の入札方法について
問 一般的に落札率が95%以上なら確実に談合が存在し、90%以上ならほぼ談合があるといわれている。高落札率の入札が多々存在すると思われるがどうか。

答 県内の落札率が90%を越える自治体数は平成19年度、平成20年度とも26団体となっており、落札率90%以上をの入札は特に珍しいことではなく、落札率を持って談合の有無を論じる解釈はしていない。

こんな答で納得出来ますか。

5/29に臨時議会では新しい報告は何もされず、これで議会が解散するので次の議員に調査を託すというような内容でした。普通に考えても関与した疑いのある議員を入れた全員による調査委員会など意味がありません。保育所の運動会ではあるまいし、みんな仲良く調査など出来ません。
市民に付託され行政を監視しなければならない議会が全然機能していません。何の役にも立たないのです。

今回の選挙で現職が11人も不出馬なのは、この問題に関係しているのではないかとの憶測がもっぱらです。また、このままうやむやになると高をくくり、出馬されている方もいるとも聞きます。
前市長も関係しているかもしれません。関与した議員、職員、施工業者等これに絡んで私服を肥やそうとした人は責任を取るべきです。
私は約30年間土木施工管理技士として多くの土木工事に携わってきましたが、儲ける為に誤魔化したことなど一度もありません。
土建屋の風上にも置けないというのが出馬のきっかけでした。

今回の選挙は井戸掘り選挙だと思っていますが、候補者のどなたも掲げておりません。
このままだと一部の不正を働いた者の思うつぼでうやむやになりそうです。
私は徹底糾明致します。絶対うやむやには致しません。

選挙の街頭演説からの抜粋です。

農業用は堀之内が112件、広神34件、その他10件で156カ所、養鯉用井戸は堀之内14件その他7件で合計21カ所、全部で177カ所の井戸を震災復興基金から不正受給して掘ったものがあるのではないかという事件です。全体の7割以上と圧倒的に堀之内が多いです。堀之内地区は前市長星野芳昭の地盤。

これは中越地震により農業用井戸に被害を受けた農家が新たに井戸を掘る場合、補助金を支給する制度ですが、当初は上限300万円で2/3を補助という事でしたので、申請者はほとんどおりませんでした。
その後、上限600万円で100%補助という事になり1/25の市報に載ったとたん、これを待っていたかのように申請が急増致しました。どういう経緯で変更したのか市役所は公表していないので分かりません。

審査も極めて杜撰で、中には実際に井戸があったかどうか調査もしていませんでした。市では降雪期であり、調査が出来なかったなどといっていましたが、こんなに少雪だったのに調べる気がなかったといわざるを得ません。
また、見積りもいい加減で中には相場の倍以上の価格で業者の言いなりに申請を許可していたようです。
一部業者は消雪用の井戸を無料で掘ると持ちかけ、申請者は何も知らないうちに掘らされたという事実もあったと聞きます。

2/17の臨時議会で全議員からなる『復興基金水源確保調査特別委員会』なるものを設置しましたが、申請者、施工場所、施工業者名等は個人情報だからと公表に反対する議員もおり大した調査も出来ていません。

年頭から問題が浮上し、未だ解決されない魚沼市復興基金井戸掘り事件について、読者の方に私自身の確認も含め掻い摘んで説明致します。

まず、震災復興基金とは、中越大震災の復興に新潟県の出資金50億円、長期借り入れ3千億円の運用利息と、寄付金・補助金などで運用されている財団法人で、震災復興、地域再生のための各種事業を市町村などを窓口にして実施している。

復興基金の数あるメニューの中に中越大震災で被害を受けた養鯉、農地に必要な水源が枯渇(減少)した場所で、代替用水(水源)の確保を行う養鯉業者、農業者を支援し、経営再建を図るため、これに必要な経費に対し予算の範囲内で補助金を交付する。というものがあります。

昨年の暮れあたりから市民の間で、補助対象者、採択要件にあたらない申請者に許可が出て、あちらこちらでどんどん井戸を掘っている。この制度を悪用しているのではないかと言う声が上がり、議会でも調査特別委員会が設置されいますが、未だ解決致しません。この問題を復興基金井戸掘り事件と命名し、うやむやにはしないと選挙運動をした私と致しましても何とか早期に解決したいと考えています。

初めまして、どうなる事やら

| コメント(0) | トラックバック(0)

まずは自己紹介、魚沼コシヒカリで有名な魚沼市の市議会議員に初当選した大桃 聰(おおもも さとし)といいます。昨年末に新潟初の女性市長誕生と騒がれた大平悦子を応援すべく立候補したら、地域の推薦や組織も無いのに当選してしまいました。右も左も分からない議会で気の弱い大桃 聰がどうなってしまうのか見守ってください。

話は変わりますが、趣味はバイク、蕎麦打ち、ビール造り、スキーのイントラなど
苦手なものはタバコ、まずい酒、よいしょ、女の涙。
怖いものは、まんじゅうとおふくろです。
三日坊主(本人はスキンヘッド)にならないように頑張りますのでよろしくお願いします。

桃太郎の鬼退治 オープン

| コメント(0) | トラックバック(0)

桃太郎の鬼退治 がオープンしました

MTBlog50c2BetaInner

最新のブログへ戻る
このサイトのトップ
★バックナンバー 一覧★

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.03