『池田満寿夫の素描』展 その2

| トラックバック(0)

「池田満寿夫の素描」展開催のあたり

 

ご来場ありがとうございます。

 

この展覧会開催の経緯は池田満寿夫の知人、越前浜の真島良範氏より魚沼での開催の打診を受けたことに始まります。真島氏所蔵品を展示するものです。真島氏は池田満寿夫芸術の理解者の1人であり、1980年代に親しく付き合った旧知の間柄から、池田が亡くなった後、バイオリニスト佐藤陽子氏と池田満寿夫のM&Y事務所から譲り受けコレクションされた素描群であります。

 

1960年東京国際版画ビエンナーレ展にて西ドイツの美術評論家Wグローマン博士に認められ世界的名声に繋がる評価を得た池田ですが、その背景には模索と苦悩の連続が読み取れます。落書きとも思えるデッサンを繰り返し、イメージを重ね、スタイルを固めていったと考えられます。今回展示の1961年「寝台の美女」、「シンデレラの広告」は池田の模索を証明する代表的一例です。1966年ベネチアビエンナーレでグランプリを受賞した作品群に繋がるイメージが強く表れ、赤と青などの原色、そして人間が特徴であり世界の評価へと繋がった素描原画です。

      

池田は自著「思考する魚」の中で作品のエロスについて自身の考えに触れています。「私

はいつも最も低い次元の、あるいは低俗の想像力を愛していた。崇高なものと低俗なものすべてを私は自分の生き方と作品の中に同じ力で共存させることを望んでいたのである。私は美しい言葉でエロチシズムが語られることをむしろ好まない。性はパンを食べるのと同じように会話されるべきであった。」この言葉は池田作品を理解する上で大事なキーワードであると思います。

 

真島氏は「池田の貴重な素描を眠らせたまま忘れ去られるのは美術文化の大きな損失で

あり、世界に認められた仕事の過程を少しでも多くの人から見てい頂きたい」と言います。新潟県でも紹介する機会は限られております。縁あって魚沼の地、グローブ倶楽部木村さんのご理解を頂き展示の機会を得ることが出来ました。真島氏の熱意と地域の皆様の協力で展覧会を開催できたことに感謝とともに大きな成果を感じます。

 

1977年小説「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞を受賞した小説家でもある池田満寿夫の新聞掲載生原稿「ピカソ」(1983年頃)も貴重です。関係資料とともに大きなアーティストの小さな展覧会をどうぞじっくりお楽しみ下さい。

 

 

「池田満寿夫の素描」展 実行委員 サトウアキヒサ オオモモサトシ

『池田満寿夫の素描』展

| トラックバック(0)

浦佐のグローブ倶楽部で『池田満寿夫の素描』展を開催します。

入場無料ですので、是非ご来場ください。

池田満寿夫展パンフ.doc

大桃 聰 様 
泊原発の廃炉をめざす会 事務局です

「泊原発の廃炉をめざす会」では、来る3月9日(月)に 札幌市のかでる2.7 に於いて夜6時より『泊原発緊急事態! その時、私たちどうなる?原発避難計画の検証』と題する講演会を開催します。
イベントは二部構成で、第一部では上岡直見氏(環境経済研究所代表)に、交通工学の視点から「原発避難計画の検証」を中心にご講演いただきます。第二部では「原発避難計画、各政党はこう考える」と題し、知事選挙を目前に、各政党及び知事候補予定者に原発政策と道民の安全をどのように考えているのかについて語っていただきます。

世界中を震撼させた福島原発事故から丸4年。事故後の検証も処理も避難者の生活の建て直しも進まないなか、全国で原発の再稼働問題が取りざたされています。もし、原発が再稼働した場合には、原発防災避難計画は各地方自治体に委ねられており、各自治体がどのような施策をとるのかが極めて重要になっています。特に、原発「再稼働」の最終的な認可は知事と「地元」の判断に委ねられており、それだけに知事と政党の考えは私たちの生活を大きく左右するでしょう。その選挙が目前です。こうしたことから、私たちは今回の講演会を企画しました。
ぜひ多数ご参加ください。

