一般質問 ラジオ放送の案内

| コメント(0) | トラックバック(0)

平成30年第4回定例会の一般質問を「FMうおぬま」で放送します。

放送開始時間は14時です。同日19時からそれぞれ再放送をします。
総集編として、12月17日から21日分を23日(日曜日)10時から、12月24日から28日分を30日(日曜日)10時からそれぞれ放送します。

放送日曜日質問者
一般質問FMうおぬま放送予定
12月17日 月曜日 佐藤肇、星直樹
12月18日 火曜日 大平栄治
12月19日 水曜日 星野みゆき、大桃俊彦
12月20日 木曜日 浅井宏昭、佐藤敏雄
12月21日 金曜日 遠藤徳一
12月24日 月曜日 大桃聰
12月25日 火曜日 高野甲子雄
12月26日 水曜日 大屋角政、本田篤
12月27日 木曜日 大平恭児
12月28日 金曜日 渡辺一美

一般質問 FMうおぬま放送日

| コメント(0) | トラックバック(0)

7日(2日目)一般質問 大桃 聰 放送日

12月24日午後2:00から

再放送同日午後7:00から

総集編12月30日午前10:00から

ご聴取よろしくお願いします。

住民監査請求意見陳述

| コメント(0) | トラックバック(0)

小出庁舎301会議室 意見陳述会場

請求書を読めば内容は判るはずだが、新たな証拠の提出及び陳述の機会を設けられたので陳述してきた。

「監査委員がこれを読んで充分理解なさっていると思いますけれど、今市が請求しているのは、催告状を年に一回出しているだけで、催告状の送付だけでは、諸滅時効の中断が出来ないということです。裁判上の請求を行って消滅時効の中断をしないと市に損害が発生する恐れがある。

市長はそれを怠っているので、その請求をしなさい。というのがひとつですね。それを回収出来ない場合は、怠っている市長が市にその損害を賠償しろというものです。」

森山監査委員は、「市長がという文言では、公人として支払うのか、個人で支払うのか」と聞いてきたので、何を言っているのかわからないので聞いたら、公人であれば、公費で払うこともあるというが、なんて馬鹿な質問をするのかと呆れてしまった。

市長が公人として、損害賠償する場合は、公費ですることもあるというが、市の損害を賠償することに対して、公費を当てるなんてことは考えられない。

市長が市の損害を賠償するのは、個人資産からに決まっているだろう。

IMG_7716.jpg

11日総務委員会

| コメント(0) | トラックバック(0)

付託議案

議案第101号 魚沼市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について

 反対者 大桃 聰、大屋角政

議案第102号 魚沼市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部改正について

 反対者 大桃 聰、大屋角政

議案第103号 魚沼市職員の給与に関する条例の一部改正について

 反対者 大桃 聰

新潟県人事委員会の勧告は、新潟県の職員の給与を引き上げるという勧告で魚沼市は関係ない。

しかし、それを理由に職員給与を上げる、それに準じて特別職、議員も上げるというものだ。

高給取りの職員の給与を上げる必要はなく、むしろ下げるべきである。

特別職は、市長、副市長、教育長であり、議員とともに、期末手当を100分の5か月分だけ上げるということで、12月28日に追加支給される。

職員も同様に期末手当を引き上げ、さらに宿日直手当てを200円から300円上げるというものだ。

小出郷図書館の無駄遣い。

| コメント(0) | トラックバック(0)

3月20日に売買契約を締結し、3月26日に市に移転登記した小出郷図書館とその敷地は4,300万円。

壊れているエアコンまで買ったからその修理費で、1,200万円の合計5,500万円の支出だ。

現在の建物を壊すには約4,000万円掛かり、更地にして売っても坪15万円で売れても、3,000万円にしかならない。

ただでもらっても赤字になるため、民間は手を出さない代物で、マンションとして改装するには1億2,000万円ほど掛かる。

市は、寄付してもらってもいいようなものに、5,500万円も支出した。

この建物は、平成3年6月に新築されたもので、築27年ということで、安普請のため耐加重もそれほどなく、2階以上は図書館としては使えない。

6月定例会の一般質問で、利用計画がまだないことが発覚し、何時までにできるとの質問に企画政策課長は「8月中に示せるよう努力する」と答弁した。

しかし、9月になっても出来上がらなかったが、9月20日に出来たというので、情報公開請求書で公開請求したら、10月3日付で非公開決定通知書が届き、意思形成過程の情報だとして、「非公開」、この理由がなくなる日は、次回魚沼市立図書館協議会開催後としたが、開催日は未定だった。

10月16日に開催されたとのことで10月17日に再度情報公開請求書を提出したところ、10月30日以降の請求人の希望する日というので、10月30日に取りに言って驚いた。

