1015-怒りの収まらない店員の最近のブログ記事

怒りの収まらない店員

怒りの収まらない店員

 

おとといの日、新市庁舎についての説明会があった。お金をあまり使わずに倹約をして作るかのような説明であったが、想像するに、かれこれ20億はかかりそうだ。こんな莫大なお金が動くのに、そこに集まった市民は50人程度であった。聞くところによると守門のほうでも行われたということであるが、僅か15人ほどしか集まらなかったようである。そんなことには市民は関心がなく、もはや自分の生活で精いっぱいなのだ。数々の市の不祥事を耳にするたびに、段々と行政不信に陥っている傾向が見受けられる。私の知り合いの中には魚沼市泥沼市と言う人も多く、それではと、泥沼の中に咲く優曇華の花になって、ちょっと洒落てみた。

かつて数回、議会を傍聴したことがある。市会議員の質問等は、そのほとんどが自分の票に結びつけようとする半パフォーマンス的な質問が多く、自分の票の出所に左右され、病院問題も、市民は本当に困ることになるのに、職員の側に立つ内容のものや、賃金に関することや、大勢の市民とは関係のない一組織のための論法が見受けられる。 しかし、その組織の人たちは、市民ではないかと言えばそうではなく、その人たちも市民なのである。今回の文化会館の問題も備品を捨てた者も市民であり、命令を下した者も市民である。印鑑をついたのも市民である。ずさんな書類を作成したのも市民である。それを通した議会も市民である。それについて抗議するのも市民である。したがって、俺が、俺が..自分が、自分が...。と、自己正当化の理論に明け暮れるのである。6月の議会も、質問も、答弁も、自己正当化の理論に明け暮れて、そこに市民などあり得ない。最低でも民主主義の3原則ぐらいは守ってもらいたい。 三原則とは、どういった経緯で、何を大義に、だれが主体となって行うのかである。少なくとも主体と言うのは、大勢の市民でなくてはならない。

 

市民の財産を無断で廃棄したことについてのアンケート

MTBlog50c2BetaInner

このブログのTOP
おすすめリンク
桃太郎の鬼退治
魚沼市電話.jp
このサイトの動画を見るには、Adobeフラッシュプレイヤー がインストールされていなければなりません。 テスト インストール
 

無料ブログ開設

お問い合わせのページから”無料ブログ希望”で申し込んでください。
 

このブログは不特定多数の投稿者の記事で構成されています。投稿は 誰でも出来ます。

ユーザー登録

投稿はこちらからどうぞ。

管理人

大平栄治です

魚沼市議のころ培った、知識、人脈で魚沼市政にメスを入れます

★連絡先

メール:abu@utel.jp

携帯:090-3142-6965

電話、FAX:025-796-2324

各種お問い合わせもどうぞ!

★管理人のフォトギャラリー

画像をクリックしてね。

2.jpg

 

★お勧めリンク

魚沼市電話.jp
熱血元魚沼市議のブログ

昨日のカウント数
今日のカウント数
総カウント数

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3