2015年3月9日(月)18:00~20:30[開場17:30]
かでる2・7[大ホール](札幌市中央区北2条西7丁目)
資料代 500円 手話通訳あり

内容
18:00-18:05 主催者挨拶 市川守弘(泊原発の廃炉をめざす会・弁護団長)
18:05-19:05 第一部   上岡直見さん(環境経済研究所代表)講演
       休憩15分
19:20-20:25 第二部  「避難計画 各政党はこう考える」
       北海道知事選を一ヶ月後に控え、立候補者と各政党に対し、
       集会に参加して泊原発の避難計画についての意見を
       明らかにするよう呼びかけしています。
20:25-20:30 閉会挨拶  常田益代(泊原発の廃炉をめざす会・共同代表)
  
主催
泊原発の廃炉をめざす会

協賛
ベクレルフリー北海道
脱原発をめざす北電株主の会
Shut 泊
岩内原発問題研究会
地方自治を考える市民の会
さっぽろ市民放射能測定所 はかーる・さっぽろ

お問い合わせ
泊原発の廃炉をめざす会

※ホームページを見ることができる方へ、チラシはこちらにあります。
http://tomari816.com/blog/?p=1632

砂糖産業の裏側

| トラックバック(0)

You Tubeより
砂糖産業の裏側

テロリストは誰

| トラックバック(0)

住民至上主義  人格異常国家 あさましい 悲しみの民

前阿久根市長 竹原信一のブログ より

2015年01月30日12:23

テロリストはアメリカ、影の政府である

世界最悪のテロリスト国家 それはアメリカ、陰の政府である。

動画再生

dcacfd38-s.jpg


彼らは大統領暗殺もやってしまう。

東電・柏崎刈羽原発差止め市民の会の皆様
下記の日程で柏崎刈羽原発の再稼働を訴える科学者・技術者の会の新潟講演が開催されます。共催に市民の会、脱原発新潟弁護団が入っており、当日の講演会に弁護団の和田団長、市民の会の大西共同代表も報告されますので、ご案内します。
東電・柏崎刈羽原発差止め市民の会事務局
以下チラシから。チラシも添付してあります。
講演集会
柏崎刈羽原発再稼働を問う
2015 年1 月31 日(土)
新潟市万代市民会館多目的ホール

 柏 崎刈羽原発の6、7 号機を再稼働させようという動きが、さかんに伝えられています。東京電力は、1 月22、23 日に行われた柏崎市と刈羽村の全員協議会で、再稼働に向けた準備状況を報告しました。東京電力は、新潟県にも新潟県民にも何の相談もなく、6、7 号機にフィルターベント装置を設置し、2013 年9 月、原子力規制委員会に再稼働のための適合性審査を申請しました。原子力
規制委員会は現地調査を何回かおこなっています。
 し かし、柏崎刈羽原発の直下には、たくさんの断層群が見つかっており、最近のボーリング、トレンチ、立抗などの調査によって、原発敷地と周辺の地質・地盤 が、原発運転の条件に適合しない疑いはますます強くなってきました。 そもそも3 年10 ヶ月前の福島第一原発事故については、地震と津波の影響をはじめ、未だに判らないことだらけです。新潟県の技術委員会では2013 年10 月から、6 つの課題にしぼって福島原発事故の原因の究明を議論してきました。国会事故調が残した問題を新潟県の技術委員会で取り上げて議論しているのです。新潟県の 泉田知事は、福島原発事故の原因解明と総括なしには再稼働の審議に入ることはない、との姿勢を明らかにしていますが、当然のことだと思います。今回の集会 では、新潟県技術委員会でのこれまでの議論をふまえ、地元のみなさんからの報告などを受けて、あらためて、柏崎刈羽原発をめぐる様々な問題を浮き彫りにし ていきたいと考えています。