ポンチ絵程度の平面図が2枚あるものの、A4がたった2枚しかない。内容は3階部分は「H32年度以降に設置するか同かを今後検討」と書いてある。

全く呆れて問題にならない。

生涯学習課長は、どうせ使えないから大金を投資したらまた、大桃さんに無駄遣いといわれるなどと述べた。

建物自体が、小出郷図書館ということで、所管は生涯学習課だが、2階以上は図書館として使えないのだから、生涯学習課だけに任せておかないで、全庁的に検討しなければならない。

市はそのままでは使えない、壊れたクルマを買ったようなもので、修理して走るようにしなければ、そもそも最初の支出が無駄遣いである。

29年11月には、改修工事の概算見積で1億800万円としたが、このくらいの改修費を掛けてでも、市民のために活用しなければ、それこそ本当の無駄遣いというものだ。

議案第95号 一般会計補正予算(第5号)

議案第97号 ガス事業会計補正予算(第2号)

議案第98号 水道事業会計補正予算(第1号)

議案第99号 下水道事業会計補正予算(第1号)

以上の4議案について反対した。

理由は、職員給与費の値上げが入っていたからである。

執行部側は、平成27年度より国家公務員の給与改定に勧告する人事院から、新潟県職員給与について勧告する新潟県人事委員会に乗り換えた。

人事院勧告による国家公務員の給与改定は、先日参議院を通過成立した。

新潟県議会にも多分県職員の給与費改定の議案がでているとは思うが、可決成立していない。

魚沼市がいち早く人事委員会の勧告を準拠して、職員給与費を上げることが妥当なのか?

さらに、この給与費改定は、条例を改正しないと執行できないのだが、5日の初日に上がった給与にが計上された補正予算は、即決で可決成立した。

条例改正は委員会に付託となり、最終日21日に裁決される。

仮に最終日に否決となれば、補正予算の給与費引き上げは実行できなくなり、議会議決に矛盾が生じる。

本来は、条例改正を成立させてから、給与費引き上げの予算を成立するのが筋というもので、このやり方では議会の議決などどうでもいいという事だ。

これを許しているギウンは議会の権威を失墜させている。猛省を促す。

12月6日(1日目)

1番(議席13番) 佐藤 肇

  1. 消費税率10%の影響緩和策を問う。
  2. 外国人受け入れ準備を問う。

2番(議席2番) 星 直樹

  1. 既存庁舎の利活用について。
  2. 観光客の誘致強化施策について。
  3. 地域住民の不安を解消するため、旧大沢下水処理場の放射性セシウム汚泥の早期処理を。

3番(議席11番)大平栄治

  1. 寿和温泉の大規模改修を問う。
  2. 入広瀬小学校の存続のための方策を問う。
  3. 市発注工事の監督員と検査体制を問う。

4番(議席3番)星野みゆき

  1. 認知症対策について。

5番(議席4番)大桃俊彦

  1. コシヒカリ紅葉マラソンの発展について。

6番(議席2番)浅井宏昭

  1. 山間部の雪について
  2. 寿和温泉大規模改修について。

7番(議席9番)佐藤敏雄

  1. 新庁舎建設後の諸課題について問う。
  2. 買い物困窮者対策について問う。

8番(議席19番)遠藤徳一

  1. 地域づくり中間支援活動組織ネットワーク化に取り組まないか。

12月7日(2日目)

9番(議席5番)大桃 聰

  1. コシヒカリ紅葉マラソンについて。
  2. 建設工事の検査について
  3. 観光資源にもなりうる、防草シートと芝桜による法面の景観形成事業について。
  4. 小出郷図書館について。
  5. 市報11月10日号表紙写真について。

10番(議席15番)高野甲子雄

  1. 放射能汚染汚泥等の管理状況はどうなっているか。
  2. 入広瀬地域の人口減少、過疎化対策について。

11番(議席18番)大屋角政

  1. 消防力の整備について。
  2. 市の広報について。

12番(議席16番)本田 篤

  1. ディスポーザーの推進について。
  2. 任期後半の市長ビジョンについて。
  3. 総務委員会報告の扱いについて。

13番(議席6番)大平恭児

  1. 定員適正化計画について。
  2. 冬の観光・スポーツの振興について。
  3. 福祉灯油について。

14番(議席12番)渡辺一美

  1. 魚沼市都市計画マスタープラン・立地適正化計画・地域公共交通網形成計画の連携推進と地域共生社会の関係性について。

15番(議席8番)志田 貢

  1. 電気自動車急速充電器の普及について。
  2. 市名の変更について。

以上。

3月議会は18名だから、3名減の15名である。

通告無しは、富永三千敏、岡部計夫、関矢孝夫、森山英敏の4名。

各日とも午前10時から広神庁舎3階議場で行われます。大勢の方の傍聴をお願いします。

細かい通告内容は、魚沼市公式サイトトップページから

自治労の正体 森口 朗

| コメント(0) | トラックバック(0)

購入しました。

MTBlog50c2BetaInner

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3