2014年1月アーカイブ

こんなものを拾ってきました

斎場墓地建設問題では賛成多数で可決されましたが、この前の議会の一般質問で、大平栄治氏は通告どおりに、市長には説明責任があるということで、発言しているのに、市長は「答えられない。」と言うばかりで、議事が進まない。議長は市長、当局に対して注意を促すべきで、大平栄治氏には、なにも落ち度はない。(あまりしゃべりが上手じゃないが、言いたいことはわかる。) しかも、議長の権限で議事を進めているのに、議会運営委員長の遠藤氏はその立場を勘違いして、質問中に「議事進行。」などと、とんでもない妨害行為をしてしまった。

なんの根拠があって下の書類を作成したのか?市民(議員)にはどなたでも監査請求する権利があり、これを否定するようなことは、憲法レベルでの、基本的人権の尊重を妨げているということだと思う。また、下にあるように議会制民主主義のことが、うんぬん書いてあるが、議会で決まったとはいえ、それが上位法令に違反していた場合はどうなんだろう? また一波乱ありそうですね。

img005677.jpg

魚沼市でも同じようなことが?。

新潟市でこんなこと↓ がありましたが、魚沼市でも同じようなことをやっていることを聞いたことがある。

大平さん、調査追及をお願いします。

img001672.jpg

魚沼市の議会はこんな程度か?

ネット配信の内容を文字起こししました。

http://utel.jp/792-1000/blog/2014/01/post-136.html

大平議員の発言(12ページ先頭から6行)後、急に議長は休憩を宣告(12ページ7行目)し、開会後に突然議会運営
委員会報告をさせている。その報告がとんでもないものだった。

 

議会運営委員長(遠藤徳一)それでは、ただいま開催されました議会運営委員会の報告を110条の規定に基づきま
して報告いたします。大平議員の発言に付きまして、通告から大きく離れている事。また、議会運営委員会の取り
決めに決められた事が従われていないこと。そして、一般質問の本質から離れ、調査委員会的質疑となっている事。
そして、執行部が回答済みのところをそれを問い質す、なかなか堂々巡りになっている事。そういった観点から議
会運営委員会が開催されました。協議の結果でありますが、議長の裁量権のなかで進めるということでは基本的に
はありますけれども、今後、大平議員の残り時間の質問内容をお聞きし、その中で精査をした中で、議長の進行で
行なうということで残り時間質問を継続するという事になりました。以上議会運営委員会報告です。

 

魚沼市市議会会議規則(委員会報告書)第110条 委員会は、事件の審査又は調査を終わったときは、報告書を作り、
委員長から議長に提出しなければならない。

 

この遠藤議会運営委員長報告は、大平議員の質問内容、質問の仕方等を議会運営委員会での現状認識とそれを踏ま
えての協議した内容の結果、今後の対応で構成されている。

 

発言内容に問題点がいくつもあるので順番に整理したい。

 

まずは現状認識からだが、一つ目は『発言が通告から大きく離れている。』というが、新斎場建設事業用地取得に
ついてから質問が離れてはいないから何の問題もない。

 

二つ目の『議会運営委員会の取り決めに決められた事が従われていない。』とある。議長の許可の範囲で発言して
いるのだから、これもよく分からない。三番目の『一般質問の本質から離れ、調査委員会的質疑となっている事。』
というが、一般質問とは、議員が魚沼市の行財政全般にわたって、首長等の執行機関に対し疑問点を質し、所信の
表明を求めるものである。疑問点を質すためには、疑問がある答弁にはさらに突っ込んで質問しなければならない。
それをしないのが一般質問本質というのなら、どうやって疑問点を質すのか。さらに調査委員会的質疑についても
説明してもらいたい。

 

最後は『執行部が回答済みのところをそれを問い質す、なかなか堂々巡りになっている事。』とあるが、回答して
も不十分なら再度質問せざるを得ない、堂々巡りと言われるのなら、それは回答しない、出来ない市長や当局に責
任があるのではないか。

 

全体的に、意味不明の部分があり、あまり理解できない。委員長に聞いてみたいが、それも意味がないだろう。

 

以上の検証からは、ありもしない事象から恣意的に結論を導き出して、一般質問中の大平議員の発言を妨害、制限
するために議会運営委員会を開いたと言われても仕方がない。議事録がないので、実際にどのような協議が委員会
で行なわれたかわからないが、結果報告はとても見過ごせる内容ではなかった。

 

議長の裁量権のなかで進めるというのは、当たり前だし、今までもそうだった。しかし、続く文言は、唖然とする
もので、『今後、大平議員の残り時間の質問内容をお聞きし、その中で精査をした中で、・・・』と発言した。

 

これは、議場での一般質問の内容を議運の委員長があらかじめ聴取し、検閲を行なうということで、憲法第21条、
検閲と事前抑制の禁止ではないか。

 

議員は何人からも、発言や表決に対して制限を受けない事になっている。いわゆる基本的人権の尊重から表現の自
由を認められているわけで、議会運営委員長が、一般質問の内容について検閲や事前抑制などはできない。

しかし、これが議会運営委員長報告として、議会で発言し、魚沼市初のインターネット中継で、全国に流れてしま
った。これは取り返しが付かない事になった。


 

斎場用地取得問題の訴状

斎場用地取得問題において、住民監査請求しましたが、請求側(住民)は納得できないので、住民訴訟に発展しました。

※画像をクリックすると、拡大、スクロールできます。

img001.jpg

img002.jpg

img003.jpg

img004.jpg

img005.jpg

img006.jpg

img007.jpg

img008.jpg

斎場土地取得問題の議会での質問において、ネット配信の録音状態が悪いので、わかりやすく文字起こししました。

詳しくは下記リンクよりどうぞ。

20140111.pdf

※下の画像はクリックすると拡大、スクロールできます。

20140111_ページ_01.jpg

20140111_ページ_02.jpg

20140111_ページ_03.jpg

20140111_ページ_04.jpg

20140111_ページ_05.jpg

20140111_ページ_06.jpg

20140111_ページ_07.jpg

20140111_ページ_08.jpg

20140111_ページ_09.jpg

20140111_ページ_10.jpg

20140111_ページ_11.jpg

20140111_ページ_12.jpg

20140111_ページ_13.jpg

20140111_ページ_14.jpg

MTBlog50c2BetaInner

このブログのTOP
おすすめリンク
桃太郎の鬼退治
魚沼市電話.jp
このサイトの動画を見るには、Adobeフラッシュプレイヤー がインストールされていなければなりません。 テスト インストール
 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 

このブログは不特定多数の投稿者の記事で構成されています。投稿は 誰でも出来ます。

ユーザー登録

投稿はこちらからどうぞ。

管理人

大平栄治です

魚沼市議のころ培った、知識、人脈で魚沼市政にメスを入れます

★連絡先

メール:abu@utel.jp

携帯:090-3142-6965

電話、FAX:025-796-2324

各種お問い合わせもどうぞ!

★管理人のフォトギャラリー

画像をクリックしてね。

2.jpg

 

★お勧めリンク

魚沼市電話.jp
熱血元魚沼市議のブログ

昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3