日 時:2015 年1 月31 日(土)13 時30 分~17 時10 分
会 場:新潟市万代市民会館多目的ホール(新潟駅から徒歩7分)
新潟市中央区東万代町9-1(TEL:025-246-7711)
参加費:無料
主 催:柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会
共 催:エコロジーショップみずすまし、柏崎刈羽原発反対地元三団体、柏崎刈羽原発を考える上越隣接市民会、原子力防災を考える長岡市民の会、原発からいのち とふるさとを守る新潟県民の会、原発をなくす新潟県連絡会、さようなら柏崎刈羽原発プロジェト、さようなら原発上越地域連絡会、上越地区平和環境労働組合 会議、脱原発新潟県弁護団、脱原発をめざす新潟市民フォーラム、東電・柏崎刈羽原発差止め訴訟原告団、東電・柏崎刈羽原発差止め市民の会、新潟YWCA (50 音順)
問い合わせ:E-mail:kk-heisa@takagifund.org TEL:070-5074-5985(菅波)
<プログラム>
<13:30 開会>
◯ 開会挨拶・趣旨説明 ・・・・・・
井野博満(柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会)
◯ 新潟県技術委員会で議論していること ・・・・・・
山口幸夫(原子力資料情報室)
◯ 柏崎刈羽原発の地質・地盤調査問題 ・・・・・・
武本和幸(原発反対刈羽村を守る会)
大野隆一郎(荒浜砂丘団体研究グループ)
◯ 柏崎刈羽原発のフィルターベントによる住民の被ばく ・・・・・・
金子貞男(原子力防災を考える長岡市民の会)
< 休 憩 >
◯ 柏崎刈羽原発の地元からの報告と全体ディスカッション ・・・・・・
訴訟原告・弁護団、共催団体等からの発言・会場参加者からの発言など
◯ 閉会の挨拶 ・・・・・・
菅波完(柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会)
<17:10 閉会>
※講演者・テーマは事情により変更されることがあります。予めご了承ください。

パチンコ国家

| トラックバック(0)

住民至上主義  人格異常国家 あさましい 悲しみの民

前阿久根市長 竹原信一のブログ より


パチンコ国家 2015年01月22日03:43

 おカネを作っているのは大蔵省造幣局と信じられていますが、間違いです。そこは印刷しているだけです。日銀が発行した時に正式なおカネになります。お札には「日本銀行券」と書いてあります。おさつはおカネ教本山日銀のおふだです。通帳の数字としても作っていますので、本当はいくらでも発行する事ができます。本山の値打ちが上がるように利息を要求したり、貸し渋ったりしているわけです。

 おカネに困る者ほどしがみつく、持っているものほどけち臭い。人の、いつも何かに脅え、安全を取るという習性がおふだによる支配を可能にしています。おカネの安心とは、持たない者に対する強制です。持つもの同士が手をつなぎ、持たない者を奴隷にすることです。


 国家の仕組みをお話しします。

 国家の正体は世界規模のパチンコチェーン店の日本支店 いわば、「パーラー日本」と例えることができます。公務員はその店の従業員、政治家は店に雇われた客寄せのサクラです。 皆さんはパチンコの台に座ったお客さん。ここでのおカネ(日銀券)はパチンコ玉です。


 おカネ発生の仕組みはほとんど知られていませんが、パチンコの出球と一緒で日銀が勝手に操作できます。仕組みを知る店の従業員(公務員)と手をつなげば、良く出る(儲かる)台や打ち方をこっそり教えてもらえます。もちろん、他の客はそのぶん損します。 政治家はパチンコ店国家のサクラにすぎません。従業員(公務員)が指図する椅子に座り、有権者に玉を出してみせます。サクラに技術があったり、従業員に指図する力があるわけではないのに、皆さんは、公務員に操られたサクラのハッタリにだまされて玉を買う。バカバカしい事に、多くの政治家はそれを自覚していません。政治家などというのは、それさえわからない善人、あるいは率先して嘘を言う悪人です。


 台に座り、本当の価値を玉に換えて打ち続ける客が皆さんです。店の従業員である公務員も全体の仕組みをわかっていません。店の宣伝係、店に雇われた警備員(警察)や判定係(裁判官)、換金係(銀行員)などとして、全員が店の経営に利用されているだけで、社会認識はパチンコ台に座っている皆さんとほとんど一緒です。仕事が終わればこの店のパチンコ台に座るのです。全国民が精神力と感情を注いで球を打ち続け、チャッカーに玉が入れば喜び、負ければ落ち込む。すべてをパチンコに捧げて人生を終わるのです。そこにある自由は、玉を強くあるいは弱く打つ自由、換金する自由、お店のサクラになってしまう政治家に投票する自由、パチンコ店の従業員になる自由など、結局は店の利益に貢献するだけです。

 店(国家)から感謝状(勲章)を貰い、それを誇りにする人もいます。このような国では、いくらがんばっても皆さんの暮らしはだめになるのです。客としてはもちろん、客寄せをする政治家、店の従業員である公務員などとして、それぞれが頑張るほど全体がおかしなことになります。店のオーナーが儲かるだけです。

 パチンコ店と変わらぬこの国は、人間のあり地獄です。

からくりはこうだ。

| トラックバック(0)

新斎場建築工事に新たな疑惑?(2014年12月19日 23:01)


魚沼市斎場建築実施設計業務委託が予定価格2100万円のところ、㈱ワシヅ設計が565万円で落札した。
実に落札率は26.9%である。

こんな入札ができるからくりは、この設計者が、当該設計に精通しているから、施工監理も随意契約で行うことにある。

斎場の施工監理業務委託は一社による随意契約なので、市のHPにも載らない。

私の調査では、税込23,544,000円で、平成26年7月4日に監理業務委託契約が結ばれている。

通常、監理業務の値段は、実施設計価格の約3割程度だという。

予定価格で設計業務を落札したとすれば、監理業務委託は約700万円ということになり、合計で2800万円になる。

ワシヅ設計が、落札した565万円と監理業務委託随契2354万円を足せば、2919万円となり、予定価格から120万円も高額となる。

予定価格で落札することはありえないので、談合したとしても、合計では200万円くらい安くなっていたはずだ。

実施設計業務をダンピングともとれる26.9%で落札しても、この業者は十分儲けが出るという寸法だ。

工事で随意契約ができる金額は130万円だ。

2354万円で随意契約を決定するのは、入札審査委員会で、副市長以下7名の会である。

事前にそこと話がついていなければ、こんなことは起こりえない。

ガラス張りの魚沼市 by 大平栄治より

平成27年1月吉日 大平栄治 議会報告

この土地は、薬師運動広場と同様、粘土質で地盤が悪く、その下の岩盤も脆く支持力がないことは、合併前から分かっていたことだ。

薬師の運動広場のナイター照明柱も下には50mほどの杭が入っているが、それでも風で傾かないか心配だという。

杭はいくら打っても止まらない。ワイヤーで吊って入り過ぎないようにしないとどこまでも潜ってしまう。

今回直径60cm~80cmで26mの杭を55本も打たなければならなかったのは、大きさで表面積を稼ぎ、摩擦で支持力を得ようとしたものだ。

設計者の計算で煙突や建家の支持はできるのだろうが、傾いたり、不当沈下しないのだろうか?

また、掘削したら廃棄物が大量に出てきたというが、埋まっているという話は以前から有り、前の環境課長が知らなかったはずはない。まあ、聞いてもとぼけるだろうが。

現在の木山沢斎場は老朽化で、新しい火葬場が早急に必要なのはわかるが、こんな場所でなくても候補地はいくらでもある。

やはり一部の人たちの利権がらみと見るのが一般的だろう。

バカばっかりで、市長や職員の暴走は止まらない。

MTBlog50c2BetaInner

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3